1. HOME
  2. コラム
  3. 記事作成代行を頼むと納期はどれくらい?

記事作成代行を頼むと納期はどれくらい?

自社のコンテンツを充実させるためには、良質な記事を定期的に更新することが重要です。この作業を自社で担当するとなるとかなりの負担になるので、記事作成の代行を検討している方も多いでしょう。そこで気になるのが、記事の作成にかかる期間ではないでしょうか。

この記事では「記事作成代行を頼むと、どれくらい期間がかかるの?」「短納期でも対応もらえるのか」といった疑問をお持ちの方に、記事作成にかかる期間や記事制作に必要な工程についてご紹介します。

納期や納品方法について

記事作成代行を請け負う代行業者によって記事の制作から納品までの期間はまちまちです。即日納品に対応している業者もありますが、あまりに短納期での依頼だと単価がアップする場合や、コンテンツのクオリティーが担保されない場合もあります。

例えばブログ記事を作成する場合、お客様からヒアリングした内容を踏まえた上で、執筆に適した必要な専門知識を備えた担当ライターを選定し、コンテンツ制作にあたります。

ライターによる記事の作成が完了してもそれで終わりではなく、 ありません。誤字脱字・コピペチェックから、記事内容がレギュレーションと一致しているか、参考元やエビデンス、商標など依頼内容に即した納品物としてライティングされているかをチェックする校正・編集作業。責任者の目視よる文章のクオリティーチェックを経て、初めて納品という運びになります。

納品については、Word納品やCMSやExcel納品など、依頼内容に合わせて納品形式を変更して対応している会社もあります。

どういった作業をしていくの?

外注で記事作成を依頼する際に、作業の内容がわからないと不安になる方も多いのではないでしょうか。良質なコンテンツを制作するために、代行会社では、次のような工程を踏んでいる場合が多いです。

<事前のリサーチ>

良質な記事の作成はリサーチが8割といっても過言ではありません。リサーチの調査レベルは代行するパートナー会社によってさまざまですが、国内はもちろん、海外の論文や文献も含めて多角的に調査・分析し、読者のニーズを抽出することを徹底して行う代行会社もあります。商品のPRや広告記事の場合は、該当商品の研究からライバル企業の製品までリサーチもします。

<適切なキーワードや共起語の配置>

ユーザー目線に立ったコンテンツを制作するために、タイトルや各見出しには、関連キーワードや共起語を盛り込み、本文にもバランスよく配置して執筆することが必要です。事前のリサーチとライターの知見を融合することで、読み応えのあるオリジナル記事を仕上げることができます。

<社内編集>

ライターから納品された記事に対して、ツールおよび目視でコピペ、誤字脱字、誤用、表記ルール等のチェックを行うのは一般的な記事代行会社ならもちろんですが、レギュレーションに沿った内容になっているか、エビデンスや参考元に問題がないかなども細かくチェックします。必要な記事については、品質確保を担保するために責任者によるチェックも怠りません。

記事作成代行は、納期・品質・コストのバランスが重要

記事作成代行を依頼するのであれば、希望納期から逆算して余裕を持ってスケジュールを組んでおくと安心です。良質な記事を作成するには、それ相応のプロセスを踏む必要があります。

「スピードが速い=クオリティーが低い」とは限りませんが、短納期を重視するあまり、大事な工程が省かれている可能性もなきにしもあらずです。また、納期を短くするとコストが高くつく場合もあります。

弊社では、納品まで約1週間という限られた期間の中で、記事作成前のヒアリングから、記事の構成、ライティング、コピペチェック・校正、クオリティーチェックまで、すべて対応しています。この工程を自社ですべて実践するとなると膨大な時間を要するでしょう。

お急ぎの場合も全力でサポートしていますので、記事作成でお困りの際はぜひご相談ください。

DALI編集部

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。