1. HOME
  2. コラム
  3. 記事作成代行を依頼する時のルールとは?

記事作成代行を依頼する時のルールとは?

記事作成代行をする際には、気をつけるべき点がいくつかあります。「どのようなライターに、どのようなことを頼むべきかわからない」という方も多いのではないでしょうか。

記事作成代行を依頼する時には、しっかりとした前準備が必要です。この記事では、記事作成代行を依頼する時に気をつけるべきことについて解説します。

目的を大切に

記事作成代行をする前に、まずは記事の目的を明確にしておく必要があります。例えばSEO記事の場合は、Googleなどの検索エンジンで上位表示されることを目的としたものです。そのため、SEOの知識がないライターに外注しても、望むような成果物は得られません。

SEOコンテンツの他にも、コラムなど、メディア会員や読者の満足度を高めるための記事も存在します。また、ページの来訪者に対して購入を促すセールスライティングというコンテンツも存在します。

そのため、まずはどのような記事を書くのかということを明確にし、ライターさんにしっかりと伝達する必要があります。この作業を雑にしてしまうと、ライター間とのコミュニケーションに齟齬が生じ、思ったように仕事を進められなくなってしまうでしょう。

前準備は大切

記事作成代行の前準備として、読み手のペルソナや執筆分野に関するライターの習熟度、ライターの文章力、基本的な文体、表記ルール、記事に入れたいキーワード、画像の取得方法、納品形式、納品ルール、NGワードや避けるべき表現と内容などを決めておく必要があります。

・ペルソナを想定する

例えば経営者向けの記事ひとつを取ってみても、スタートアップ企業の経営者を対象にするのと、中規模企業の経営者を対象にするのとでは、記事の様相はまったく変わってきます。このように、読み手のペルソナをあらかじめ想定しておくことは重要です。

・専門性の高い分野におけるライターの習熟度

専門性の高い分野の場合、ライターの習熟度というものが必要になってきます。例えば医学・医療などに関する記事を執筆することは、いくらリサーチ力の高いライターであっても、専門的な知識を持っていなければ難しいでしょう。

・ライティング歴をチェック

記事制作をする際、ライターの文章力がとても重要になっていきます。特にクオリティを重視する場合は、ライティング歴をしっかりと確認し、経験豊富なライターを用意する必要があります。

・基本となる文体の設定

文体には大きく分けて「です・ます調」と「だ・である調」があります。これが違うだけで、記事の印象はまったく変わってきますので、文体はしっかりと想定しておきましょう。

・細かい表記ルールの提示

「英数字は半角(全角)にする」「改行のタイミング」などの表記ルールをしっかりと決めておかないと、ライターの成果物にばらつきが生じます。こうした細かい条件も、依頼者が提示するようにしましょう。

・キーワードの選定

特にSEOコンテンツは、キーワードの選定がとても重要になってきます。どのようなキーワードを入れるか、文中にどれくらい入れるかを考えておく必要があります。

・画像を取得する際の方法を検討

ライターに画像を選定してもらう場合は、画像の取得方法について話し合っておきましょう。こちらから画像サイトを指定して、そこから選んでもらう方法が一般的です。特に画像に関しては、著作権も関わってきますので注意しましょう。

・納品形式の指定

納品形式を指定しておくと、ライターからの成果物の回収がスムーズになります。WordやGoogleドキュメントなどの方法を指定しておきましょう。

・納品する際のルールを提示

HTMLタグをつけるかどうかなど、納品のルールについてもしっかりと決めておきましょう。タグをつける必要がないのに、ライターが善意でタグをつける場合、いらない手間をかけてしまうことになります。

・避けるべき表現やNGワード、内容について整理

コンテンツとして全世界に公開する以上、避けるべき表現やNGワードなどを決めておくのも必須でしょう。例えば、競合他社紹介や不適切な表現など、こちらから前もって指定することで、修正の数を減らせます。

記事作成代行はルール設定が重要

ここまで記事作成代行について解説していきました。記事の中でも何度か触れていますが、やはり、どれだけしっかりとした前準備ができるかが重要になってくるでしょう。特に、記事の目的を明確にしておくことは最優先事項です。

そしてライターに記事作成をしてもらう際、なるべく発注する側が細かい条件を設定するようにしましょう。細かいルールを決めておかないと、複数のライターに案件を任せている場合、成果物にばらつきが出てしまいます。

まずライターに任せる前に、どれくらいのライティング経験が必要なのか、どれくらいの知識が必要なのかを明確にし、記事作成代行のミスマッチを防ぐようにしましょう。あわせて読み手のペルソナを共有しておくことも重要です。

そしてコンテンツに関しても、文体や表記ルール、キーワード、画像の取得方法、納品形式、納品ルール、NGワードなどを明確にしておくようにしましょう。

DALI編集部

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。