1. HOME
  2. コラム
  3. コラム記事は作成したほうがよい?記事作成のすすめ

コラム記事は作成したほうがよい?記事作成のすすめ

企業経営にとってWEBマーケティングの重要性が増しています。実際、多くの企業がユーザーへの情報発信を目的にしたコンテンツマーケティングに取り組んでいます。そんなコンテンツマーケティングでは、コラム記事が重要です。そこで今回は、コラム記事の特徴や作成するメリットなどについて紹介していきます。

コラム記事は作ったほうがよい?

コラム記事を作るメリットは、自社のブランド力向上および広告費削減などです。

コラム記事の特徴とは?

コンテンツマーケティングで用いるコラム記事は、根拠に基づいて論理的に書かれた文章という特徴があります。

自社のブランド力向上

コラム記事を作るメリットに自社のブランド力向上があります。検索エンジンから集客したユーザーは、自社保有メディア(=オウンドメディア)に掲載しているコラム記事を読むことで、有益な情報を提供している企業だと認識し、信頼を寄せます。

広告費削減

コラム記事を作るメリットに広告費の削減があります。コラム記事を掲載したオウンドメディアに検索エンジンから無料で集客できるようになれば、有料の広告を使用する必要はありません。オウンドメディアに集客したユーザーに、無料で自社の新商品やサービスなどをセールスできます。

またコラム記事は資産として残り続けます。そのため、単発の有料広告とは異なり、無料で継続してオウンドメディアへ集客することが期待できます。

コラム記事作成の手順

コラム記事作成では、リサーチおよび根拠に基づいた論理的なライティングが重要です。

リサーチ

リサーチでは、検索エンジンからアクセスを集めるため、目的のキーワードに関する情報を調べます。ここで大切なことは、信頼できる情報を参照することです。

インターネット上では、誤った情報や古い情報がよく見られます。しかし、このような情報を基に作成したコラム記事をオウンドメディアに掲載してしまうと、企業のブランドを著しく傷つけてしまう恐れがあります。そのため、信頼できる情報を正確にリサーチすることが大切です。

ライティング

ライティングでは、リサーチで集めた情報を基に論理的に書きます。有名な論理的な文章の書き方に「prep法」があります。prep法では「point:結論」「reason:理由」「example:具体例」「point:結論」という順番に書くことで、読者が読みやすい論理的な文章を作成できます。

また読者がストレスなく読む工夫も大切です。難しい漢字や表現をなるべく避けたり、ひらがなやカタカナ、漢字などが連続する場合には、読者が読みやすい形で書いたりする必要があります。

推敲

記事を書き終えた後は、必ず推敲をしましょう。推敲をすることで、誤字や脱字、書いているときには気づかなかった文章の違和感を見つけられます。

コラム記事の作成代行がおすすめ

コラム記事の作成代行を利用するメリットは、社外リソースが利用できる、専門知識を有したライティング力の高い記事が作成できる、SEO対策ができることです。

社外リソースが利用できる

コラム記事作成はリサーチ、ライティング、推敲などの作業が必要です。そのため、自社でコラム記事を作成する専門部署がない場合、リソースの確保が難しいでしょう。しかし、作成代行を利用すれば、社外のリソースを利用して、大量のコラム記事の作成が可能です。

専門知識を有したライティング力の高い記事が作成できる

作成代行業者は、専門知識を有したライティング力の高いプロのライターを多数、抱えています。そのため、専門知識が問われるコラム記事を一定水準以上のライティング力で作成できます。

SEO対策ができる

コンテンツマーケティングでは、検索エンジンからの集客が重要です。このような検索エンジンからの集客対策は「SEO(=Search Engine Optimization)」と呼ばれています。SEOは日々、変化しているため、常に最新の取り組みが必要です。作成代行を利用すれは、最先端のSEOを踏まえた記事が作成できます。

コラム記事の作成はプロにお任せ

これからはじめてコンテンツマーケティングに取り組みたいと考えているのでしたら、まずはコラム記事の作成代行を利用することをおすすめします。今回の記事で紹介したように、コラム記事の作成はリソースの確保およびライティング力、SEO対策など専門スキルが必要です。

既に自社でコンテンツマーケティングの専門部署を保有している企業でしたら、自前で取り組めるでしょう。しかし、そうでない場合はライターの確保、進捗管理、ファクトチェック、記事編集などの業務をすべて自前で取り組む必要があります。

このような工程を1から取り組むことは、多くの社内リソースが必要であり、本業に悪影響を及ぼしかねません。そのため、作成代行で一気通貫の工程管理を依頼して、納期内に高品質の記事を手に入れることで、コンテンツマーケティングの成功が期待できます。

企業によって、コンテンツマーケティングの状況は異なります。既にコンテンツマーケティングに取り組んでいるが、思うように結果が出せていなかったり、新規事業として検討中だったりなどさまざまです。このような各企業の状況を踏まえたうえで、料金や納期、コラム記事の納品実績などを鑑みて、それぞれに合った適切な作成代行業者に依頼して目的を達成しましょう。

DALI編集部

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。