1. HOME
  2. コラム
  3. 記事作成代行業者にリライトは依頼するべき?

記事作成代行業者にリライトは依頼するべき?

どれだけ記事を書いてもアクセス数が伸びない。検索順位が上がらない。こんなお悩みはありませんか。記事を書き直し(リライト)することで、検索順位を上げられる可能性があります。

しかし、具体的にどの記事をどうやって修正したらいいのかわからない、リライトに時間をかけられないという方も多いでしょう。そこで今回は、リライトの重要性とリライトを依頼する方法をご紹介します。

リライトする必要性

そもそもリライトをする目的とはなんでしょうか。リライトとは、既にサイトやブログなどにリリースした記事を内容はそのままで文章を書き換え、より読みやすく、よりわかりやすくブラッシュアップすることをいいます。

一見、地味な作業のようですが、リライトすることで検索エンジンから再評価され、検索結果で上位表示を狙うことができます。その結果、アクセス増加が期待できるでしょう。新規記事を追加するだけでもある程度訪問数は伸びますが、いずれ頭打ちになります。つまり、リライトは自社メディアを成長させるために不可欠な対策なのです。

文章の書き直しだけなら、わざわざ記事作成代行業者に頼まなくても……と思う人もいるかもしれませんが、リライトとは単に文章の一部を書き換えることではありません。例えば、文末の「です・ます」を変えるだけ、単語を同義語に変えるだけではリライトとは呼べないのです。

ユーザーがどのような情報を求めているのかを再考し、検索意図に応える内容に加筆修正が必要です。具体的には、リライトする記事の選定から、ユーザーのニーズおよびキーワードの調査、競合の調査、構成案の作成、ライティングまでやるべきことがたくさんあります。

そのために要する時間と手間を考えると、経験豊富なプロに代行を依頼したほうが、効率が良いといえるでしょう。

リライトを依頼する方法

希望どおりにコンテンツを制作してもらうためには、適切な準備や指示が必要となります。記事作成代行業者にリライトを依頼するにあたって、必要な事項を以下にまとめました。

1. 読後にどんな行動を起こしてほしい記事なのかを伝える

ユーザーがコンテンツを読んだ結果、どんな行動を起こしてほしいのかを代行業者に伝えましょう。例えば、購入や問い合わせなどいろいろあるはずです。それによって書くべき内容も変わってきます。

2. できるだけ詳しく要望を伝える。

例えば「高品質な記事を書いてほしい」と依頼しても、何をもって高品質とするのかは人によって異なります。ユーザーの検索意図にマッチしたリライトをするために、依頼記事の目的と求める成果、タイトルやキーワードの希望、ターゲット層、NGワード、文字数など、できるだけ詳しく要望を伝えましょう。

3. 参考資料を用意する

参考資料があると、独自の「らしさ」があるリライトをしやすくなります。例えば、商品を紹介するコンテンツを制作する場合、掲載先URLやエビデンス資料、商品の実物や公式のパンフレット、カタログなどを用意しておくことをおすすめします。

4. リライトのサンプルを用意する

リライトを頼んだら、もはや原形をとどめないほど変わってしまった、文字数を大幅に削られたということもあります。依頼するにあたって、文字数も含めてリライトの範囲を明確に伝えておきましょう。過去のリライト原稿をサンプルとして用意しておくと、書き手もイメージしやすくなります。

リライト効果を最大化するために

リライトする大きな目的は、閲覧回数が少ない、検索順位が低いといった問題を抱える記事に対してテコ入れすることです。

しかし、リライトを単に文章を書き直すことと勘違いしている人も少なくありません。残念ながら、それだけでは成果を出すのが難しいでしょう。

リライトでSEOを強化するには、さまざまなテクニックが必要になります。自社で対応するのが難しいと感じたら、記事作成代行業者に依頼するのもひとつの手です。「餅は餅屋」といいますが、不慣れな業務はその道のプロに任せて、最大限の成果を上げる仕組みづくりを目指しましょう。

DALI編集部

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。