1. HOME
  2. コラム
  3. BtoB向けの記事を記事作成代行するなら?

BtoB向けの記事を記事作成代行するなら?

Business to Business、つまり企業向けに商品・サービスの情報を販売することをBtoBいます。BtoBのケースでも一般消費者向け(Business to CustomerBtoC)の場合と同様、ネットを活用したコンテンツマーケティングが有効です。そして質の高いコンテンツ作成のために、記事作成代行サービス利用している企業は多くあります  

そこで今回は、BtoBとコンテンツマーケティングの相性、BtoBコンテンツマーケティングのデメリット、記事作成代行サービスの便利さなどについて、詳しく解説しましょう。 

BtoB企業と相性の良いコンテンツマーケティング

企業間取引であるBtoBと一般消費者に対するマーケティングであるBtoCとの大きな違いの1つが、購入決定までの時間です。BtoB衝動買いのような短時間での購入決定が行われません。企業が製品やサービスを自社に導入する際、会議の中で導入後に得られる効果合理的・数量的に予測され、その上で意思決定が行われます 

こうしたBtoBの場合、コンテンツマーケティングとの相性は良いとえます。Webコンテンツを通して、自社の製品やサービスについて写真映像サイト記事用いながら丁寧に説明できるだけではなく、いつでも繰り返し閲覧してもらえるからです。 

かつてBtoBというと、営業担当者が得意先に接待をしながら売り込みをかけ、訪問先で自社製品・サービスを紹介するというのが主流でした。しかしコンテンツマーケティングであれば、営業担当者が一から製品・サービスの説明をする必要はありません。 

つまり、営業担当者はWebコンテンツから得られない情報のみを得意先に伝えればよいので、労力・人手少なくて済みます顧客に売り込みをするのではなく、魅力的なコンテンツを作成して顧客を引き付けることが、BtoBにおけるコンテンツマーケティングのあり方です 

BtoBのコンテンツマーケティングのデメリット

一方で、BtoBのコンテンツマーケティングには課題もあります。その1つが専門知識を持つ社員が少ないという点です。 

企業を対象としたコンテンツ作成を行うにはサイト作成・運営に関する高度なスキル・専門知識が欠かせません。慣れていない社員が担当すると、コンテンツが軌道に乗るまで時間がかかり、効果の検証もうまくいかない可能性があります。 

対応策の1つとして、コンテンツマーケティング専属の人材を育成し、社内リソースを充実化するという方法を挙げられるでしょう。しかしその場合多大な教育・研修コストが新たに発生します。また、新規人材を雇用するという選択肢もありますが、当然ながら人件費の増加につながりますこれらの手法は、特に経営資源が限られる中小・ベンチャー企業にとって、大きな負担となるでしょう。社内対応だけで済ませるのは限界があるとえます 

記事作成代行がおすすめ

近年、多く企業がBtoBのコンテンツマーケティングを行うで、記事作成代行サービスを活用しています。なぜ記事作成代行サービスが利用されるのか、そのメリットについてご説明しましょう。 

まず、社外リソースを利用することにより、社内の人材を自社業務に専念させられるという利点があります。オウンドメディアを運営して、自社の新製品・サービスを紹介するのはもちろんのこと、日々変化する業界内の動向や最新ニュースなどを盛り込むこともアクセス数を増やすために有効です。 

しかし、それを実現するには頻繁にサイト記事の執筆・更新を行う必要があり、社内の人間だけで対応するには限界があります 

記事作成代行サービスを利用すれば、多数の新規記事を日々継続的にアップできるので、コンテンツ内の情報量を飛躍的に増やせます。社内の人的資源を割くことなく、コンテンツのクオリティを高めることができるのです。また、費用の面でも一から人材を育成する、新規に雇用をすることよりも低コストであり、利点は大きいとえます。 

BtoBのコンテンツマーケティングを成功させるなら、記事作成代行サービスの活用を!

企業間取引であるBtoBにおいては、買い手である企業は購入に際して慎重な意思決定を行うのが通例です。その場合、Webコンテンツを通して自社製品・サービスを詳しく紹介・説明できるコンテンツマーケティングは、集客力向上に役立ちます。 

しかし、コンテンツマーケティングを行うには専属に取り組む人的資源が必要であり、特に中小・ベンチャー企業の場合、社内の人員だけで対応するには限界があるのも事実です。 

社内リソースが不足している場合は、記事作成代行サービスの利用をおすすめします。低コストでクオリティの高いサイト記事を継続的に執筆してくれるので、オウンドメディアの充実化を図れるでしょう。 

DALI編集部

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。