10/18【外部講演】魅せる薬事広告の表現テクニックー化粧品編

開催日

2018年10月18日(木)12:30-16:30

講義時間

240分

定員

50名

講師名

向井・大内

開催場所

[神奈川・川崎]川崎市産業振興会館10階第4会議室

受講価格(税込)

¥41,040

補足説明

1. 化粧品とは
2. 化粧品と医薬部外品
3. 化粧品と薬機法
4. 化粧品にかかわるその他のルール
5. 広告の定義
6. 医薬品等適正広告基準
7. 化粧品の効能範囲(しばり表現)
8. 化粧品等のインターネット上の広告基準
9. 知っておくべきルール
   ・配合成分/原産国/最上級表現/安全の保証
  ・特記表示
  ・臨床データ
   ・特許
  ・前後比較
  ・医師の推薦(白衣を来た人の登場)
  ・体験談
  ・他社誹謗
  ・打消し
10. 知っておくべきルールの表現
  ・浸透
  ・美白
  ・シワ
   ・エイジング
   ・毛穴
  ・にきび
   ・ヘアケア
   ・浴用化粧品
  ・石けん/歯みがき類
  ・香り
   ・美容関連器具(美顔器など)
11. 媒体別広告の注意
12. 薬機法を踏まえた表現を見てみよう
13. NG広告をリライトしてみよう(ワーク)
14. テストと答え合わせ

<質疑応答>

講座概要

弊社が株式会社情報機構様主催のセミナーに登壇します。

【外部講演】ここを押さえれば大丈夫!

魅せる化粧品薬事広告の表現テクニック-入門編

 

主には各企業の広告ご担当者様、化粧品メーカーのご担当者様を対象としたセミナー内容となっております。

■講座のポイント

化粧品を売りたいと思ったとき、薬機法や景品表示法の壁があることは知っていても、さらに化粧品の表示に関する規約や広告基準が存在することをご存知でしょうか?これらの知識を有さずに広告を書くことは、非常に危険なことですが、違反し続ける販売者が後を絶たないのが事実です。化粧品の広告のチェックには、文言だけを見るのではなく、ユーザー目線に立って考える必要があります。そのためにも、広告のルールをしっかりと頭に入れておくことが大切です。この講座では、必ず押さえておきたい化粧品広告のルールと訴求力を保ったまま広告表現をつくるノウハウをコピーライターの目線でお伝えします。

■受講後、習得できること
・化粧品にかかわるルールが分かります。
・幅広いカテゴリーの化粧品の広告について理解できます。
・化粧品で使用できる表現とNG表現を理解できます。
・リーガルに抵触する広告をリライトするコツがわかります。
・ワークやミニテストでチェックのポイントがつかめます。

記入後はFAX(03-5740-8766・株式会社情報機構様宛)にてお申込みください。

 

 セミナーのご案内  ← こちらから

 

 

 

 

こんな人にオススメです!