1. HOME
  2. コラム
  3. 取材記事は代行業者に任せることができる?

取材記事は代行業者に任せることができる?

現在、オウンドメディアの記事制作やコンテンツ作成記事作成代行業者に依頼するケースは非常に一般的になっていますが、「取材記事の場合でも代行業者に依頼できるのか?」とお考えの方も多いのではないでしょうか。この記事では、記事作成代行業者に取材記事の作成を依頼することが可能なのか、可能な場合どのようなメリットがあるのかなどについてご紹介します。 

取材記事も代行業者に任せることができるのか?

取材記事でも、代行業者に作成を依頼することは可能です。代行業者にはさまざまな分野を得意とするライターが在籍しており、クライアントの依頼内容に応じて適任のライターに業務を依頼します。当然、取材やインタビューの経験が豊富なライターも在籍しているため、取材記事の制作も任せることができます 

代行業者に取材記事を依頼する際は、以下のような業務フローが一般的です。 

1.発注・ヒアリング 

作成したい記事やコンテンツの内容を業者に伝えます。取材先や取材対象、記事作成の狙いなど詳しいイメージや納期を含めた制作スケジュールを伝えます。 

2.取材・インタビュー 

ヒアリングを元に代行業者がインタビューシートを作成し、取材を行います。日時を含めた取材の事前セッティングなどはクライアント側が行っても構いませんが、代行業者に依頼することも可能です。 

 3.記事執筆・校正 

取材データを元にライターが執筆した原稿をクライアントがチェック。必要に応じて修正をし、校了後納品となります。 

取材記事を依頼する際のメリット

取材記事を代行業者に依頼することには、多くのメリットがあります。 

第一に、取材のアポ取りや取材場所のセッティング、撮影、現場でのディレクションから記事執筆といったプロセスをすべて丸投げで任せられるため、取材に関するノウハウがなくても安心できる点が挙げられます。取材に不慣れなスタッフの場合、アポ取りや許可取りの勝手がわからず事前の申請に不備があったり、現場での段取りが悪くて取材がスムーズに進まなかったり、ということも珍しくありません。その点、経験豊富なスタッフに業務を委ねればそういったリスクを回避することができます。また、取材の申し込みから取材、記事執筆といった手間のかかる業務プロセスを外注することで、並行して社内で別の業務を進めることができるため業務効率の点でも有益です。 

そしてなんといっても、プロのライター記事執筆することでクオリティの高い記事を作成することができます。このように、取材記事を代行業者に依頼することには多くのメリットがあるのです。 

取材記事を依頼する際の注意点

取材記事を代行業者に依頼する場合は、以下のようなことに注意しましょう。 

事前の打ち合わせを入念に行う 

まずは、作成したい記事のイメージや狙いを明確に伝えることが大切です。 

取材で押さえておきたいポイント、記事作成の目的、記事のトーン、納期までのスケジュールなどを代行業者ときちんと共有しておきましょう。撮影が必要な場合は、どのような写真がどの程度欲しいのか、レイアウトや掲載ページのイメージなども交えつつ、最終的な絵作りまで想定しながら打ち合わせをすると良いでしょう。 

記事の校正やチェックは入念に 

自社で原稿の文章や内容を確認するのはもちろんですが、取材記事の場合店舗なり施設なり人物なり取材の対象があるわけです。もちろん代行業者の方で先方へのチェックもお願いするはずですが、掲載前にはきちんと取材先からOKをもらったことを確認するよう心に留めておきましょう。 

取材記事は専門の代行業者に依頼するのがおすすめ

以上のように、取材記事も記事作成代行業者に依頼することが可能です。 

取材経験が豊富なスタッフや文章を書くのが得意なスタッフがいる場合は自社で取材記事を作成しても良いかもしれませんが、そのような業務に特化した企業でない限り取材や記事執筆に精通した社員がいるケースは少ないでしょう。そういった場合は、やはりプロフェッショナルである代行業者に依頼するのが色々な意味で安心といえます 

先述したように代行業者に記事作成を依頼することにはさまざまなメリットがありますし、時間や人件費を節約するという点でも会社にとっては有益です。社員の労働力や業務時間を有効活用しつつクオリティの高い記事が仕上がるわけですから、取材記事の作成が必要な場合は専門の代行業者を利用してみてはいかがでしょうか。 

ネット社会では、オウンドメディアのコンテンツや記事の“質”にこだわることが他者との差別化にもつながります。プロの手を借りてその点に注力するのもまた一考ではないでしょうか。 

DALI編集部

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。