1. HOME
  2. コラム
  3. 記事作成代行業者に依頼した時の流れは?

記事作成代行業者に依頼した時の流れは?

今や多くの人が利用している記事作成代行業者。自社のオウンドメディアやHP、ブログ、SNSなどに掲載する記事やコンテンツ作成を外注するケースは近年増加傾向にあります。外注依頼を検討しているけれど作業の流れや必要な事前準備がよくわからない、と不安に思っている方もいるかもしれません。記事作成を外注した際の業務フローや事前準備の注意点について解説します。 

記事作成代行をする前にあらかじめフローを確認しておく

コンテンツ作成や記事のライティングを記事作成代行業者に依頼する場合、事前に一般的な作業の流れについて確認しておくことをおすすめします 

業務フローを把握しておくことで依頼から納期までの期間を逆算して無理のないスケジュール立てることができます外注社員の作業フィールドが明確になることで社員の業務軽減を見越し社内リソース有効活用することができますまた、業務フローが頭に入っていれば依頼前の事前準備代行業者との打ち合わせもスムーズに進みます。 

では、記事作成業務を外注した場合の仕事の流れはどのようになっているのでしょうか?記事作成代行を依頼した際の一般的な業務フローについて次項で解説します。 

依頼の際のフロー

では実際に業務を依頼した場合の流れについて解説します。 

1.代行業者との打ち合わせ。 

このステップは非常に重要です。記事作成の目的や読者層のターゲットなどを明確に提示することが、有益で効果的な記事作成につながるからです。 

2.企画案・骨子作成 

打ち合わせを元に、代行業者が企画案と骨子を作成します。GOサインを出す前のこの段階で、両がコンセプトの設定やレギュレーションなどをきちんと共有しておくことが大切です 

3.記事の作成、校正、修正 

記事作成代行業者のライターが執筆した記事をチェックします。必要に応じて修正依頼を行い、ライターがそれに対応します。上記の12のステップがきちんと踏めていないとここで大幅な修正が生じる可能性があるので注意しましょう 

4.納品 

校正と修正が全て終われば納品となります。 

依頼の際に用意しておきたいもの

代行業者にコンテンツ作成やライティングなどを依頼する際には、事前に以下のような準備をしておくと打ち合わせやその後の業務フローがスムーズになります。 

・発信媒体の明確化(ブログ記事、SNS、企業のオウンドメディアなど) 

・ターゲット層とユーザーニーズの分析(誰に向けて発信するのか、ターゲットはどんな情報を求めているのかなど 

・記事作成のルール(文体表記の統一、文字数NGワードの設定など) 

・上記に基づいた指示書の作成(文書化することで情報が明確になり共有しやすくなる) 

記事作成を依頼する場合は、のような事前準備入念にしておくと良いでしょう。代行業者やライターとのコミュニケーションが潤滑になり納品記事の品質の向上にもつながります。 

利用目的を明確にして代行作成業者を有効活用 

記事代行作成を依頼する目的はあくまでもマーケティングです。「マーケティングで収益を上げる」という結果に結びつく記事やコンテンツを作成するためには、依頼前に発注者側がターゲット層やユーザーニーズなどを明確に把握・分析しておくことが重要になります依頼の際に利用目的を明確に伝えることができれば、代行業者も目的に則した記事の作成がしやすくなるからです 

また、デジタルマーケティングにおいてはどの媒体で情報を発信するかによって戦略が異なってきます。SNSなのか企業サイトなのか個人ブログなのかメルマガなのか発信媒体によって適正な文章のトーンや文字数も変わってくるため、そういったノウハウがないとなかなかツボを押さえたライティングをするのは難し方向性がブレてしまう可能性もあります記事作成代行業者を利用すればそういった問題クリアすることができますので、デジタルマーケティングについて悩みを抱えている方はぜひ記事作成代行を依頼してみてはいかがでしょうか。 

DALI編集部

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。