1. HOME
  2. コラム
  3. コンテンツSEOって何?

コンテンツSEOって何?

ブログなどの記事が検索結果で上位表示されることは、コンテンツマーケティングとして非常に有効です。ある企業が自社サイトを調査したところ、検索結果がアップすることでアクセス数が900%も増加したといいます。この秘訣はコンテンツSEOにあります。

この記事では、コンテンツSEOのメリットやデメリット、コンテンツSEOを行うための記事のライティング方法などについて解説します。

コンテンツSEOとは?

コンテンツSEOとは、検索ユーザーにとって有益な情報を掲載したブログなどの記事(コンテンツ)を制作し、SEO(検索エンジン最適化)評価を高めて検索結果に上位表示させることです。Webサイトへの集客を狙う目的で行われます。

検索エンジン世界最大手のGoogleは、ユーザーファーストを理念に掲げていて、頻繁に検索アルゴリズムをアップデートしてきました。過去には「キーワードをとにかく詰め込む」、「意図的に被リンクを増やす」といった「ブラックハット」と呼ばれるSEO手法が効果を得られる時代もありましたが、現在ではむしろ評価を下げる手法とされています。

検索結果に上位表示させたいのであれば、Googleの理念を理解した上でコンテンツを制作しなければ、その他のどんな手法も効果を出すことはないとまで言われているほど、コンテンツSEOは重視されているのです。

コンテンツSEOでは、ロングテールキーワードだけではなくビッグキーワードに対しても幅広く施策を施すことができます。また、ユーザー目線にたった有益な情報を提供していけば、各コンテンツの評価が高まり、さらにテーマ性を持たせてサイト運営をすればサイト全体の評価も高まるため、検索結果に上位表示されやすくなると言われています。

とにかく質の高いコンテンツを作成してサイトに投入することに集中することです。

コンテンツSEOのメリット・デメリット

コンテンツSEOを意識した記事作成は、検索結果上位を狙えるという点以外にもメリットがあります。

メリット

・費用がかからない
広告などと異なり、コンテンツSEOは知識と時間さえかければ費用をかけずに検索結果上位に表示できます。

・サイトアクセス数が安定しやすい
コンテンツSEOでは、ビッグキーワード以外にもニッチなキーワードや複合キーワードなど、狙えるキーワードの幅が広く、何らかのキーワードで上位表示させることは難しくありません。そのため、複数のキーワードで上位表示されるようになれば、そのうちの1つのキーワードで上位表示されなくなったとしても、サイト全体のアクセス数への影響度は低くなるため、安定しやすくなります。

・サイトの資産化ができる
コンテンツSEOは行った施策が全てサイトに蓄積されていくので、広告のようにその場限りの効果ではなく、継続的に集客効果を得ることができる資産となります。

コンテンツSEOはコンテンツ作成の上で必須ではありますが、デメリットもあります。

デメリット

・効果を得られるまで時間がかかる
コンテンツSEOでは、施策を行ってからGoogleに評価をしてもらうまでにはある程度の期間を見込んでおく必要があります。一般的には、数ヵ月から1年程度は期間が必要と言われています。

・定期的なメンテナンスが必要
記事は公開すれば後は待つだけ、というわけにはいきません。検索結果は日々変動しており、新しいサイトも次々と生まれています。そのため、狙ったキーワードで常に上位表示させておくためには、他のライバルよりもユーザーにとって有益な情報であり続ける必要があります。定期的に最新の情報に書き換えたり、追記したりするなどのメンテナンスが必要です。

コンテンツSEOを意識したブログ・記事の書き方

コンテンツSEOを行うには具体的にどのようなことに気を付ければいいのでしょうか?最低限これだけは必要というポイントを説明していきます。

・ペルソナを設定する
Googleはユーザーを第一にしていることは既に説明しました。検索ユーザーが求める情報を提供するためには、ペルソナの設定は最も重要です。たとえば、「○○駅 レストラン おすすめ」と検索した場合に、男性なのか女性なのか、世代によってもおすすめできるお店は異なってきます。そのように、ペルソナによって伝えるべき情報が変わってくるため、最初に設定を行いましょう。

・ユーザーの検索意図を意識する
検索ユーザーがどのような情報を求めているのかを理解し、コンテンツに盛り込んでいくことはGoogleの理念にマッチしています。対象キーワードで上位表示されているコンテンツを確認し、ペルソナの検索意図を把握するようにしましょう。

・オリジナリティを高める
Googleはオリジナリティの低いコンテンツを低品質とみなします。反対に言えば、オリジナリティが高ければ評価され検索結果上位に表示されやすくなります。その人だけが知っている固有の情報や、独自の経験や体験などはユーザーにとっても非常に有益です。ただ単にリサーチした情報をコンテンツにまとめても、オリジナリティは高まりません。独自の視点や経験を活かしたコンテンツ作りをしていくようにしましょう。

・専門性を高める
似たような情報を発信しているコンテンツがあったとして、専門家の発信する情報の方が信頼できると感じる人は多いです。そのため、コンテンツ単位ではなく、サイト全体でテーマの統一性を持たせて専門性を高めていくようにしましょう。

この他にも、ユーザーに分かりやすい文章構成や、理解を助ける画像を入れるなど気をつけるべき点はありますが、まずはどのようなユーザーのために何を伝えるのかをしっかりと考え、コンテンツに入れていくことが重要です。

難しい場合は外注するのも有効

専門性の高いオリジナリティあふれるコンテンツをライティングするには、知識だけではなく時間や労力も必要とします。サイト全体の専門性を高めつつGoogleに評価されるためには、ある程度の記事数も必要になります。そのため、コツコツと自分で作成していては結果が出るまでのスピードに満足できないこともありますし、そうこうしているうちに作成したコンテンツの情報が古くなってしまう可能性もあります。

そこで、自分に知識が足りない場合やスピード感を求めるのであれば、コンテンツSEOの得意なライターに記事作成を外注してしまうのも有効です。外注化すれば、コンテンツSEOを意識した記事の量産が可能になることはもちろん、ライターや代行業者によっては記事の企画構成から依頼することができるため、自分はディレクションやチェックに注力することができるようになります。

コンテンツSEOは必須!記事作成代行も活用して効率的に

ブログなどを使ってマーケティングを行うのであれば、コンテンツSEOは必須です。もしこれから取り組もうと言う場合には、Googleの理念を理解し、コンテンツの内容に反映するようにしましょう。Googleの検索アルゴリズムは頻繁にアップデートされますが、ユーザーファーストである点については一貫性があります。想定したペルソナの検索意図をくみ取り、十分な情報を提供することを心がけましょう。

誤字脱字や文法の間違いなど、基本的な文章作成スキルは最低限必要ですが、その他にもユーザー目線で有益な情報かどうか、そしてオリジナリティはあるか、専門性の高いサイトになっているかどうかを意識し、公開したコンテンツに情報を追記するなど、メンテナンスをしていきましょう。

記事作成の代行業者に依頼することも有効です。コンテンツSEOの知識があり、ペルソナ設定から記事の企画構成まで行ってもらえる場合もあります。費用はかかりますが、その分Googleの評価を早く得られるようになる可能性もあるため、上手に活用してはいかがでしょうか。

DALI編集部

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。