1. HOME
  2. コラム
  3. 記事作成代行サービスのメリットとデメリットは?

記事作成代行サービスのメリットとデメリットは?

今やスマートフォンやパソコンによるインターネットからの情報収集が当たり前となりました。企業などサイトの運営者の中には、少しでも多くの人に自社サイトを閲覧してもらうべく、「記事作成代行サービス」を利用するケースも少なくありません。SEO対策など記事作成のノウハウを蓄積している専門業者にコンテンツ作成を依頼することで、アクセス数を増やし、集客力向上につなげようというわけです。 

そこで今回は、記事作成代行サービスを利用することのメリットとデメリットについて詳しく解説します。 

記事作成代行サービスのメリットは?

記事作成代行サービスを利用することの最大のメリットは、SEO対策へのノウハウを活用した記事により、検索エンジンで上位表示を目指せるという点です。 

GoogleあるいはYahooなどの検索エンジンで自社サイトが上位表示されるようになれば、アクセス数の大幅なアップを目指すことができます。アクセス数が増えれば、当然ながら商品・サービスの販売数の増加も期待できるでしょう。 

上位表示を実現するには、どのキーワードで上位を目指すのか、コンテンツ・サイト内記事のクオリティと数量はどのくらいなのか、などが重要となってきます。記事作成代行サービスの業者にはこれらSEO対策のスキルと知識が蓄積されているため、検索結果の上位表示を実現しやすいのです。 

また、複数のライターが同時に執筆を行うので、コンテンツ数を一気に増やしやすい、という点もメリットと言えます。サイト運営者がサイト内記事を一つひとつ執筆していては、かなりの時間と労力が必要です。しかし、記事作成代行サービスに依頼すれば、短期間のうちに一気に記事数を増やし、サイト内のコンテンツを充実させることができます。 

記事作成代行サービスのデメリットは? 

一方で記事作成代行サービスにはデメリットもあります。まずは、外部の事業者に依頼することになるため、別途費用が必要になるという点です。代行サービスの依頼先にもよりますが、高額の場合は1文字あたり5円以上なることもあります。もちろん、1文字あたりの単価の安いライターにもお願いできますが、その場合はクオリティ高い記事は期待できません。 

また、記事作成代行サービスのライターは自社の業務に直接携わっていないため、依頼当初はニーズに合った記事を書いてもらうことが難しいことも多いです。ライターは文章スキルこそ高いですが、企業理念や経営の方向性などを十分に理解していないことも多く、その場合はライティング内容のすり合わせや修正も必要になってきます。業務が軌道に乗るまでやや時間を要する場合があるわけです。継続的に執筆を依頼し、自社のコンテンツのあり方をライター側が熟知するようになれば、高い成果を期待できます。 

記事作成代行サービスへの依頼は、メリットとデメリットを見極めた上で! 

自社サイトへのアクセス数に伸び悩んでいる場合、解決策の1つとして浮上するのが、記事作成代行サービスにコンテンツ作成を依頼するという方法です。 

プロのライターがSEO対策を踏まえた上で良質サイト記事を執筆するので、検索エンジンの上位に表示されやすくなり、より多くの人にサイトを閲覧してもらえるようになるでしょう。また、多数のコンテンツ記事を短時間のうちに作成してくれるので、これからサイトを立ち上げて早い段階でアクセス数を伸ばしたいという場合にも、記事作成代行サービスは便利です。 

しかし、依頼により別途費用が発生すること、自社サイトのコンセプトを理解してもらうまで時間がかかる場合があること、などのデメリットも記事作成代行サービスにはあります。サービスの利用を検討される場合は、これらメリットとデメリットの内容を事前に把握しておきましょう。 

DALI編集部

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。