薬機法チェック・景品表示法チェック・薬事メディカルライティング・言い換え表現&リライトなど薬事チェック

薬機法チェック・景品表示法チェック・薬事メディカルライティング・言い換え表現&リライトなど薬事チェック

薬機法・景品表示法の薬事チェック&リライト

薬事に関わる化粧品やヘルスケアビジネスをサポート!

インターネットやSNSの普及により、薬機法や景品表示法などにかかわる広告活動監視はますます強化されており、細かい表現まで規制されています。これを知らずに広告文を書いてしまうと、広告審査に通らなかったり、行政指導を受けることになり、企業のブランドイメージを大きく損ねることになりかねません。
ダリコーポレーションでは、リーガルチェック、薬機法や景品表示法などを踏まえた広告のチェックだけでなく、動画広告審査、薬事メディカルライティング、訴求力を失わない広告表現のリライトなど化粧品やヘルスケアを中心とした貴社のビジネスをサポートいたします。

薬機法表現チェック

薬機法(旧薬事法)は正式には「医薬品、医療機器の品質、有効性及び安全性の確保等による法律」と言います。医薬品や化粧品などの広告の表現は、薬機法や医薬品等適正広告基準などにより規制されています。また、健康食品は薬機法によって直接規制されているものではありませんが、広告をつくる上で重要なかかわりがあります。
近年ではインターネットやSNSの普及により、これらの規制はますます厳しくなっており、薬機法違反(薬事法違反)とならないよう広告表現に関する知識が求められています。

薬機法課徴金制度が2021年8月にスタート

薬機法一部改正で、2021年8月1日から課徴金制度がスタートします。この課徴金制度は、薬機法66条1項の虚偽・誇大広告の禁止に違反した場合に課せられるもので、違反期間中の該当商品売上高4.5%を徴収されることが決定されており、景表法の課徴金3%を上回る厳しいものとなっています。

薬機法で可能な表現と違反となる表現は?

医薬品、医療機器

OKとされる表現

・予防、治療の点から、○○を使うことによって「改善する」「緩和する」「予防する(防ぐ)」など。

NGとされる表現

・その商品に対して、厚生労働省から認可されていない効果、効能についてふれること。

・絶対、必ず、すぐ治るなど、断定的な表現。

医薬部外品

OKとされる表現

・商品ごとに認められている範囲が異なります。 承認を受けたものであれば、予防についてふれることは可能。

例)化粧水は「あせも、しもやけ、ひび、あかぎれ、ニキビを防ぐ」。日やけ止め剤は「日やけによるしみ、そばかすを防ぐ」「日やけ・雪やけによる肌あれを防ぐ」など。

NGとされる表現

・医薬部外品として認められている範囲外の表現は全てNG。

例)しみ、そばかすを消す。○○(薬用石けん)で洗顔するとニキビが治る。

・美白効果にふれる場合「メラニンの生成を抑え、日やけによるしみ、そばかすを防ぐ」はOK、「肌全体が白くなる」はNG。

化粧品

OKとされる表現

・薬機法の「医薬品等適正広告基準」で、化粧品の効果効能に関して56の表現が認められています。

例)(洗浄により)ニキビ、あせもを防ぐ(洗顔料)。日やけによるしみ、そばかすを防ぐ。

NGとされる表現

・美白に関して「メイクアップ効果で肌を白く見せる」はOK、肌そのものが美白になるような表現はNG!

週刊粧業オンライン(化粧品業界人のためのビジネスサイト.)で、広告コンプライアンスについて当社が取材を受けました!

規制強化がさらに増していく広告表示、改善指導の事例噴出で対応が急務となっていますが、当社が行っている薬機法および景品表示法を踏まえた広告や記事のリーガルチェックで感じている現状の問題点などを取材を通じてお答えしています。

週刊粧業様からの取材掲載記事

景品表示法チェック

正式には「不当景品類及び不当表示防止法」といい、製品・商品やサービスの内容、品質、価格など販売の際に、消費者に偽ったり、あるいは誤認させたりする不当表示を規制する法律です。景品表示法は化粧品や健康食品だけでなく、世の中にあるあらゆる商品・サービスが対象になり、消費者が不利益を被らないように守っています。平成26年の景品表示法改正では、課徴金制度がスタートし、その他「事業者が講ずべき必要な措置」も定められました。不当表示には、「優良誤認表示」「有利誤認表示」「その他誤認されるおそれのある表示」の3つがあり、いずれの表示についても細心の注意が必要になります。優良誤認とは、商品やサービスの質や内容について、うそや大げさな表示をすること、有利誤認は商品やサービスの値段や売買の取引の条件などに偽り、または誤解を生むような表示のことです。その他、内閣総理大臣が指定する不当表示があります。特に多くの化粧品や健康食品関係の中小企業様の中には合理的根拠がないにもかかわらず、著しく効果・効能があるかのように見せる広告をつくろうとする様子が見受けられます。これは、景品表示法のいう「合理的根拠」の意味を自社の都合の良いように解釈されていることにも問題あるように感じます。また、自社の商品について十分な情報や知識がない中で、「とにかく売りたい」という気持ちが先行することによって起こることです。不当表示をなくすためには、消費者が広告を見たとき、どのように感じるのか、俯瞰して広告を確認することがとても重要になってきます。薬機法ばかりに気をとられ、景品表示法が疎かになっている広告も少なくありません。

健康増進法チェック

国民の健康維持と増進、現代病の予防などを目的した法律で、国民の健康推進のための基本事項を定めており、健康食品を含む食品の表示、食品の分類方法、許可などについても定めています。健康食品などの誇大広告の禁止にもかかわっています。健康保持増進効果等の表示には要注意です。

広告審査代行

そもそも、広告とはどういうものを指すのでしょうか?
医薬品医療機器等法上では、次の3要件を広告と定義しています。(1998年9月29日付厚生省医薬安全局監視指導課長通知)

  • 顧客を誘因する意図が明確であること
  • 特定医薬品等の商品名が明らかにされていること
  • 一般人が認知できる状態にあること

以上の3つを満たす場合は、広義の「広告」に該当します。逆に広義の「広告」にあたらない場合は、広告規制の対象外となります。パスワードなどでアクセス制限されているサイトや特定商品名や商品金額が記載されていない場合であっても、広告とみなされることがあります。「お客様が広告と思えば、広告にあたる」と考えてよいでしょう。措置命令が出ると、違反広告の中止や違法行為が再び行われることを防止するために周知徹底、再発防止策を講じることになります。広告表現の内容には細かい規制が多くあるので、規制に違反した場合、罰則や課徴金といった重たい責任が発生するため、十分気を付ける必要があります。

広告やライティングの世界では、星の数ほどライターがいるにも関わらず、多くの者が薬機法についての知識を有していません。
たしかに、薬機法はライターのためにある法律ではないため、非常に難解であるには違いありませんが、実際にクリエイティブに関わる以上、知らなかったでは済まされない法律の最低限の知識が必要となります。
そもそも、ライターの多くは薬機法や景品表示法の存在すら知らないことが多く、企業内で広告や広報を担当している方は別として、フリーライターになるとほとんどが薬機法のことなど何も考えず文章を書いている現状があります。

ライターは法律に抵触しない表現に悩むことが必然で、まったく知らなければ、法律にひっかかる文章ばかりになるのは必至です。
せっかく出来上がった広告もリスティング広告審査に落ち、行政からは指導を受け、プレスリリースに企業名が名指しで取り上げられ、酷い場合は責任者の逮捕といった事態にもなります。

このリスクは、中小企業だけでなく、たとえ大手企業でも、薬機法に抵触した広告を制作してしまい問題になるケースは後を絶ちません。
「売りたい」が先に立つ販売会社からは、「ホワイトな文章では売れないから、グレーの部分を攻めてほしい。」「きれいな記事では、本当に売れない。何とかしてほしい。」とご依頼があるのですが、実際、行政から指導が入ったときは、慌てふためく状況となるのは目に見えています。

そうならないためにも、法律に抵触せずにぎりぎりの線を表現するのは、ライターの腕にかかってきますが、「何が書けないのか知っていること」「どうして書けないのか」「広告とは何なのか」「薬機法とは何のためにあるのか」という根本的なことを知らずに、法律を駆使した文章を書くことはできません。
これからインターネットでの通信販売は増加の一途を辿るでしょうし、情報の氾濫により、偽りの情報も多く紛れ込んできます。法律はますます厳しくなり、ライターの法律に絡む知識は急務になってきます。

薬機法(薬事法)を踏まえた文章表現方法は、ライターがベースであるがゆえの弊社ならではの強みとなっています。チェックツールではどうしても限界があります。
薬機法(薬事法)、景品表示法、健康増進法が関わるすべての業界に対して、薬機法・景品表示法等を踏まえた薬事ライティングがワンストップで出来ることで、弊社は他社様と圧倒的な差別化をしております。

当社顧問弁護士PROFILE

峯岸 孝浩
     峯岸 孝浩

武蔵浦和法律事務所代表弁護士。
明治大学法学部卒業後、2004年 旧司法試験合格し、2006年10月に埼玉弁護士会に弁護士登録。勤務弁護士として企業の法務相談・交通事故・少年事件・刑事事件・離婚・相続など、弁護士として様々なキャリアを積み、2012年1月、武蔵野浦和法律事務所を開設。困っている依頼者に対してベストを尽くし、イエス・ノーをはっきりとお伝えすることを心がけている。市民の相談から企業の相談まで幅広く対応し、日々奮闘中。

ライティングコラム

                                             当社掲載例  

薬機法表現チェック&リライトサービス内容

ご相談

リーガルチェック対象

  • ランディングページ(LP)
  • ホームページ(HP)
  • 広告バナー
  • コンテンツ記事
  • ステップメール
  • 動画
  • パンフレット
  • 同梱物パンフレット
  • 各種WEBデザイン、画像

薬機法や景品表示法等の法律や医薬品等適正広告基準などを踏まえて、広告文章や動画広告をチェックします。チェックは経験豊富な弊社専門のチェッカーが担当します。「抵触している箇所の指摘」はもちろん、きめ細かなアドバイスとフォローをさせていただきます。代替表現のご提案やリライトのサービスもございます。

ご相談・ご依頼方法

チェックを受けたい広告や記事について、お問い合わせフォームから詳細をお知らせいただくとともに、対象箇所もしくは全部のデータ・資料をinfo@dali.co.jpまでお送りください。基本的に個別お見積りとなります。お見積り金額とおおよその納期をお伝えいたします。 発注書をいただいてからの正式着手となります。

薬事チェック料金

リーガルチェックサービスNG箇所の指摘とアドバイスをいたします。

LP 2,000円~(LPの長さやNG度合いにより変動)
HP 2,000円~ <A4・1ページ(文字量やNG度合いで変動)>
  • LPの長さや文字量、NG箇所の多さにより変動いたします。
  • HP内1ページの文字量やNG箇所の多さにより変動いたします。
  • LPやHP以外の広告物(パンフレット・チラシ・バナー画像等)についても対応可能です。
    内容がわかるデータをお送りいただければ、お見積りをご提示いたします。

リーガルチェック&リライトサービスNG箇所の指摘に留まらず、リライトまでお引き受けいたします。

LP 4,000円~(LPの長さやNG度合いにより変動)
HP 4,000円~ <A4・1ページ(文字量やNG度合で変動)>
  • LPの長さや文字量、NG箇所の多さにより変動いたします。
  • HP内1ページの文字量やNG箇所の多さにより変動いたします。
  • LPやHP以外の広告物(動画・パンフレット・チラシ・バナー画像等)についても対応可能です。
    内容がわかるデータをお送りいただければ、お見積りをご提示いたします。

顧問プラン・その他料⾦

Aプラン20,000円/月
  • A4サイズ2ページ(計2,000文字程度)までのチェック&リライト付き
  • メールによるご相談&ご回答を月1回まで
Bプラン30,000円/月
  • A4サイズ4ページ(計4,000文字程度)までのチェック&リライト付き
  • メールによるご相談&ご回答を月2回まで
Cプラン50,000円/月
  • A4サイズ10ページ(計10,000文字程度)までのチェック&リライト付き
  • メールによるご相談&ご回答を月2回まで

顧問サービスの内容

チェック&リライト

貴社の商品やサービス内容に合わせて、より洗練された広告表現やリライトをご提案いたします。

外部ブレーンとしてご相談にお応えします。

法律や広告表現について、ご質問やご相談を幅広く承ります。

  • 顧問料⾦は税別となります。
  • 契約期間は3カ⽉〜(3カ⽉毎に更新)となります。
  • 恐れ入りますが、お支払いは3カ月分ごとにご請求させていただきます。
  • 対応範囲を超える場合でも、別途お⾒積りにてチェック&リライト対応いたします。
  • リライトではなく、新規からの⽂章作成も承ります。(別途お⾒積もり)

顧問契約外のご相談も承ります。

単発の時間制でのご相談 Skype、Zoom、Line等の会議、電話、面談(ご来社)にて、30分@1万円~
メール等での単発のご相談 1つの質問につき@1万円〜(内容・量により算出)
いつでも、お気軽にご相談ください。

【 受付時間 10:00 〜 18:00(土日祝除く)】