1. HOME
  2. コラム
  3. 記事作成代行に使えるツールを紹介

記事作成代行に使えるツールを紹介

コンテンツマーケティングを導入する企業が増えるなか、Webメディアの記事制作を行う機会も多くなっていることでしょう。手間を減らして良質な記事を作成するには、記事制作代行会社への依頼を検討してみるのがおすすめです。

ただ、まずは社内でライティングをしたいという方もいるはず。そんな場合、サポートツールの活用が、記事の品質向上におけるポイントとなります。効率的に文章を作成できるツールやミス軽減につながるツールなど、種類ごとにご紹介します。

記事作成が難しいと感じるひと 

SEOを意識した記事制作には、他サイトと差別化した独自性の高い内容が必要とされます。そのためには、執筆者の経験を文章内に取り入れるほか、取材を通じて情報を得るなどの方法があります。キーワード選定などに対応できる知識も必要ですが、まずは基本的な文章の作り方をおさらいしましょう。

文字起こし

対談・インタビュー記事の取材をする場合は、ICレコーダーなどで音声の録音をします。取材時にはメモしきれなかった部分を含め、録音した音声の書き起こしを行いましょう。

執筆

文字起こしをしたものやリサーチした情報をもとに、記事を執筆しましょう。導入部分に記事の目的を簡潔に書くことで、読者がスムーズに記事を読み進められます。

校正・校閲

記事の公開前には校正・校閲を行い、正しい情報を発信するようにしましょう。誤字・脱字、表現の誤り、事実関係の相違や矛盾点などをチェックしてください。

記事作成をサポートするツール 

テキスト入力ツール

記事作成には、テキスト入力ができるソフトが必須。さまざまなツールがあるなかでも特に、Wordの「.docx」形式での記事納品を希望されることは多々あります。

その他、Office製品より低価格でWordやPowerPointなどの基本機能が使える「Kingsoft Office」、Googleが提供する「Google Document」もおすすめです。

キーワード選定ツール

SEO対策を重視したWebライティングでは、キーワードの選定が重要となります。キーワード選定ツールで代表的なのが「Googleキーワードプランナー」。キーワードの検索ボリューム、関連ワードの検索ボリュームなどを確認できます。

文書校正ツール

人の目だけでは見落としてしまう可能性があるミスも、文章校正ツールを利用することである程度防げます。Wordの校正機能を用いた基本的なチェックのほか、ブラウザ上で動作する文章校正ツールも多数存在します。

コピペチェックツール

文章の盗用をしていないか確認できる、コピペチェックツール。他サイトの既存記事で似通った文章が多いものがある場合にも、事前に気付くことができて便利です。ブラウザ上で使えるコピペチェックツールの例として、「Copy Content Detecter」や「こぴらん」などが挙げられます。

難しい場合は外注しよう

Webメディアに掲載する記事は、ただ量産すればいいというわけではありません。記事の量はもちろん必要ですが、同時に質も大切になります。SEOの知識やライティングのスキルを持ったライターに依頼するべきですが、自社で育てるにはかなりの時間を要するでしょう。そこで、記事制作代行会社への依頼の需要が増えているのです。

社内で記事を制作するには時間や人件費がかかり、苦戦している企業も少なくないはずです。信頼できる代行会社に外注することは、大きなメリットとなり得ます。なかには、キーワード選定、記事構成、文章校正をすべて担ってくれる代行会社もあります。ライティングだけでなく記事制作のプロセスを一貫して任せるのもよいでしょう。

記事制作代行会社への依頼で、プロに任せて安心!

オウンドメディアやSNSなど、Webコンテンツの活用が企業のマーケティングに不可欠となっている昨今。記事制作における文章の作り方として、文字起こし、執筆、校正・校閲の各段階にポイントがあります。今回ご紹介した記事作成をサポートするツールを、ぜひ取り入れてみてください。

自身でライティングを極めるという手段もありますが、そのためには多くの労力がかかってしまうことでしょう。現在、記事の外注化ニーズは高まり、注目を集めるようになっています。

記事制作の依頼先は「クラウドソーシング」と「記事制作代行会社」から選ぶことが可能です。ただ、料金と記事の質のバランスを重視するなら、代行会社へ依頼するのがおすすめです。各社、独自のプランやサービスを用意しているため、自社の求めるコンテンツに適した代行会社を選んでみてください。

DALI編集部

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。