1. HOME
  2. コラム
  3. 記事作成代行をする時【プロの見極め方】

記事作成代行をする時【プロの見極め方】

オウンドメディアなどの記事制作を代行会社に依頼する際、気になるポイントのひとつが記事の「質」。せっかく費用をかけて依頼するのであれば、質の高いプロに書いてもらいたいものですよね。また、SEO対策を意識した場合にも、コンテンツの質によってGoogleからの評価が変わります。

それでは、質の高い記事はどうやって見分ければ良いのでしょうか?実は、ライターの実力やクオリティーが判断できる方法が存在します。ここでは、見極め方の具体的な判断基準についてご紹介します。

品質を意識した記事を作成しよう

現在では、パソコンよりスマートフォンを使ってインターネットを利用するユーザーのほうが多くの割合を占めています。いつでも気軽に記事を読むことができる反面、ユーザーに「読む価値がない」と判断されるのも一瞬です。読み進めるのにストレスを感じてしまうと、記事から離脱されてしまいます。

記事の質を高めるためには、次の2点の基準をクリアすることが必要です。

・無駄な説明や繰り返しを省いた、読みやすい文章で書かれているか。
・ユーザーが求める情報を分かりやすく提示しているか。

記事の作成においては、「可読性」を追求することが不可欠です。そのためには、適切な位置に句読点を配置し、一文が長くなりすぎないようテーマごとに文章を区切るなど、メリハリを付けることが大切です。

また、導入部分(リード文)に記事の目的や結論を書くことで、その先を読みたくなるよう誘導できます。簡潔な文章のなかで、いかに興味を引くかがポイントです。

質の高い記事はプロへお任せすべき

ただ記事を書いて公開するだけでは成果につながりません。記事制作には、戦略的な企画力、キーワード選定などSEO対策の知識、ライティングの技術が必要です。しかし、これらを兼ね備えたライターを社内で育成するには、膨大な時間がかかります。

Web集客を増やしたいのであれば、質の高い記事を制作できるプロへお任せするのが良いでしょう。経験豊富なライターを求めるなら、記事作成代行会社への依頼をおすすめします。

プロを見極めるポイント

クラウドソーシングか専門業者か?

記事制作を依頼するには、「クラウドソーシング」と「記事制作代行会社」の2種類の選択肢があります。

クラウドソーシングとは、記事制作を依頼したい企業と、仕事を探している個人ライターを仲介するサービスです。企業側から納期や予算を指定した上で、受注可能なライターを探せるという点が特徴です。ただし、ライターによって記事のクオリティーにバラつきが出る場合もあります。

記事制作代行会社では、同一案件を特定のライターが担当するケースが多く、安定的に質の高い記事を作成することができます。もちろん、SEOに強い記事や、専門性に特化した記事の制作も可能です。

発注時の指示ではスムーズなやりとりを

記事制作の依頼時には、しっかりと正確な指示を伝えておくことが必要となります。指示への対応力や提案力のあるプロに任せるのが安心です。記事数や文字数、画像の有無など、事前にすり合わせをしてから制作を進行しましょう。

良質なメディアづくりは、良質なパートナー選びから

記事制作代行会社のなかにはライターの選定基準を独自に設けている会社も多く、基準をクリアしたライターだけが記事制作を担当します。コンテンツの質を高めるためには、分野ごとの専門知識や資格を持った人材に依頼するのもポイントです。代行会社には、多様な分野に精通したライターが在籍しています。

情報化社会の現代、より有益なコンテンツを求めるユーザーのニーズは増える一方です。記事制作の第一歩である代行会社選びが、コンテンツの質を大きく左右します。長期間、定期的にサイトを更新していくためには、長く付き合えるパートナーを見つけることが重要です。ご紹介した注意点を踏まえて代行会社や所属ライターの実績をチェックし、依頼を検討してみてください。

DALI編集部

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。