1. HOME
  2. コラム
  3. 読みやすい記事の特徴とは?読みたくなる記事のポイントについて

読みやすい記事の特徴とは?読みたくなる記事のポイントについて

最近では、ブログやオウンドメディアにて自らライティングを行っている人も増えたのではないでしょうか。ユーザー側も多様なデバイスから気軽に記事を読めるようになり、その反面で「最後まで読まれずに離脱されやすい」という課題もよく上がります。

どんなに時間をかけて考えた記事でも、読んでもらえなければ意味がありません。内容を精査することはもちろん、記事づくりではユーザーにストレスを与えないことを意識しましょう。ここでは、思わず読みたくなる記事の具体的な書き方を解説します。

内容や構成がわかりやすいと読みやすい

検索などから記事にたどり着いたユーザーは、記事を一語一句読んでくれるわけではありません。求めている情報があるのかどうか、流し読みしながら判断する人がほとんどでしょう。そのため、「細かくは読んでもらえない」という前提で、ユーザー目線での記事制作を行う必要があります。

見出しで要点がわかる構成にする

長文を羅列するのではなく、まずは見出しを使って文章を整理しましょう。見出しをつけることで話題ごとに文章を区切れば、読者の理解を手助けできます。ユーザーが見出しを流し読みするだけでも、要点を理解できるようにしてください。また、検索されたいキーワードを見出しに含めることは、SEO対策にも有効です。

簡潔でわかりやすい説明を心がける

無駄な言い回しや繰り返しの説明は避け、文章はなるべくシンプルにまとめましょう。一文が長くなりすぎないよう、適度に文章を区切るだけでも読みやすさが増します。また、専門分野に詳しい人をターゲットにする場合以外は、聞き慣れない用語には解説を追記すると親切です。

読みたくなるには見た目の印象も大切

文字サイズで強弱をつける

h1・h2・h3といった見出しタグごとに文字の大きさを変えるなどの工夫で、見た目にもメリハリをつけることができます。しかし、文字サイズのバリエーションが多すぎるのも、デコボコした印象から読みづらさを感じさせてしまいます。文字サイズは3種類程度までにとどめるのが良いでしょう。

適度に画像を挿入する

画像は視覚的にユーザーの目を引きやすく、記事を最後まで読んでもらうためにも有効な材料となります。特に長文記事の場合、画面いっぱいに文章だけが表示されると読む気をなくしてしまうユーザーもいます。適度に画像を挿入し、見た目から読みやすさをアップしましょう。

箇条書きを使う

伝えたい内容を視覚的に目立たせる方法として、箇条書き(リスト)を用いるのもおすすめです。複数の事柄を並列して説明する場合には、箇条書きで端的に文面を整えましょう。

ユーザーに有益な記事はSEO的にもメリットがある

ユーザーの利便性を考慮した記事は、SEOでも効果を得やすくなります。Google検索エンジンの方針としても、ユーザーに焦点を絞った質の高い記事が上位に上がりやすくなっているのです。

SEOの効果を高めるには、記事の信頼性も重要な評価基準とされます。インターネット上に情報があふれる現代では、信頼性の低いWebサイトも多数存在するのが事実です。根拠のはっきりとした情報を提示することで、記事の信頼度がアップします。

また、オリジナリティのある記事であることも、ユーザーに有益なサイトと判断される評価基準のひとつです。その分野において深い知見を持ったライターを採用したり、専門家に監修を依頼したり、他サイトと差別化を図るのも良い手段です。

質の向上と効率化を実現するなら外注の検討を

コンテンツマーケティングに注目が集まる近頃。ビジネスの集客目的で、自社サイトの記事を充実させようと考える企業も増えてきました。今回ご紹介したのは記事づくりの基本となる知識ですので、読みやすくさらに質の高い記事を書くには、文章力・企画力・構成力などが必要です。

しかしながら、人件費や時間拘束の面から、社内の人員だけで記事制作を行うのは難しいケースも多いでしょう。そんなときには、記事作成代行会社を利用するのがおすすめです。経験豊富な所属ライターが記事を作成してくれて、必要なときに必要な量だけ依頼できます。

SEO対策を踏まえたコンテンツ企画、記事構成、執筆、誤字・脱字のチェック、Word PressなどのCMS納品など、トータルで代行してもらうことも可能です。社内の業務負担を軽減してくれる、心強いサービスです。記事制作の効率化を求めるなら、利用を検討してみてください。

DALI編集部

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。