1. HOME
  2. コラム
  3. 記事作成代行で大切な文字単価について!

記事作成代行で大切な文字単価について!

記事のライティングを記事作成代行会社に外注したときの費用は、「文字単価」として計算されます。文字単価は、難易度、ボリューム、テクニック、納期などいろんな要素で変わってきます。ライティングへ求めることが多ければ多いほど値段が上がります。文字単価の設定にはどんな基準があるか、どんな会社を選べばよいかポイントをご紹介します。

文字単価ってなに?

文字単価とは「1文字=〇円」というように1文字あたりの値段を設定し費用を算出する方法です。1文字あたりの単価×文字数×記事数で、ライターに記事作成をお願いする場合の見積金額が計算できます。

既存記事のリライトや知識がさほど必要でない内容であれば文字単価も比較的安価に抑えることができますが、専門性や難易度の高いコンテンツであれば高額になります。記事の内容や作業内容によって値段も変わってきます。

またライターのスキルや経験も文字単価に影響します。メジャーなメディアでのライティング経験があるライターや、ライター自身が著名人であるなど、ライターの知名度によっても違います。有資格者による専門分野によるライティングや監修はまたさらに値段が上がるので、発注前には記事作成会社へライターの文字単価のチェックが必要です。

値段による違い

記事単価は記事の形態や依頼内容によっても異なります。

記事形態で値段が違う

インタビュー記事

インタビュー記事は、ライターのライティング技術に加え、コミュニケーションスキルや取材力が重要です、取材エリアによっては交通費などの経費も必要です。

コラム記事

コラム記事は、ジャンルも多岐にわたり、テーマごとにリサーチしなければなりません。難しい内容ほどライティング力や専門的知識が必要になるので、単価も高くなります。

依頼内容で値段が違う

記事作成会社に外注する業務の範囲によっても値段が変わってきます。

ペルソナ作成

どのようなユーザーをターゲットにしたコンテンツにするか、読者を想定する作業です。年齢や性別や家族構成、年収など読者背景をどれくらい細かく設定するかによっても値段が変わってきます。

企画構成の立案

企画や構成を立案し、記事の骨子を組む作業は、コンテンツ作成の要となる作業です。これらを外注する場合は、費用も時間も要します。リサーチや競合調査も行うとなると、数時間から数日かかるでしょう。

記事公開やCMSアップ

ライティング校了後に直接ウェブサイトに入稿し、記事装飾まで外注する場合は、追加の値段設定が必要です。画像選定や、HTMLのタグ付けなどライティングとはまた別の作業が発生します。

外注する会社のおすすめは?

記事作成会社によって値段設定はそれぞれで、何を重視して発注したいかによって会社の選び方は異なります。記事作成会社がもつ特色があるので、どんな会社があるかを調べ、選定しましょう。

値段設定が明確

文字単価の相場がある程度明確に示してある記事作成会社なら、依頼しやすいです。ライティングを依頼する内容の難易度が高いほど、リサーチやインタビューが必要になるなど、作業が発生してきます。

テーマも一般的なものか専門的なものかによっても知識と技術が異なります。外注したい内容やキーワードがわかればある程度予算の予想がつきます。またライターの経験年数やスキルによっても外注費は変わります。

納期によっても異なり、短期間での納品を求めると、スピーディなライティングと進行を求めることになるため、外注費が高くなります。

SEO対策テクニックが豊富

現在の検索エンジンのアルゴリズムにおいて、キーワードを詰め込むだけでは、コンテンツの高評価は得られなくなりました。ユーザーにとって有益なコンテンツかどうかが重視されています。

ただキーワードを詰め込むだけでなく、SEOのライティング知識に沿った質の高い記事であることが重要です。SEO対策を入れると文字単価は上がりますが、アクセス数の確保や売上アップにつながります。

外注する前に何を重視したいか決めよう

ライティングの外注は費用がかかるので、値段の安い記事作成会社を選びたくなるかもしれません。しかし低コストに抑えられたとはいえ、クオリティの低い記事から出来上がったコンテンツはわざわざ外注した意味がありません。

せっかくコンテンツを作成するからには、ユーザーにとって有益で、イメージもアップし、売上増加につなげたいものです。低コストで記事作成を依頼できる会社には、それなりの理由があるので、しっかりと吟味することが大切です。

とはいえ、外注する内容は作業範囲が広がるほど値段が高くなります。時間と費用のコスト削減に記事作成会社に依頼をしているのに、予想以上に記事単価が高くなり、支出が増えコンテンツ運営ができなくなってはなりません。コンテンツの企画や方向性をしっかり決め、外注内容やスケジュールを考えましょう。

DALI編集部

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。