1. HOME
  2. コラム
  3. 記事作成を早くするには?方法を紹介

記事作成を早くするには?方法を紹介

プライベートではブログやSNS、会社ではさまざまな資料作成を誰もが行う今、ライティングのハードルは下がっています。だからといってオウンドメディアなどのサイトを運営したときに自分で記事を書くことも同じスピードでできるかといったら、それはちょっと違います。テーマに沿った記事を早く書くコツって、あるのでしょうか?

記事作成は、時間がかかる

プライベートで書くブログやSNSは、自分が書きたいことを書くメディア。常にアンテナを張っている分野ですから情報もすでに持っていますし、なにより自分が思うままに書けばいいもの。たくさんの文字数をライティングしたとしても、さほど時間はかからないかもしれません。

そのつもりでオウンドメディアの記事など、オフィシャルなメディアの記事を作成しようとすると、その違いに驚くはずです。サイトに合う適切なテーマ設定するところから始まり、キーワードを検索したり、テーマに沿った情報をリサーチしたりとさまざまな手間がかかるからです。さらに、その情報を読者に伝えるために構成をどうするか、どんな表現をするかなども考えなければなりません。

そんなことをしていると、瞬く間に時間が…。人に読んでもらうことを目的とした記事作成には、時間がかかるものなのです。

ライティングを早くするコツ

思った以上に時間のかかることがわかった記事のライティング作業。常に何本もライティングしているWEBライターは、どのくらいの時間をかけているのか、気になるところです。

オウンドメディアや情報サイトの記事は、2000〜5000文字くらいが平均的です。最大で5000文字程度ですと、内容にもよりますが、得意分野でそれほどリサーチも必要がないものであれば、初心者で3時間ほど、プロのライターであれば1時間程度で書く人もいます。とはいえ、専門的な内容でリサーチに時間がかかるような内容のものであれば、数日かかることもよくあります。

こうした手間からもわかる通り、ライティングと一口で言っても、ただ書くだけが仕事ではありません。

・情報を収集する
・記事を構成する
・執筆する
・校正・校閲する

記事の制作には、この4つのステップが必要です。この手間を惜しまないことが質の高い記事を仕上げるコツともいえます。

では、質の高い記事を早く仕上げるためのコツはなんでしょうか?

一番は、書くテーマを整理することです。これはライティングの前に行うべきこと。伝えるテーマについて、そのテーマの何を伝えたいのか、結論はなんなのか、そのために必要なキーワードはなんなのかを自分の中で明確にします。こうすると構成もスムーズに考えられます。

次に大切なのは、執筆に長い時間をかけないようにすること。集中力がものを言います。なるべく中断せずに一気に書き上げた方が、テーマがブレたりすることなく最後までたどり着きやすいのです。

また、早いライティングというとタイピングスキルを思いがちですが、他にも必要なスキルがあります。例えば、必要な情報を効率的に集める情報収集スキルや集めた情報を組み立てるスキル、情報を文章化するスキルなどです。こうしたスキルは、時間をかけて鍛えていくもの。つまりはライティングし続けることが記事制作を早くする最大限のコツといえるのかもしれません。

代行会社に依頼するのもおすすめ

記事の制作に時間がかかりすぎるのであれば、記事作成代行会社に依頼するのもおすすめの手段です。

記事作成代行会社には、知識と経験が豊富なライターや編集者が多数在籍しています。さまざまな専門分野を得意とするライターがいますので、どんな分野のコンテンツを依頼しても的確に対応してくれるはずです。サイトに応じて記事のテーマ設定からキーワードの調査、構成、執筆、編集など最後まで責任を持って対応してくれます。

また、記事作成代行会社はSEO対策やコンバージョンを最大化するための対応など、サイトの評価を上げるさまざまなサポートも手がけています。あわせて依頼すれば、より早くサイトの評価を上げることも可能です。

費用はかかりますが、的確で質の高い内容の記事は、サイトの信頼性を上げ、アクセス数を増やすのには欠かせません。しかも自分が時間をかけるより、スピーディにニーズにあった記事をリリースできるのであれば費用対効果は高いものとなります。サイト運営を成功させるためにも、記事の制作には記事作成代行会社も選択肢の一つとして考えたいところです。

スキルを上げるか、記事代行に依頼するか

さまざまなメディアが身近になって、ライティングのハードルは下がっています。しかし、オウンドメディアなどオフィシャルなサイトに公開する記事のライティングは、タイピングスキル以外にもさまざまなスキルが必要であり、一朝一夕で良質な内容の記事を早く書くことはできません。

時間のかからないライティングのコツは、たくさん書いて慣れること。であれば懲りずに書き続けるか、それともいっそディレクション業務から対応してくれる記事作成代行会社に頼むかどちらかを選ぶのが最善といえそうです。

サイト運営には、記事のライティング以外にも大切な仕事がたくさんあります。プロのライターを目指すのでなければ、記事のライティングは記事作成して代行会社にまかせて、時間を有効に活用する方がサイトの評価を上げるのに役立ちそうです。まずはサイトを運営するなかでの自分の役割を明確にしることが大切かもしれません。

DALI編集部

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。