1. HOME
  2. コラム
  3. 記事作成代行で魅力的なタイトルをどう生み出すか?

記事作成代行で魅力的なタイトルをどう生み出すか?

ミュージシャンがリリースするアルバム、ハリウッドの新作映画、さらに最新の社会情勢を伝える新聞などに必要不可欠なもの、それが「タイトル」です。同じようにインターネットの記事にも、その記事の内容にふさわしいタイトルが必要です。

ただし、タイトルにはもう1つ重要な役割があります。それはひと目で読者の注意を引くこと、つまり読者に読みたい気持ちを起こさせることです。記事作成代行で、どうすればインパクトのあるタイトルを生み出せるのか、そのポイントに迫ってみましょう。

記事の内容から連想する

一般的にタイトルは、コンテンツの内容を反映した言葉を使って、簡潔にまとめられます。反対に読者の立場からすると、タイトルからある程度中身を予想できることになります。

たとえば、近年話題になっている「仮想通貨」について記事を書くとしましょう。ターゲットは、現在仮想通貨への投資を検討中の人です。そこで「仮想通貨投資のはじめ方」とタイトルをつけました。さて、これで多くの読者が記事を読んでくれるでしょうか?

残念ながら、ここまで直接的なタイトルでは注目度ゼロです。ひねりもまったくきいていません。タイトルとは目に入った瞬間に、記事の内容を想像させつつ、読者に「おやっ」という気持ちを抱かせるものでなければなりません。

投資を検討中の人は、自分が投資を始めるきっかけを求めています。そこで今度は「過熱するマーケット、今がチャンスの仮想通貨投資」という、仮想通貨入門者の心理をくすぐるタイトルをつけてみます。だいぶタイトルっぽくなりましたが、これで決定ではありません。次のステップに進みましょう。

SEO対策とキーワードに注目する

ほとんどの読者はインターネットを検索する時に、自分のニーズを満たす記事を見つけるためキーワードを入力します。その結果表示されたサイトのタイトルを見て、通常は上位に表示されたサイトから順番に開いてみるはずです。

つまり記事のタイトルは、戦略的にキーワードを選定したうえで、SEO対策に最適なキーワードを含む必要があるのです。再び仮想通貨の例で考えてみましょう。投資を検討中ということで、「仮想通貨 始める」という2つのキーワードで検索してみると、上位のサイトには「取引所」「種類」「初心者」などのキーワードが含まれています。これらのキーワードを組み合わせて、うまくタイトルにフィットさせなければなりません。

読者の視点から再考する

ここまで、大きく2つの要素をもとにタイトルを考えてきました。しかしこのままでは、1つ欠けている要素があります。記事タイトルは、読者の視点から考えることが極めて重要なのです。

ライターからすると、記事を読んでほしいという思いから、どうしても記事の内容を反映したタイトルを作成しがちです。そこをあえて抑えながら、もう一度読者の視点で再考する必要があるわけです。

まとめ

記事のタイトルは、読者のアクセス数を左右する重要な要素です。まずは記事の内容からタイトルの方向性を決め、そこにSEO対策を盛り込み、最後に読者の視点をプラスするという3ステップで考えなければなりません。

さて、この3ステップを応用すると、「仮想通貨投資のはじめ方」という目立たないタイトルはどうなるでしょうか。これは一例ですが、「過熱する仮想通貨市場、初心者にもおすすめの取引所の選び方」のようなタイトル案ができあがります。実際にはこのようなタイトル案をいくつか並べて、そこから1つにしぼることになるでしょう。

インターネット上には、さまざまな記事があふれていて、その中から読者に選んでもらうには、記事の品質はもちろんのこと、読者の視点からも魅力的なタイトルを選ぶ必要があります。

多くの読者がアクセスするサイトを作ることは、高品質な記事と高品質なタイトルがあってはじめて可能になります。これらはすべてプロの仕事です。人気サイトを支えているのもプロの仕事、ということを分かっていただけたでしょうか?

DALI編集部

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。