1. HOME
  2. コラム
  3. オウンドメディアの記事を代行しよう

オウンドメディアの記事を代行しよう

数年前から注目度が高まった「オウンドメディア」という言葉。コンテンツマーケティングの手法として、オウンドメディアの運営に取り組む企業が年々増え、現在も市場規模の拡大が続いています。

この記事では、そもそもオウンドメディアとは何か?という基礎知識や、記事制作を代行サービスに依頼するメリットなどをご紹介します。

オウンドメディアって何?

Webマーケティングの世界ではすっかり定着しているオウンドメディアですが、その定義について、今更聞きづらいという方もいるのではないでしょうか。

オウンドメディア(Owned Media)とは、自社が所有する(Owned)メディア全般のことを意味する言葉です。ホームページ、ブログ、メルマガ、SNSのほか、紙媒体の広報メディアもオウンドメディアに含まれています。しかし、日本のWeb業界では狭義な意味合いで捉えられている場合が多く、主に、自社運営のWebマガジンを指しています。

「コンテンツマーケティング」という言葉と混同している方もいますが、コンテンツマーケティングとは、コンテンツ発信によりファンを定着させること。そのコンテンツマーケティングの手法のひとつとして、オウンドメディアが存在するのです。

なぜオウンドメディアが注目されているのか?

SNS普及の流れ

オウンドメディアが注目されるようになったのには、SNSの普及が大きく影響しています。FacebookやTwitterなど海外発のSNSが日本でも定着したのが、2011年から2014年にかけて。多くのユーザーを集めたSNSをビジネスに活用しようと、ソーシャルメディアマーケティングの流行が起こりました。

SNSが台頭する中、インターネット上でユーザーが得られる情報量は爆発的に増加したため、一方的な広告だけでなく、価値のあるコンテンツを届けることが企業ブランディングに必要となってきました。そこで、SNSだけでなく自社サイトをコンテンツメディア化する流れが生まれたのです。2015年頃には、オウンドメディアの認知度はぐっと高まりました。

デバイスの多様化やSEOへの対応

パソコン、スマホ、タブレットといったデバイスの多様化によって、インターネット上でより気軽に情報を得られるようにもなりました。雑誌を読むような感覚でWebメディアにアクセスするユーザーも増え、自社メディアを持つことの重要性も高まっていったのです。

さらに、SEO対策に力を入れる企業も増えました。検索エンジンの評価基準は変化し、ユーザーに有用な質の高い情報が評価されるようになっています。オウンドメディアで良質な記事を蓄積することは、検索流入・集客アップ、ブランド力向上につながるのです。

記事作成代行のメリット 

オウンドメディアの運営においては、記事の質と量が必要になります。キーワード選定、構成、ライティング、文章校正のチェックと、記事制作を自社で行うには多くの時間がかかるものです。記事制作に業務が圧迫されては、担当者の本来の仕事がおろそかになってしまいます。定期的に記事を公開していくためにも、外部への委託を検討してみてはいかがでしょうか。

記事制作を外注する際の依頼先は?

記事制作の依頼先は、大きく分けて「クラウドソーシング」と「記事制作代行会社」の2種類があります。SEOに強い記事や専門性の高い記事の制作を依頼したい場合には、代行会社へ依頼するのがおすすめです。ライティングだけではなく、編集やディレクション、校正チェックなどを一貫して請け負ってくれる会社なら、安心して任せられます。

記事制作代行会社を活用して記事を充実させよう

記事作成代行サービスを利用するいちばんのメリットは、まとまった数の高品質な記事を短期間で制作できることです。これからオウンドメディアを立ち上げるという場合にも、より早くSEO効果を得られ、良いスタートダッシュが切れるでしょう。

また、社内の業務負担が軽減できるほか、自社で一からライターを探したり育成したりする手間もなく、コスト削減につながります。

オウンドメディアの記事作成は代行会社へ依頼を!

コンテンツマーケティングを目的としたオウンドメディアの記事制作には、SEOの知識やライティングのスキルが必須となります。経験豊富なライターが所属している記事制作代行会社であれば、クオリティーの高い記事の執筆が可能です。

料金の安さだけで代行会社を選ぶのではなく、記事の品質とのバランスが大切です。特に、ターゲットを絞った専門的な記事には、ライターも専門知識を持った人材が必要です。自社のコンテンツに適した代行会社を選んでください。

「これからオウンドメディアを立ち上げる予定で、記事の方向性に悩んでいる」
「すでにオウンドメディアを運営しているものの、思うように結果が出せていない」
など、各企業の状況も踏まえ、一度相談してみてはいかがでしょうか。

DALI編集部

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。