1. HOME
  2. コラム
  3. 記事作成で注意したい!言葉の工夫について

記事作成で注意したい!言葉の工夫について

コンテンツマーケティングのために記事作成を行う場合、読者の興味・関心を引く文章を執筆する必要があります。しかし実際に記事を作るとなると、読みやすい文章を書くのは思った以上に難しく、結果として読者を引き付けられずにアクセス数も伸び悩む、という事態が起こりがちです。 

そこで今回は、記事作成で注意したい言葉の使い方、工夫について詳しく解説しましょう。 

記事が読みやすくなる工夫 

まず大前提として、記事を読んでもらう読者のターゲット層を明確にした上で、読者のニーズや疑問点をイメージする必要があります。サイト運営者側はマーケティングという観点で記事作成を行うため、ともすると商品やサービスを売り込むことばかり考え、読者が望む情報を提供できていない場合もあるのです。そのため、記事を執筆するにあたっては、読者目線からテーマ・内容を組み立てていくようにしましょう。 

また、文記事作成にたっては「結論」の部分を最初に書き、その次になぜその結論が導き出されるのかを順序立てて説明するのが基本です。 

章を書く上では「起承転結」ということが重視されますが、インターネットをスマホやパソコンでチェックする人は、できるだけ素早く必要な情報を得たいと考えています。もし結論を最後に書くと、読者はそこにたどり着くまで記事を読むのが面倒になり、途中で別のサイトに移る可能性が高いです。そうなると、そのサイトで伝えたいことが読者に伝わりません。 

記事作成の書き方ポイント紹介

記事を作成する上重要となるのが、ターゲットとなる読者が検索する言葉を盛り込んで執筆するという点です。 

サイトユーザーが検索する言葉のことは「クエリ」と呼ばれています。SEOに配慮した記事作成を行う上では、このクエリに注目して書くことが大事です。検索エンジン利用する人の多くが検索の際に打ち込むであろう言葉を「対策キーワード」として設定し、そのキーワードで検索を行う人どのような情報を欲しているのかを考えましょう。その上で、記事の執筆を行うです。 

GoogleYahooなどの検索エンジン運営会社は、ユーザーにとってどのサイトが有益であるのかを判定し、検索した時のページ順位を決めています。対策キーワードを盛り込む形で良質なコンテンツを作成し、検索上位に食い込むことができれば、より多くのユーザーの目に留まり、マーケティング効果も高まるわけです。 

しかし、SEO対策を踏まえた記事執筆を心がけても、文章そのもののクオリティが低くては読者を引き付けられません。以下では、記事を書く上での言葉の工夫として、「簡潔にまとめる」「難しい表現を避ける」「ひらがなと漢字のバランス」の3点について解説します。 

簡潔にまとめる

検索エンジンの利用者は、できるだけ短時間で必要な情報を得たいと考えています。冗長な表現やまわりくどい言い回しをすると閲覧に飽きてしまい、運営者側が伝えたい情報を読む前に他のサイトへと移ってしまうでしょう。 

そのため、記事執筆の上で気を付けるべきなのは、同じ内容であればより短い方がよいという点です。たとえば、「商品に関する基本的な情報を得ることができます」という文は、「商品の基本的な情報を得られます」と短くできます。無駄に長い文章は控えて、端的に情報を伝えることを心がけましょう。これは素早く情報を得たいという読者のニーズに沿った文章の書き方でもあります。 

難しい表現はできるだけ使わない 

記事作成を行う上では、一般的な読者が知らないような専門用語や難しい表現はできるだけ避けましょう。もし専門用語を用いる場合は、誰でも理解できるような言葉で言い換えて説明するとわかりやすいです。読者に理解してもらいたい専門的なキーワードがある場合も、丁寧な解説を付けるようにしましょう。 

ただし、記事のターゲット層であれば確実に知っているであろう専門用語もあります。たとえば、経済や金融の専門家を対象とした記事であれば、マクロ経済とミクロ経済の違いや日銀の公定歩合の説明を一からする必要はないでしょう。言葉の表現は読者目線で考えていくことが大事です。 

ひらがなと漢字のバランスについて

日本語の文章を書く際は漢字とひらがなを用いますが、バランスとしては「ひらがな:漢字73」とするのが望ましいと言われています。漢字の多い文章は画面が暗くなり、全体として堅いイメージを読者に与えがちです。一方、ひらがなは曲線が多い文字なので、読者に柔らかい印象を与えることができます。 

たとえば、「お忙しい所、お越し頂き感謝申し上げます」と「お忙しいところ、お越しいただき感謝申し上げます」を比べてみましょう。「所」と「頂き」をひらがなにする方が、文から受けるイメージが柔らかくなり、ひっかかりなく読めるのではないでしょうか。 

記事作成では用いる言葉を工夫することがコンテンツの充実につながる 

読者にとってわかりやすく、必要な情報を得やすい記事作成を行うには、読者目線で文章を作成することが重要です。読者がどのような情報を得たいのかを踏まえた記事作成を心がけましょう。 

また、記事執筆にあたっては、ターゲット層である読者が検索する言葉・対策キーワードを盛り込むことも大事です。そのキーワードで検索したに上位表示されるようなコンテンツを目指すことで、コンテンツマーケティングの成果を上げられます。 

実際に文章を書く場合は、文章は簡潔にまとめること、難しい表現はできるだけ使わないようにすること、ひらがなと漢字は73となるようにすること、に気を付けましょう。対策キーワードを盛り込みながら、読者目線で情報を得やすい文章を書くことが、記事作成においては大事です。 

あと最後に、もし時間的に余裕があるなら、書き終えた文章を一晩寝かしておくこともおすすめします。翌日に改めて文章を見直し、おかしながないかをチェックした上で記事をサイト上にアップしましょう。 

DALI編集部

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。