1. HOME
  2. コラム
  3. ライティングはキーワードが大切!記事作成代行会社の選定方法

ライティングはキーワードが大切!記事作成代行会社の選定方法

自社サービスのターゲットを検索エンジンから集客するためには、キーワード選定が重要です。ターゲットが検索するだろうと思われるキーワードで記事を作成することで、検索結果に上位表示するためです。ここでは、キーワードの重要性や選定方法について紹介していきます。

記事はキーワード選定が肝心

記事作成代行で、キーワード選定が重要な理由は、ターゲットの選別およびSEO対策です。

ターゲットの選別

自社サービスに関連するキーワードで記事を作成することで、ターゲットが選別できます。多くの検索エンジンでは、検索されるキーワードについての情報を検索結果として表示します。そのため、目的のキーワードで検索をするユーザーは、自社サービスに興味を示す可能性が高いのです。

SEO対策

検索エンジンは日々、クローラーと呼ばれる巡回プログラムが回遊しており、検索結果が常に変動しています。検索結果で、目的のキーワードを上位表示するための施策を「SEO(Search Engine Optimization):検索エンジン最適化)対策」と呼びます。

そんなSEO対策で重要な要因の1つがキーワード選定です。キーワード選定を誤ると、どんなに素晴らしい本文を書いているコンテンツ記事でも、検索結果で上位表示をすることは難しいでしょう。

以上の2つの理由から、記事はキーワード選定が肝心です。そのため、自社サービスのターゲットが検索するだろうと思われるキーワードを精査した後に、記事の作成にとりかかるようにしましょう。

キーワード選定の方法

キーワード選定の方法は、Googleのサジェストキーワード、ラッコキーワード( 旧:関連キーワードツール( 仮名・β版 ))などを利用する方法があります。

Googleのサジェストキーワード

Googleの検索ボックスにキーワードを入力すると、自動的に複合語が表示されます。このような検索ボックスに入力されたキーワードを基に、ユーザーが調べたいだろうと思われるものを提案する機能をサジェストキーワードといいます。サジェストキーワードは、実際に検索された実績を基に提案するため、多くのユーザーがリサーチする可能性が高いです。

ラッコキーワード( 旧:関連キーワードツール( 仮名・β版 ))

無料で利用できる有名なキーワード選定ツールに「ラッコキーワード( 旧:関連キーワードツール( 仮名・β版 ))」があります。

ラッコキーワードでは、Google、Bing、YouTube、Google動画、Google画像、Googleショッピングなどのサジェストキーワードを瞬時に取得できます。それぞれのサービスによって、異なるサジェストキーワードを参考にできるため、より広いユーザーにアプローチできる確率が高いです。

以上の方法で選定したキーワードを基に、メインキーワードと複合語を組み合わせて、記事タイトルおよび本文中に記述していくことで、上位表示しやすくなります。

難しかったら代行会社に依頼しよう

記事ライティングでは、自社サービスのターゲットが検索するだろうと思われるキーワードの検索結果で、上位表示をして集客を目指します。そのためには、SEO対策の知見が必要です。なぜなら、SEO対策をしないと検索結果で上位表示することが難しいからです。

しかし、なかにはSEO対策のノウハウを持ち合わせていない企業もあるでしょう。このような場合には、代行会社に記事の作成を依頼する方法がおすすめです。代行会社では、目的のキーワードの検索結果で上位表示をするため、最新のSEO対策を施した記事の作成が期待できます。またキーワード選定だけでなく、プロのライターによるユーザーに役立つコンテンツ記事が、短期間で大量に作成可能です。

代行会社を利用することで従来、記事ライティングに必要だった膨大な自社のリソースを他の業務に割けるようになるため、本業に専念できるようになります。

キーワード選定で効率的にターゲットを集客しよ

キーワード選定をすることで、検索エンジンから効率的にターゲットを集客できます。しかし、キーワード選定は、さまざまなツールの活用、ユーザーが思わずクリックしたくなるような魅力的なタイトルの決定、ユーザーに役立つ本文の作成など多くの作業が発生します。

このような作業は、膨大なリソースと専門的な知見が必要です。そのため、自社でSEO対策のノウハウを保有していない場合、独力で取り組むことは難しいので、代行会社へ依頼する方法がおすすめです。

数多くの代行会社から依頼先を選ぶポイントは、SEO対策の実績を公開していることです。SEO対策には、100%正しいといえる正解はありません。そのようななかでSEO対策の実績を公開している代行会社は、これまでのノウハウが蓄積されており、最新の動向にも対応できる可能性が高いです。

目的のキーワードの検索結果で上位表示をさせて、自社サービスの販促を目指しましょう。

DALI編集部

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。