1. HOME
  2. コラム
  3. 記事制作は社内と外部委託どっちがいい?

記事制作は社内と外部委託どっちがいい?

記事制作の方法は、大きく分けると社内と外部委託の2種類があります。これらはそれぞれメリットとデメリットがあり、一概に良し悪しはつけられません。これから記事制作を検討している企業は、それぞれの特徴を理解することで、効率的に取り組めるようになります。ここでは、それぞれの記事制作のメリットとデメリットを紹介していきます。

記事作成の方法

記事作成の方法は、大きく分けると社内または外注で行うかの2種類です。ここでは、それぞれの方法の特徴について紹介していきます。

社内作成

社内で記事作成する場合、基本的には自社の従業員がライティングをします。ライティングをする従業員の雇用形態は会社によって異なり、アルバイト、派遣社員、契約社員、正社員などさまざまです。また企業によって、ライティングをする従業員は、既存のスタッフだったり、記事作成のために新しく雇ったりします。

社内作成では、記事作成から編集、運用までの一連の作業をすることが求められるため、ライター以外に編集者やディレクターも必要です。また未経験からライターを教育するため、記事作成のノウハウを有している人材が不可欠です。

外部委託

外部委託を利用する場合、自社リソースを使わずに外部リソースを使用して記事を作成します。社内作成とは異なり、契約時に金銭的な取り決めだけでなく、業務内容についても事前に決めておく必要がある点が特徴です。外部委託では、フリーランスで活動している個人から作成代行まで選択肢が幅広く、自社の状況によって求めるサービスを精査する必要があります。

社内で行うメリッ

社内で記事作成を行うメリットは、コストの抑制と内製化です。それぞれについて詳しく説明していきます。

コストの抑制

社内で記事作成することにより、外注費用が生じず、金銭的コストを抑制できます。また外部委託するときに生じる契約およびその他取り決めなどが必要ないので、コミュニケーションコストも発生しません。ライターや編集者、ディレクターなどが自社スタッフの場合、外部委託と異なり、企業について共通の理解をしており、認識の齟齬が少なく、編集作業の手間を省けます。

内製化

自社サービスに精通しているスタッフが記事を作成することで、企業がユーザーに提供したい価値観が、より細かく伝達可能です。また社内でノウハウを有している人材を抱えている場合、ライターを教育して、記事作成を内製化できます。内製化することにより、既に外注化していた記事作成を縮小して金銭的およびコミュニケーションコストの抑制にもつながります。

外注のメリッ

外注のメリットは、自社スタッフが本業に専念できたり、短期間で大量の記事が作成できたり、専門知識やノウハウを利用できたりすることです。

自社スタッフが本業に専念できる

外注することで、外部リソースが利用できるようになり、自社スタッフはライティングする必要がなくなります。結果的に自社スタッフは、本業に専念することができます。

短期間で大量の記事が作成できる

多くのライターを抱えている作成代行やフリーランスと契約することで、記事の作成期間が短縮可能です。特に記事作成代行の場合、大量の記事を作成するためのライターの確保および編集やディレクションなどのマネジメント体制が整っていることが期待できます。

専門知識やノウハウを利用できる

プロに依頼することで、専門性の高い記事が作成可能です。また社内で「SEO(Search Engine Optimization=検索エンジン最適化)対策」のノウハウを有していない場合、外注することで効率的にコンテンツマーケティングが運用できます。

難しい場合は外注するのも有

記事作成が社内では難しい場合、外注を利用することをおすすめします。 外注のメリットで紹介した理由以外にも高いライティング力や品質保証などがあります。

高いライティング力

作成代行には、ライター採用時にテストを課する会社があります。このような会社では、ライティング力の有無を厳しく審査しており、なかには合格率が10%を切ることもあると聞きます。そのため、社内でライターのノウハウを有している人材がおらず作成が難しいときには、作成代行を利用してライティング力の高い記事を作成することがおすすめです。

品質保証

作成代行では品質を保証するため、多くの会社が記事チェック体制を構築しています。具体的には、ライターが作成した記事を編集者およびディレクターなど複数人が、チェックをします。このような体制により、誤字脱字、論理の矛盾やエビデンスの有無など幅広い項目を精査します。

以上の2つの理由から、社内で記事作成が難しい場合、外注を利用することが有効です。

それぞれのメリットを最大限に利用しよ

記事作成は、社内と外部委託のいずれでも可能です。しかし、それぞれのメリットを活かすことで、コンテンツマーケティングを今以上に加速させられます。たとえば、社内ならコストの抑制や内製化、外部委託なら外部リソースや専門知識を有したライターが利用できるなどです。

なかには社内で作成することを優先して、外部委託をできるだけ避けたいと考えている企業もあるかもしれません。たしかに社内で記事作成ができれば、継続的にコストを抑えて安定した品質の記事が作成できます。しかし、社内作成を優先した結果、コンテンツマーケティングの成功が遠回りになってしまうことも考えられます。

企業によって、コンテンツマーケティングの課題はさまざまです。これからコンテンツマーケティングの導入を検討している企業と既に実践している会社では当然、課題は異なります。そのため、自社の現状を把握したうえで、必要な施策を実施することをおすすめします。

DALI編集部

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。