1. HOME
  2. コラム
  3. 記事作成代行を英語で頼みたいときはどうする?

記事作成代行を英語で頼みたいときはどうする?

メディアを運営していて、英語で記事を作成したくなるときはありませんか。例えば外国人向けの日本の観光記事など、英語を用いた方が効果的な記事は多くあります。しかし、自分にその知識がなければ、英語で記事を作成することは難しいでしょう。

専門のサービスを使えば、記事作成代行を英語で依頼できます。今回は英語の記事作成代行について解説します。

英語の記事も外注できる

導入でもみてきたように、自分で英語のライティングができればそれで良いのですが、そうではない方も多いでしょう。そこでおすすめなのが、英語の記事を外注するという方法です。

例えばSEOの観点から考えてみると、検索エンジンで上位表示されるためには、コンテンツの質を高める必要があります。Googleのアルゴリズムも年々進化しており、しっかりとユーザーの役に立っているコンテンツが優遇される傾向になっています。

そうなると、やはり専門のライター(業者)に委託するのが一番手っ取り早い方法になるでしょう。もちろん日本にいながら英語の記事を外注でき、メディアが育てば、海外からの安定した集客を見込めます。

英語記事のSEOポイント

日本語のSEOコンテンツと同じく、英語で記事を書く場合にも、様々なチェックポイントがあります。このように、多言語にわたってSEOコンテンツを作成する場合は、言語ごとに独自のURLを設定しておくことがおすすめです。

また、そのURLもSEOを意識したものになっている必要があります。URLはなるべくコンテンツにふさわしいものにし、さらにはドメインを必ず統一するようにしましょう。

それから、キーワードは直訳せず、必ず現地の市場を確かめながら選定することも重要です。そこからもわかるように英文法や単語のチェックも欠かさないようにしましょう。言語切り替えリンクをわかりやすい位置に設置しておくとなお親切です。

そして日本語のSEOコンテンツと同じようにタイトルやメタディスクリプション、内部リンク、重複部分のリライト、レスポンシブデザインなども徹底しましょう。

Google My Businessやウェブマスターツールの登録も、英語のSEOで一歩先に進むための重要な要素です。

対応できる会社を探すには

英語のSEOコンテンツを作る上で重要になってくるのは、対応できる会社をどのように探せば良いかということです。具体的には、何を支援してもらうのかを明確にし、対象の会社からヒアリングを行うことによって、対応する会社を探せます。

例えばSNS運用代行サービスを行っている会社は、同時に、英語でのサイト制作業務を行っている場合があります。会社によって様々なカラーがあり、初期設計のみであったり、運用部分まで任せたりすることもできます。

まずはSNS運用代行会社を検索し、十分にヒアリングを行った後は、しっかりと見積もりを行いましょう。その際、基本的な知識や相場などを知っておくことも重要です。

英語コンテンツを充実させよう

WEBコンテンツを充実させる過程で、英語記事の必要性が増してくるときがあります。英語のコンテンツ制作は、世間的にはハードルが高いと思われがちですが、外注を上手く使うことによってスムーズに進められます。

英語コンテンツのSEOは、日本語のそれ以上に気を使う必要があります。特に単語などは直訳するのではなく、現地でどのような言葉が使われているかをリサーチし、適切な文法・語法を用いて記事を書いていかなければなりません。

自分で英語のコンテンツ制作を進めても良いですが、専門のサービスに依頼することもできます。SNS運用代行会社などが英語サイト制作業務などを扱っている場合も多いので、個別に確認しつつ、自分たちにあった会社を見つけていきましょう。

外注をする際は、企業にすべてを丸投げする形にもできますし、部分的に制作を依頼することもできます。その際、必ず最低限の知識を身につけておき、相場などもしっかりと確認しておきましょう。

DALI編集部

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。