1. HOME
  2. コラム
  3. 記事作成代行の依頼は人気急増中

記事作成代行の依頼は人気急増中

最近では、オウンドメディアを運営する企業が増えてきました。それに伴って人気が高まっているのが、記事作成代行の依頼です。自社メディアやサイトの記事を作成したことのある人なら、一度は「誰かに代わりに書いてもらえないかな」と考えたことがあるのではないでしょうか。本当に記事作成代行の依頼は増えているのか、人気の秘密は何なのか、その実態に迫ります。

最近では依頼者急増中

日本では、2015年頃から新しいWeb集客の形として、コンテンツマーケティングが認知されるようになりました。コンテンツを充実させることが求められ、それと同時に記事作成代行の依頼もうなぎ上りの状況です。

大手クラウドソーシング会社のランサーズが独自に行った調査では、2011年から2015年のわずか4年間で、ライティング案件の依頼数はなんと815倍も伸びたといいます。クラウドソーシング会社自体の認知度が上がったこともありますが、記事作成代行の依頼が増えていることを示す一つの指標となるでしょう。

ここ数年で、企業がWebサイトを運営するのが当たり前になり、さまざまな媒体が乱立する中、より品質の高いコンテンツが求められるようになりました。こうした背景から、多数のプロライターを抱える記事作成代行業者の需要がますます拡大していることが推測されます。

今では代行はフツウのこと

記事を書くことは、かなり大変な作業です。そのために時間を取られると、本来の業務が滞ってしまうでしょう。ライティングの専門知識がないのであればなおさらです。1から勉強するとなると、時間も費用もかかります。その結果残業ともなれば、非効率極まりありません。

記事作成を代行してもらえば、自分が他の業務をしている間に、記事を書いてもらうことも可能です。本来の業務に集中できるようになり、効率的に仕事を進めることができます。

相手はスキルと経験を有したプロですから、高クオリティーが担保された記事を大量に制作できるのも大きなメリットです。もちろんキーワード選定などのSEO対策にも配慮しているので、検索エンジンで上位表示を狙えます。

記事作成代行を依頼すれば、その分のサービス料金が発生しますが、自社で制作する場合に発生するコストが不要になることを考えると、費用対効果は大きいといえるでしょう。

記事作成は外注するのが効率的

今や記事代行を頼むのは、今や特別なことではありません。実際、数年前と比べると、記事の制作を外注する企業は飛躍的に増えています。

ライティングスキルを持った社員がいれば別ですが、通常の場合、記事制作には時間がかかります。仮に記事制作に半日かけたとすると、その間は本来の業務は手つかずとなり、残業ともなれば、企業にとっては大きな損失をこうむることになります。

記事制作代行サービスを利用すれば、社員の負担が減り、効率良く業務を回すことが可能です。この記事を参考に、今や「当たり前」になりつつある記事作成代行サービスの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

DALI編集部

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。