1. HOME
  2. コラム
  3. 記事作成代行業者の選び方とは?

記事作成代行業者の選び方とは?

記事作成代行サービスは多くの業者が行っています。
どの業者を選べばいいか、迷う方も多いのではないでしょうか?

記事作成の代行業者は、自社に合ったところを選ぶのがポイントです。
この記事では、記事代行サービス業者の選び方、およびどのような記事を依頼するとよいかをご紹介します。

自社に合った代行業者選び

自社に合った記事作成 代行業者を選ぶ際には、業者の実績と代行の内容、料金、および登録ライターの人数やスキルが選び方のポイントです。

これまでの実績

記事作成 代行業者を選ぶ際の最初のチェックポイントは、業者のこれまでの実績です。
代行業者により、得意なジャンルがあるからです。

法律や薬機法などの知識を必要とする専門性の高い記事を制作する業者もあれば、専門知識はそれほど必要としない一般的な記事を得意とする業者もあります。
自社で制作しようとする記事と近いジャンルの記事を得意とする業者を選ぶのがよいでしょう。

また、これまで実際に発注を受けた企業名を公式サイトなどで公開している業者も多くあります。
発注を受けた企業名も、業者を選ぶ際の参考になるでしょう。

代行の内容

代行の内容も業者を選ぶ際のポイントです。
代行業者が記事の作成を行うのはもちろんですが、弁護士や医師など専門家の監修記事を作成できる業者もあります。
また、書籍の執筆代行や英文でのライティング、取材・インタビューなどに対応できる業者もあります。
自社で作成しようとしている記事に合わせ、それに対応できる業者を選ぶ必要があるでしょう。

料金

記事代行の料金も、代行業者を選ぶ際には大きなポイントとなってきます。

料金は、1文字当たりの文字単価で決まるのが一般的です。
安いところは文字単価1円程度、高いケースでは10円近くになることもあります。

ただし、料金は「安ければいい」わけではありません。
たとえば、弁護士や医師などの監修記事は、いうまでもなく料金は高めになります。
料金に含まれるサービス内容、および作成される記事の品質を考え合わせて検討しましょう。

登録ライターのスキルや人数

登録ライターのスキルも、代行業者を選ぶ際には重要なポイントです。
作成される記事の品質は、ライターのスキルによって大きく左右されるからです。
採用するライターの合格率が10%以下の業者を選ぶのがよいでしょう。

また、大量記事の発注に際しては、ライターはチームを組んでライティングに当たります。
登録ライターの人数も確認の必要があるでしょう。

どんな記事を依頼するとよい?

記事作成 代行業者へ依頼するとよい記事は、特におすすめなのは、コンテンツマーケティングを行うためのオウンドメディアやブログなどです。
その理由は2つあります。

第1の理由として、コンテンツマーケティングで大量に制作する必要があるオウンドメディアやブログの記事を、自社の社員で制作しようとした場合には、社員がそれに時間を取られ、他の業務が疎かになるケースがあるからです。
記事作成を業者に依頼すれば、社員は企画や編集など、本当に重要な業務に集中できます。

また、第2の理由として、SEO対策ができるからです。
コンテンツマーケティングでは、検索エンジンからの集客を獲得することが重要です。
検索エンジンからの集客をするためには「SEO(Search Engine Optimization=検索エンジン最適化)対策」を施すことが必要です。
SEO対策は検索エンジンにたいする専門知識が必要となるために、知識のない企業ではうまくいかないことが多いです。

以上2つの理由により、代行業者に依頼するのに特におすすめといえるのは、コンテンツマーケティングにおけるオウンドメディアやブログなどの記事作成です。

自社に合った業者を選びコンテンツマーケティングを成功させよう

記事作成を代行するサービス業者は多くあります。
そのなかから自社に合った業者を選ぶためには、実績や代行内容、料金、および登録ライターのスキルや人数が比較ポイントだといえます。

依頼する記事として特におすすめなのは、コンテンツマーケティングのためのオウンドメディアやブログなどです。
記事代行サービスを利用して、コンテンツマーケティングを成功させましょう。

DALI編集部

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。