1. HOME
  2. コラム
  3. 記事作成代行の依頼の注意ポイントについて

記事作成代行の依頼の注意ポイントについて

充実したコンテンツ作成には、自社だけですべて制作するのは、労力的にも技術的にも難しく、記事作成代行への依頼が不可欠になってきます。作業もスムーズで、ユーザーのニーズを把握した構成やライティングが期待できるでしょう。多数ある記事作成代行サービスの中からどのようにして選んだらよいのか、依頼する上でどんな注意点があるのか、ご説明します。

記事作成代行は、選び方や依頼の仕方が大切

コンテンツは制作しておしまいではなく、継続して運用していかなければなりません。ユーザーは継続的な情報発信を期待し、それに応えるコンテンツであり続けるには、よきパートナーとなる記事作成代行会社選びが大切です。

実績をチェック

記事作成会社のサイトに実績が掲載されている場合は、それがひとつの指標となるでしょう。どういった経歴のライターが所属し、得意分野は何なのかをチェックすることができます。またオウンドメディアを運営している場合は、オリジナルのコンテンツ作成のノウハウも持っています。

SEO対策をチェック

よいコンテンツを作成してもユーザーの目に触れるしかけ作りがなければ意味がありません。適切なキーワードを選定し、ユーザーにとって有益なコンテンツであると評価されるコンテンツ作りが重要です。記事作成会社のSEO対策に対する姿勢やスキルも確認しておきましょう。

内部体制をチェック

記事作成会社に依頼した場合、どのような進行でコンテンツ作成がされるかもポイントです。記事作成会社には専属ライターが所属しているので、コンテンツの内容に合わせて、適切なライターを選びます。記事作成会社が間に入ってライターとコミュニケーションを図ることで、クオリティが統一されたコンテンツ制作が実現します。依頼したのちにどのような工程で納品されるのか、お互いにとって進めやすい進行スタイルか注目しましょう。

依頼の仕方のポイント

記事作成会社に依頼をする場合、注意すべきポイントはどんな点でしょうか。

キーワードとペルソナをまとめる

ユーザーが検索エンジンをするときに多くの人がキーワード検索を行います。その時に入力するキーワードを想定し、記事作成を依頼しましょう。またコンテンツにおけるペルソナも大切です。

ペルソナとは、働きかけたい商品やターゲットにしたい人物像です。どんな人に訪問してもらってどんなアクションをしてほしいのか、性別や年齢、住所、家族構成はもちろん趣味嗜好などターゲット明確に設定することが大切です。

仕様書を作成する

ライターがコンテンツをイメージしやすいよう、文字数や文体、見出しの数などフォーマットをマニュアル化しておくことです。複数のライターが制作に関わることもあるので、文章の統一化を図らなければなりません。また記事のキーワード提示や企画の立案は、クライアントなのか記事作成会社が行うかも明確にしておきましょう。

丸投げは気を付けよう

記事作成会社に依頼したからとはいえ、何もしなくてよいわけではありません。丸投げしてしまうと思ったような記事が上がって来ず、修正が増え、むしろ作業と時間を要してしまいます。

目的を明確に

記事の制作はライターに任せることができますが、コンテンツの企画意図、コンテンツのカラー、コンテンツにかける思いまでは、くみ取ることはできません。ライターはあくまで外部スタッフなので、すべてを理解することは難しいです。考え方や解釈に相違のないように目的や方向性をしっかり伝えましょう。

コミュニケーションは大切に

記事作成会社とは積極的なコミュニケーションを図り、要望をしっかりと伝えましょう。質の高いコンテンツ制作は、記事作成会社が制作するのではなく、あくまでも一緒に作り上げるものです。

無駄なく、効率的に高品質な記事作成を実現するためにも、細かいことでもしっかりとやりとりし、円滑なコミュニケーションに努めましょう。記事作成会社と共に作っていくという姿勢が大事です。

良好な関係構築がコンテンツ成功のカギ

オウンドメディアを活用する企業が増え、オウンドメディア運営のマーケットが広がっています。そのため、記事作成会社のニーズも高まり、新規参入事業者も増えたことにより、業者の質もタイプもさまざまです。

一緒に記事作成やコンテンツ制作を進めていく上で、信頼でき、スムーズな進行ができるパートナーであるか、記事作成会社の選び方がポイントです。何を重視してどんな会社に依頼するか、どんな依頼方法はどのようにするかあらかじめ想定して選定しましょう。

記事作成会社と良好な関係を築くことで記事作成の発注が円滑に進み、記事の質も向上します。コンテンツ運用を左右するといっても過言ではありません。コンテンツの意図やお願いしたい作業範囲を明確にし、お互いの認識の齟齬が生まれないよう、こまめにコミュニケーションをとることが大切です。

記事作成会社の選び方や依頼の仕方に気を配ることが、よいコンテンツ制作につながります。
依頼するときの注意すべきポイントを整理しておくと、お互いがストレスなく気持ちよくコンテンツ制作を進行できるよきパートナーが見つかるでしょう。

DALI編集部

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。