1. HOME
  2. コラム
  3. 記事作成代行をするときはレイアウトも大切です

記事作成代行をするときはレイアウトも大切です

記事作成代行を利用するときは、さまざまな確認事項があります。数ある確認事項のなかで、レイアウトは特に重要です。なぜならレイアウトは、記事の精読率やSEO(Search Engine Optimization=検索エンジン最適化)対策」などに大きな影響を与えるからです。ここでは、そんなレイアウトについて詳しく説明していきます。記事作成代行への依頼を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

見出しの文言に凝ってくれるか

見出しの文言は、記事の精読率およびSEO対策などに大きな影響を与えます。

記事の精読率

見出しの文言は、本文に比べて大きなフォントを使用しており、目立つ箇所です。そんな見出しの文言に凝ることで、ユーザーに以降の本文を読みたいという気持ちにさせます。

また見出しには、本文の内容を端的にまとめたものを書きます。このような見出しを使用することで、ユーザーが求めている情報がどこにあるのかをわかりやすく提示できるのです。

SEO対策

見出しは、SEO対策に大きな影響を与えます。なぜならGoogleは、見出しの種類を内容に則して使用する記事を評価する傾向にあるからです。たとえば、h1~h6まである多数の見出しを記事の内容に合わせて使用したり、h1は1記事で一度しか使用しなかったりなどです。このように見出しは、決められたルールに基づいて運用する必要があります。

適切なところで改行を行ってくれるか

PCやスマホで読まれる記事は、上から下に読み進めるものが多いという特徴があります。文章を適切なところで改行することで、ユーザーにストレスを与えない文章を提供できます。

Webには、まったく改行をしない文章があり、だれもが一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。このような文章は、多くのユーザーに読みづらさを与えて、記事は最後まで読まれずに途中で離脱されてしまいます。そのため、文章は、適切なところで改行を行う必要があるのです。具体的には、1つの段落の長さは、3行程度までにすることが望ましいです。特に最近では、スマホユーザーが増えているため、実際にスマホで適切に改行がされているのかをチェックする必要があります。

HTMLを理解しているか

記事作成代行から納品された記事は「CMS(=Contents Management System=コンテンツマネジメントシステム)」にコピー&ペーストして、公開されます。このときに納品された記事が「HTML (=HyperText Markup Language=ハイパーテキストマークアップランゲージ)」というWebページを表現する言語で書かれていれば、そのままCMSに張りつけられるのです。しかし、HTMLで書かれていない場合、クライアント側で見出しタグの「<h2></h2>」や段落を指定するタグの「<p></p>」などを追記する作業が発生します。

またクライアント側で、HTMLを理解している人がいなければ、作成代行に改めて修正依頼する必要が生じる恐れがあります。このような手間を省くため、記事作成代行に依頼するときは、HTMLで書いた記事の納品が可能かどうかを事前に確認することをおすすめします。

記事作成代行を利用するときはレイアウトまでチェックしよう

多くの人が、記事作成代行を利用するときに料金や品質、SEOの実績などをチェックします。しかし、レイアウトまでチェックしている人は、あまりいないのではないでしょうか。Webからの集客では、SEO対策に大きく関わるユーザーファーストが重要です。そんなユーザーファーストを満たすためには今回、解説したような見出しや改行などのレイアウトまで作りこむ必要があります。

レイアウトを意識することで、コンテンツライティングだけでなく、デザインによる見た目で他社との差別化が図れます。記事作成代行に依頼するときは、このような点も踏まえてライターの制作力をチェックしてみてはいかがでしょうか。

DALI編集部

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。