1. HOME
  2. コラム
  3. 専門分野の資格を持つライターの探し方

専門分野の資格を持つライターの探し方

インターネット利用率が向上し、わからないことがあると、すぐにインターネットを検索するようになりました。専門知識に基づいた情報こそなおさら検索する確率が高く、そのためのコンテンツ作りは専門分野に長けたライターが必要になります。専門分野のコンテンツ作りは何に気を付けたらよいか、ライターをどのように探したらよいかについてご紹介します。

専門分野のライティングは難しい

これまで専門分野について知りたいことがあるとき、辞典や辞書をひいたり、図書館に行ったり、有識者を探して尋ねに行ったりしていました。しかし現在はインターネットで情報が得られることができ、そのための優良なコンテンツのニーズが高まっています。しかしそれだけに、専門分野のライティングは容易にできるものではありません。

法律系のコンテンツ

法律系のコンテンツは、お金、家庭、職場などのトラブルにまつわる内容を扱うので、内容が間違っていると、読者に損失を与えたり、トラブルをより悪化させてしまったりというリスクが伴います。

最新の法令や裁判判例など十分に調査し、正確な情報をもとに記事作成しなければなりません。そしてライターの専門知識が豊富であったとしても一般の方でもわかりやすくライティングできるかが重要です。法律用語には日ごろ聞きなれない言葉が多いです。ユーザーが知りたい情報をわかりやすい言葉で伝えられるよう、言葉選びと丁寧な説明が大切です。

医療系コンテンツ

病院に行く前にセルフチェックをインターネット検索で行う…そんなことが私たちは日常化するようになりました。そのため、知識不足のライターによって作成されたコンテンツだったなら、間違った情報を入手することになるかもしれません。

医療系の記事は、信頼度が高く、一層の慎重さを求められます。薬機法により医薬品の効果を保証する表記は禁じられており、不適切な表現のコンテンツは違法になります。官公庁が発表している公的な情報や医療関係者や専門書などに記載された専門家によって書かれた最新情報を参考にしなければならないため、記事作成にはレベルの高い知識とスキルが必要です。

この他にも専門的知識の必要な分野はたくさんあり、多くの人に開示可能なコンテンツでの記事作成は、正しい情報とわかりやすいライティングが大切です。

記事作成代行会社に依頼しよう

専門的知識のある人が作成したものであれば、どんなコンテンツでも読まれるというわけではありません。人気がある記事には、読まれるためのテクニックも盛り込まれています。質の高い記事でかつ、効果のある記事制作を行うには、技術と知識を兼ね備えた記事作成代行会社に依頼することをおすすめします。

記事作成代行会社に依頼するメリット①「人材確保」

コンテンツ作りのために、分野ごとに専門的知識や資格を保有しているライターを探し、契約することはコストと労力が必要です。記事作成代行会社には、さまざまな分野に精通した、専門スキルや資格を有した人材が在籍しています。そのためコンテンツ作成のために人材を確保したり、専門的知識を勉強したりという必要がありません。

記事作成代行会社に依頼するメリット②「魅力あるコンテンツ作成」

全く知識がない人が読んでもわかりやすく、さらに読み進めていこうという文章作成においてのテクニックも持ち合わせています。検索するということは、知りたい目的があるので、その目的が達成できるよう、検索意図を想定した構成を意識した内容作りをしなければなりません。

また「読んでみたい」「読み進めてみたい」と思わせることも大切です。記事作成代行会社のライターは、インパクトのあるタイトル作成、簡潔な表現、読むことで有益な情報が得られるという期待感のある文章をライティングするノウハウを持っています。

記事作成代行会社に依頼するメリット③「SEO対策」

とてもよいコンテンツが出来上がっても、ユーザーの検索にヒットしなければなりません。集客数を伸ばし、多くの人に拡散してもらってこそ記事が生きてきます。多くのサイト中に埋もれることなく、周知されるためにもSEO対策は大切です。検索のキーワードやユーザーの求める情報を意識したコンテンツ作りができるのは、記事作成代行会社の力です。

専門の資格を持っているライターを選ぶときは

記事作成代行会社もたくさん存在します。どこに着目して専門の資格を保有しているライターを探せばよいのでしょうか?

ライターのプロフィールを見る

記事作成代行会社のサイトには、所属ライターのプロフィールを掲載していることがあります。職歴や経歴を見ると、得意分野や保有資格などがわかります。副業として登録しているライターもいるので、お願いしたい分野の専門資格のあるライターを見つけることができるでしょう。

またそのライターの実績を見ることが可能な場合もあります。実績を見ると、そのライターの活動情報がわかります。コンテンツに合ったライティングができるライターかどうかもイメージしやすいでしょう。

コストをチェックする

記事作成代行会社にお願いすると、コストがかかるのは避けられません。専門性が高ければ高いほど記事の単価は高くなるでしょう。有資格者によるライティングをお願いすることで監修料が別途かかってくる場合もあるので、料金体系のチェックが必要です。

しかしライターを雇用したり、他の業務をこなしながら限られた時間で記事作成を行ったりすることに比べたら負担やコストの軽減になり、コンテンツの定期的な記事アップが可能になります。

記事作成といってもキーワード選定や構成案や画像選定など工程があります。スケジュール管理やディレクションなどどこまでを依頼するかによっても料金が異なります。想定するコンテンツがどこまでの専門性を求めるか吟味しておきましょう。

記事作成代行会社選びでコンテンツも決まる

サイト運用は一度コンテンツを作成したら終わりではありません。随時更新し、定期的にユーザーに有益な情報を届けられることで、信頼度の高いサイトが出来上がるでしょう。そのためにはライターも長く付き合えるパートナーを見つけることが必要です。

たとえテーマに合った専門分野の資格持ちライターに出会えても納期を守らなかったり、コミュニケーションがうまくいかなかったりでは、ストレスを抱えてしまいます。記事作成代行会社には多くのライターが在籍しているので、管理能力と専門性の高さに優れた魅力あるライターに出会える確率が高いでしょう。

またコンテンツの充実を求めるユーザーのニーズは、日増しに高まり、記事の量だけでなく高品質なサイト作りが求められています。適切なキーワード選定を行い、SEO対策を意識した記事作成がされている有益なコンテンツ作りがポイントになります。コンテンツの質を左右するのは、記事作成代行会社選びが正しくできたかです。以上のポイントをふまえ、専門分野の資格もちライターを探してみてください。

DALI編集部

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。