1. HOME
  2. コラム
  3. 記事作成代行で欠かせない指示書の活用について

記事作成代行で欠かせない指示書の活用について

オウンドメディアやSNS、ブログなどのデジタルコンテンツで記事作成代行を依頼する際に欠かせないのが「指示書」です。指示書とは、いわばテキストの設計書のようなもの。どのような記事を作成して欲しいのか、内容や文体など自身のイメージを明確に伝えるためには、どのような点に留意したらよいのでしょうか指示書の重要性や書き方のポイントをご紹介します。 

指示書とは何か?

指示書とは「作成したいテキストの設計書」です。発注者の意図や意向を明確に伝えライターとのコミュニケーションを円滑にするうえで欠かせないものです 

記事作成の代行を依頼する場合、クライアントの指示を業者やライターがそれぞれのフィルターを通して把握するため、双方間で認識に多少のズレが生じるのは否めない部分もあります。そのリスクを少しでも軽減して認識のギャップを埋めるためにも、指示書はとても重要です 

指示書が曖昧であるために、クライアント側からすれば「納品記事がイメージと違う」、ライター側からすれば「指示が曖昧で方向性が見えづらい」といった問題点が生じることは少なくありません。では、指示書を有効活用するにはどうしたらいのでしょうか。 

よい指示書を作成するために

ライターに明確に自分の意志を伝えイメージ通りの記事を作成してもらうよい指示書」を作成するために記載るべき項目を紹介します。 

1記事の作成意図ターゲット層の提示ユーザーニーズ分析 

(例) 

ターゲット層→転職を考えている20~30代の男女(“転職”のため学生を除く社会人 

記事の作成意図→ターゲット層に有用な転職情報提供して自社の転職エージェンシシーサイトに誘導 

ユーザーニーズ→転職の際の面接で好印象を与えるポイントなど 

2.KW(キーワード)、サジェストKWの指定 

SEO対策で検索上位に表示させるためのKWサジェスト(関連)KWの記載 

3.参考URLや関連データ 

4.文体(語尾など)や文字数、体裁(見出しと本文の表記ルールなど)の指示 

以上のような項目を記載ライターにイメージや方向性が明確に伝わる指示書を作成しましょう。 

指示書の重要性

冒頭で「指示書はテキストの設計書」と述べたように、指示書記事クオリティを左右する重要な存在です。ライターは指示書を元に記事を作成しますので、指示書の内容が曖昧情報不十分場合はそれが記事にも反映されてしまいます。その結果記事を読んでいる側も「何が言いたいのか」「誰に向けて発信しているのか」「落としどころはどこなのか」がよくわからず途中で離脱してしまうかもしれません 

指示書で「記事の目的やターゲット」「盛り込みたいKWや文体のトーン」などが明確に提示されていれば、ライターもブレることなくそれに則したテキストを作成することができます。指示書が記事の質を左右する」と心得て、い指示書を作成しましょう。 

指示書に作成記事のイメージを落とし込む

万が一ライターから納品された記事「イメージが違う」「本当に書いて欲しいことに触れられていない」という場合は、大幅な修正が必要となりその分多くの時間を要してしまいます。 

また、改めてライターに指示をし直すという労力もストレスになるでしょう。ライターは、指示書を元に文章を作成します。情報量が少ないとその情報から文章を膨らませていくしかなく、書いていてもテキストの方向性を見いだしにくくなります。 

せっかくお金を払って代行業者に記事作成を依頼するのであれば、自分のイメージや目的をきちんと再現したクオリティの高い記事を作成してもらう“布石”が必要です。そのためには、わかりやすく“情報の濃度が高い”指示書を作成し、それを元に代行業者やライターと十分なコミュニケーションを重ねていくことが大切です。必要な情報を盛り込んだうえで作成記事のイメージを明確に落とし込むことが、満足度の高い記事作成につながるといえるでしょう。 

DALI編集部

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。