1. HOME
  2. コラム
  3. 読みやすいシンプルなコンテンツの特徴について

読みやすいシンプルなコンテンツの特徴について

Webコンテンツは様々な情報を画像や文字で説明したり、紹介したります。しかし、情報そのものに価値があったとしても、コンテンツの内容・文章が読みやすく、読者に伝わりやすいシンプルな内容でなければ、高い効果は期待できないでしょう。 

そこで今回は、読みやすいシンプルなコンテンツの特徴とは何か、という点について詳しく解説します。 

シンプルと手抜きの違い

情報を端的にわかりやすく伝えるには、シンプルであることが重要です。回りくどい方法だと、閲覧している途中で読者が飽きてしまい、伝えたい情報が十分に伝わらない可能性があります 

また、ポイントを押さえたコンテンツに仕上げないと、読者から手抜きのサイトだと思われかねません。ここでいうポイントを押さえるとは、「読者目線に立ってわかりやすい表現を心がけること」「情報量が多すぎず、伝えるべきことを伝えていること」「サイトが使いやすいこと」などを指します。 

中でも特に重要なのは、読者目線に立っているかどうかという点です。サイトの閲覧者は、自分が望む情報を得るためにサイトのコンテンツをチェックしています。ターゲット層として設定している読者がサイトを訪問した際、数秒以内で必要な情報を得られるようなレイアウトにしましょう。 

簡素なレイアウトなのに、必要な情報を素早く得られない使い勝手の悪いサイトは、読者から「手抜き」と判断されます。一方、装飾は少なくても、必要な情報をすぐに得られるレイアウトのサイトは、「シンプルでわかりやすい」として高く評価されます 

情報量は適切に

また、シンプルでわかりやすいコンテンツは、情報量が適切です。読者にとって読みやすくするといっても、コンテンツ内のテキストをただ短くするだけでは、伝えるべき情報が省略される恐れがあります。そうなると読者に対して手抜き感を与え、再びサイトを閲覧しようという気持ちを削いでしまうでしょう。 

だからといって、情報を大量に詰め込んだコンテンツにしても、読者はすべてを閲覧する余裕を持てません。コンテンツに含めるべき情報量は、読者が必要としている情報は何かを考えた上で決めることが大切です。 

読者は何らかの課題・問題をもって検索エンジンで情報収集を行います。ターゲット層として想定する読者がどのようなニーズを持っているかをイメージし、問題解決に直結する情報のみをコンテンツに反映しましょう。 

読者目線のコンテンツ

読者にとって読みやすいコンテンツとは何かについて、さらに掘り下げてしてご紹介します。 

まずは、コンテンツ内の文章を読みやすくするために、記事中の漢字の割合を3割程度に抑えましょう。一般的に、文章中の漢字の割合が2割以下だと「がない」というイメージ、4割以上だと「硬い」というイメージを読者に与えます。 

パソコンで記事作成を行うと簡単に漢字変換ができるため、漢字が多なりがちです。名詞と動詞以外をできるだけひらがなにする、という点を心がけるだけでも、文章の印象はグッとやわらかくなります。 

また、コンテンツ中で重要なこと、読者にぜひ伝えたいことは、文字の大きさや太さを変えて強調しましょう。読者への訴求力が一気に高まります。さらに記事内容に合った画像を文中に盛り込むと、読者を引きつける力がより増すでしょう。 

読者目線で必要な情報をシンプルに伝えることが大切

コンテンツを作成する上では、サイトを訪問した読者に素早く情報を得てもらえるように、シンプルなレイアウトにすることが大事です。ただし、シンプルさを追求するとっても、ニーズとなっている情報が得にくい、サイトが使いにくいなどの難点があると、読者からはただの手抜きと判断されるので注意しましょう。 

実際にコンテンツ記事を作成する際は、文章中の漢字の割合を3割程度に抑えること、重要な情報は文字のサイズや太さを変えること、画像を文中に盛り込むこと、が抑えるべきポイントです。 

記事の文章は読者目線でニーズに合った情報を的確に伝えられるよう、わかりやすい表現を心がけてください。そのためには、ターゲット層の読者が求めている情報をできるだけ正確にとらえることが大切です。 

DALI編集部

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。