1. HOME
  2. コラム
  3. 記事の代行は専門分野でも可能?

記事の代行は専門分野でも可能?

専門性のある記事の場合、それなりの知見がないと内容のある記事は書けません。「専門分野の記事代行を頼みたいけれど、期待どおりの記事が納品されるか心配」という方もいるでしょう。

せっかく費用をかけるなら、自社のニーズに合った代行業者を選びたいもの。実際、専門分野でも対応してくれるのか、依頼するときはどんな会社を選べばいいのか。そんな疑問にお答えします。

専門分野でも対応してくれるの?

結論からいうと、対応可能です。例えば、代行会社にもよりますが、さまざまな得意分野を持つライターが多数在籍している場合が多いので、法律から医療、介護、ヘルスケア、不動産、IT、化学、生物、芸術、マーケティング、人事に至るまで、さまざまな分野で専門性の高い記事をライティングできるライターに対応してもらえます。

また、ライターが書いた記事を弁護士などの専門家が監修を行っている会社もあります。そのほかにも、教育、語学、芸術、記事広告(インフィード広告など)、英文ライティング、薬機法・景品表示法等を踏まえた薬事ライティングなど、幅広く対応している会社もあります。

ただし、代行業者ごとに対応できる案件は異なります。場合によっては断られるケースもあるかもしれません。それなりに知識のあるライターが執筆しないと、内容の薄いコンテンツになってしまいます。事前に得意分野や専門分野を確認しておくとよいでしょう。

実をいうと、専門記事こそ記事作成代行を依頼してほしい分野です。その業界にいる人が「業界の当たり前」を勝手に「すべての当たり前」と思い込み、専門的な内容を難しい言葉で伝えても、ユーザー目線の記事になるとは限らないからです。

むしろ逆のケースが多いでしょう。客観的な立場にあるライターが、ユーザー視点に立ち、わかりやすい言葉を使って、わかりやすい情報の提示を心がけることで、初めて書き手の思いが伝わる文章になります。

どんな会社を選べばいい?

実際に記事作成代行サービスを利用する際に、どのような基準で会社を選べばいいのでしょうか。押さえておきたいチェックポイントをお伝えします。

1. 実績があるか

依頼しようとする分野の記事について、作成代行したことがあるのか確認しておきましょう。また実際にどんな成果を得られたのか、利用者からの声なども確認しておきたいところです。

2. 価格はどのくらいか

代行業者を選ぶ際に、外せないのがサービス料金です。専門的な説明が必要なライティングの場合、一般的なものに比べると価格が高くなることがあります。いくら料金が安くても、内容が伴っていなければ結局不利益を被ることになるため、過去の実績なども参考にして総合的に判断しましょう。

3. 登録ライターの人数やスキルはどのくらいか

実際に記事を執筆するのはライターなので、登録ライターの人数やスキルは確認しておきたいポイントです。個人の経歴やプロフィールを閲覧できる場合は、事前に確認しておきましょう。特定の分野に明るいライターがいるのか、大量記事にも対応できる人数が在籍しているのかといったこともチェックしておきたいですね。

専門記事こそ記事代行の依頼を

記事の代行は専門分野でも対応可能です。専門的な内容をわかりやすく説明することは意外と難しいもの。記事作成代行サービスを利用することで、難しく専門的な内容をかみ砕き、ユーザーの検索意図に合った読みやすい記事を作成できます。ひいては、ユーザーの離脱率を下げることにつながるでしょう。

代行業者によって対応できる専門分野は異なりますので、その会社の実績やライターの人数、スキルなどを事前に確認しておきましょう。

弊社でも専門分野の記事代行を承っています。医療から法律、人事・マーケティング、ヘルスケアまで幅広いジャンルに対応できるライターが多数在籍。ご要望があれば弁護士などの監修をつけることもできます。専門分野の記事作成のことなら何でもご相談ください。

DALI編集部

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。