1. HOME
  2. コラム
  3. 記事作成代行サービスの相場とは

記事作成代行サービスの相場とは

記事作成代行サービスの利用を検討される際、やはり気になるのは料金の相場ではないでしょうか。
記事代行の料金相場は、記事の難易度やライターのスキルなどにより異なります。
そこでこの記事では、記事作成代行サービスの料金相場、およびサービスを利用する際に注意すべきポイントについてご紹介します。

外注するときの相場

記事代行サービスに外注するときの料金相場は以下のようになります。

記事代行の料金相場は1文字あたり1円~

記事作成代行サービスの基本的な料金相場は、個人ライターが請け負う場合、1文字あたり1円~です。

記事代行の料金は、1文字あたりの文字単価で決められるのが一般的です。
1文字あたり1円なら、3,000文字の記事を制作すれば、料金は3,000円です。

制作する記事の難易度により相場は異なる

ただし、記事代行の料金相場はいくつかの要因によって変動します。
相場が変動する要因のひとつとしてあげられるのは、制作する記事の難易度です。

ライターが、自身の体験を元にしてライティングできるコンテンツの場合なら、1文字あたり1円程度で発注できるケースも多くあります。
しかし、Webなどでの調査が必要となる案件は、1文字あたり2円程度になることもあります。
さらには、専門知識が必要となる案件なら、1文字あたり5円以上となることもあるでしょう。

そのほか、取材記事なら、取材のための時間や交通費などがかかりますので、料金相場は1本あたり1万5,000円程度です。
リライト(記事の書き直し)の料金は元記事の料金の半分~1本分程度、文字起こしの料金は1分あたり100円程度が相場です。

ライターのスキルによっても相場は異なる

ライターのスキルによっても料金相場は異なります。
料金相場が変わってくるライターのスキルとしてまずあげられるのは、SEO(Search Engine Optimization=検索エンジン最適化)対策の知識です。

Googleなどの検索サイトからの集客を期待する場合には、検索順位を上げるためにキーワードに応じたSEO対策を行わなくてはなりません。
SEO対策の知識があるライターは希少なため、その分料金相場も、1文字あたり10円以上となることもあります。

そのほか、専門性の高い難解なテーマを初心者にもわかりやすいように簡潔に書いてほしい、あるいは独自の見解を含んだオリジナリティの高い記事作成をしてほしい、などのケースでも料金相場は高めになります。

注意すべきポイント

記事代行サービスに外注する際に注意すべきポイントについて見ていきましょう。

記事作成の目的とターゲットを明確にする

注意すべきポイントとしてまず重要なのは、記事作成の目的とターゲットを明確にすることです。
目的が、「アクセス数を獲得すること」なのか「資料請求をしてもらうこと」なのかなどにより、記事作成の方法は大きく異なってきます。
また、ターゲットは、人物像が思い浮かべられるくらい明確にしておくと、作成する記事も読者に伝わりやすいものになります。

記事内容の確認はライティング前にしっかり行う

記事内容の確認は、ライティング前にしっかりと行いましょう。
記事が作成されたあと、最初に指示がなかった部分の修正依頼をした場合には、追加料金を請求されるなどトラブルの元になりやすいからです。
記事の構成(見出し編成)をライターが作成する場合には、ライティング前に構成のチェックをすれば、ライティング後の大幅修正が避けられます。

外注先の実績を確認する

外注先の記事作成実績は、発注前に確認しましょう。
特に確認が必要なのは、作成している記事のジャンルです。
記事代行サービスはそれぞれ、得意ジャンルがあることが一般的だからです。

高品質な記事を低料金で作成してくれるサービスを選ぼう

記事作成代行の料金相場は、記事の難易度やライターのスキルにより変動します。
したがって、代行サービス利用の際は、サービス業者に問い合わせをし、料金の見積もりをしてもらうのがおすすめです。
SEO効果の高い高品質な記事を、比較的低料金で作成してくれるサービスを選びましょう。

DALI編集部

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。