1. HOME
  2. コラム
  3. 記事作成のコツについて!

記事作成のコツについて!

メディアを立ち上げた後に必要になってくるのが、コンテンツを作り出すということです。例えばWEBメディアを作ったとなれば、次はWEBコンテンツ(記事)を作らなければなりません。しかし「記事をどう書けばいいのかわからない」という方も多いでしょう。

今回の記事では、記事作成のコツについて解説していきます。

記事作成のコツ

はじめに、記事作成のコツについてみていきましょう。結論を言ってしまうと、徹底して読者の立場になって考えることです。今回は記事ですから、SEOの記事を例にとって考えてみましょう。

最初に考えてみたいのは、読者はどのような時にWEB記事を見るのかということです。基本的には、検索エンジンに何らかのキーワードを入れ、検索結果で上位に表示された記事を読むのが一般的でしょう。

なぜ検索エンジンにキーワードを入れたかというと、そのキーワードについて解決したい問題が読者の中にあるからです。例えば「英語 参考書 おすすめ」というワードで検索した場合、「英語を勉強するための参考書がたくさんありすぎて、どれにすれば良いかわからない」という悩みを読者は抱えています。

記事作成のコツは、こうした読者の悩みを解決するような記事を意識的に書くことです。読者は情報を知りたくて検索をしているわけですから、その情報を効果的に提供している記事こそ、読者にとって価値の高いコンテンツになります。

記事作成の目的は何か

前章を参考にし、記事作成の目的についてみていきましょう。コンテンツ作成者の目線で考えてみると、記事作成には様々な目的があります。例えば読者の知りたいという欲求を満たすために書く、というのも立派な目的です。

それから、情報を知っている読者に対して、より深い情報を提供することによって、読者に理解や検討を促す記事もあります。さらには読者に行動を駆り立てる記事というものもあります。

例えばセールスライティングなどの分野においては、このように読者の感情を揺さぶり、購買意欲をかき立てることが重要になってきます。このように、記事作成には様々な目的が存在するのです。

記事作成の手順

それでは記事作成の手順についてみていきます。まずはターゲットを設定することです。誰に向けた記事なのかが明確になっていなければ、記事の内容がちぐはぐなものになり、誰にも刺さらない平凡な記事になってしまいます。

それからそのターゲットのニーズを調べて、記事に盛り込む内容の情報収集を行います。次に、主張(記事で最も言いたいこと)とその根拠を考え、それから文章の構成案を作成します。

これでひとまず準備は終了し、実際に記事を書き上げる段階に入ります。記事が書き終わったら、最後に見直しや修正を行います。特にこの修正作業はとても重要で、時間をかけてもかけすぎることはありません。

難しい場合は外注するのも有効

ここまで記事を書くためのコツをみていきましたが、記事作成にはかなりの手間がかかります。本業が忙しかったり、スキルを磨いている暇がなかったりなどの事情で、執筆に携われないこともあるでしょう。どうしても記事執筆が難しい場合は、外注も視野に入れてみましょう。

現在、様々な企業がWEBメディアを持つようになり、クラウドソーシングサービスも充実しています。クラウドソーシングであれば、外注費用も安く済ませることができるので、コンテンツのボリュームを増大したい方にはおすすめです。

記事作成を外注すると、「記事作成のための労力が削減できる」「たくさんの記事を生み出せる」などのメリットがありますが、「外注費用がかかる」「コミュニケーションの齟齬」などのデメリットもあります。

そのため、ライターへ記事作成を委託する時は、事前にしっかりと情報を共有しておくことが重要です。少なくとも記事の目的や納期、記事の本数、文字数は明確にし、文体や画像選定、記事イメージのURLなども共有しておきましょう。

また、報酬なども後になって揉め事に発展しやすいため、そのあたりも事前に確認しておきましょう。

外注を上手く使いつつ記事作成を進めよう

ここまで記事作成のコツについて確認しました。SEO記事などで考えてみれば、読者は何らかの悩みを抱えています。徹底して読者の側に立ち、その問題を解決する記事を意識的に書きましょう。

また記事作成にもいくつかの目的があり、「情報を提供するもの」「情報を持っている読者に対して理解・検討を促すもの」「読者の行動を促すもの」と多岐にわたります。記事作成の目的を明確にしつつ、手順をしっかりと踏んだ上で、執筆作業に取り掛かっていきましょう。

また、終盤には記事の外注についてご紹介いたしました。どうしても手が回らない時は、この外注を上手く使っていくのが重要になってきます。しかし、記事でもみてきたように、外注にはコミュニケーション不足によりアウトプットのミスマッチがあるというデメリットがあります。

外部のライターに委託する時は、確認すべき事項をしっかりと整理し、情報共有をしっかりと行うようにしましょう。外注を上手く使いつつ、自分自身でも記事を書き進めていけるのが理想です。

DALI編集部

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。