1. HOME
  2. コラム
  3. 記事作成代行はSEO効果も見込める!?

記事作成代行はSEO効果も見込める!?

記事代行サービスに依頼することにより、SEO重視のコンテンツも制作できます。
専門知識を要するSEO対策を行うためには、SEOに強い代行業者へ依頼しなくてはなりません。

この記事では、記事作成代行サービスで行うSEO対策の概略、および記事作成の具体的な流れについてご紹介します。

SEO重視の記事も対応可能

「SEO」とは「Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)」の略称です。
Googleなどの検索エンジンで、キーワードを入力した際の検索結果表示ページにおいて、表示の順位を上位化するための手法のことです。

一般に、日本語として正しく書かれているだけの記事では、検索結果で上位表示させることはできません。
SEO対策を施すことにより初めて、順位の上位化が可能になります。

順位を上位化させるためには、記事の内容がキーワード入力をするユーザーのニーズに合致していること、あるいはユーザーにとって他の記事より有用性が高いことを示さなければなりません。
そのためには、キーワードの選択や配置、見出しの構成、文章の作成などについて多くの配慮が必要です。
SEOに強い記事代行サービスは、これらSEOの手法について詳しく把握し、記事に盛り込むノウハウを持っています。

また、Googleなど検索エンジンのアルゴリズムは、アップデートにより定期的に変更されます。
アップデートが実施され、それまで上位表示されていたWebページが順位を大きく落とすこともあります。
したがって、SEOに強い記事代行サービスは、検索エンジンの動向にも常に注意を払っています。

自社のオウンドメディアなどを立ち上げ、コンテンツマーケティングを行う場合、検索エンジンからの集客は欠かせません。
そのようなケースで記事代行サービスを選ぶ際には、「SEOに強いかどうか」の考慮が必須だといえるでしょう。

具体的にどのように作成するのか

それでは具体的に、SEOに強い記事をどのように作成するのでしょうか?
よくある記事代行会社の流れを紹介していきます。実際の対応の流れについては各代行会社によって異なりますので、依頼前に必ず確認しておきましょう。

1. 事前のリサーチ

記事作成の依頼を受けたら、最初に徹底して事前リサーチを行います。
関連キーワードやサジェストワード、共起語などの確認とともに、検索上位記事を読み込むことによりユーザーの検索意図を判断します。

そのうえで、キーワードを適切に配置した見出し構成を作成します。
見出し構成の作成に当たって必要となれば、海外の論文や文献なども読み込み対応する代行会社もあります。
商品やサービスの販促がともなう記事の場合は、当該商品・サービスについて調べることはもちろん、競合の商品・サービスについても調べていきます。

2. ライターによるライティング

見出し構成が作成できたら、それに基づいてライティングを行います。
SEOが強く要求される記事では、SEOに強いライターを選定してライティングしていく代行会社もあります。

3. 誤字脱字やコピペのチェック

ライティングされた記事は、ツールと目視により誤字脱字や誤用、表記ゆれ、コピペなどについてのチェックを実施します。

4. 校正・編集

校正・編集担当により、記事内容とレギュレーションの一致、あるいは参照元やエビデンス、商標などについての問題をチェックします。

5. 責任者による再度のチェック

特に高品質な文章が要求される場合には、責任者が文章の質を一文字単位でチェックを行う代行会社もあります。

6. 納品・再修正

以上のプロセスを経て制作された記事が納品されます。
ただし、気になるところがあれば、納品後の再修正も対応してもらえる会社もあります。

SEOを考慮するなら記事代行サービスへの依頼がおすすめ

ひと昔前のように、どんな記事でもGoogleが拾ってくれる時代は終わりました。
現在では、検索結果で上位表示させようと思うなら、Googleの求めるレギュレーションに沿ったSEO対策が必要です。

オウンドメディアによるコンテンツマーケティングなど、検索エンジンからの集客が求められるケースは多いでしょう。
そのような場合には、SEOに強い記事代行サービスへの依頼を検討してみてはいかがでしょうか。

DALI編集部

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。