1. HOME
  2. コラム
  3. 記事作成代行は、細かいところまでこだわる。

記事作成代行は、細かいところまでこだわる。

ライター

ライターはものづくりをする職人のような仕事です。よりこだわって書くことで、修正指示などが少なくなり、スムーズに納品できるようになります。記事のクオリティも高くなり、ライターとしての付加価値がアップし、より多くの仕事を獲得できるようになるかもしれません。

今回はライターの方に今日から実践していただきたい「こだわり」について解説します。

記事作成代行は、まず文章を見直す癖を身につけよう

書いた文章を見直すことなくクライアントに提出したり、サイトに公開したりするのはNG。必ず外部に出す前に一通り読んでチェックしましょう。

人間必ずミスはあります。誤字や脱字がないか、文法が間違っていないか、確認してください。ミスをそのままにして出してしまうとクライアントや読者からの信用を毀損するリスクもあります。

また、読み直すことで、より記事をブラッシュアップすることができます。わかりやすい表現に修正したり、内容を付け加えたり、書いているときには思い浮かばなかったアイディアが見直しのときに生まれるかもしれません。

できれば執筆してから少し時間をおいて、客観的に自分の文章を見直してみることをおすすめします。

文章の読みやすさを意識してみよう

文章を書く際には読みやすさを意識してみましょう。たとえば、一文を短くすることでスムーズに読めるようになり、言いたいことがより伝わりやすくなります。

「昨日はダイエットをお休みして久々にラーメンを食べて、とっても美味しかったので、ダイエットが成功したらまた食べたいと思います。」という文章があったとしましょう。一文が長すぎるので、若干読みづらく感じます。

「昨日はダイエットをお休みしました。久々にラーメンを食べて美味しいと思いました。ダイエットが成功したらまた食べたいと思いました。」と文章を区切ることで、読みやすくなります。

ただし、このままでは語尾に「た」が続いてしまいます。語尾続きは稚拙な印象を与えてしまい、リズムもあまり良くありません。

そこで「昨日はダイエットをちょっと一休み。久々のラーメンはとても美味しかったです。ダイエットが成功したら、また食べたいなと思います。」という文章に修正してみました。一文を短くし、体言止めなども駆使しながら語尾続きを解消しています。表現も少し変えることで、読みやすい文章になりました。

細かい表現や表記に気をつけよう

細かい表現や表記についてもこだわると、より完成度が高い文章を作れるようになります。よくあるのが表記の揺れ。たとえば「このりんごジャムには青森県産の林檎を使用しています。採れたてのリンゴのフレッシュ感をお楽しみください。」という文章には「りんご」というひらがな表記の他に漢字、カタカナ表記が混在するという表記の揺れが生じています。いずれかに統一したほうがスマートです。

漢字とひらがなのバランスも重要です。「新商品を発売致しましたので、是非お試し下さい」という文章は漢字が多すぎて読みづらく、硬い印象があります。「新商品を発売いたしましたので、ぜひお試しください」と書くことで読みやすくなります。

他にも「優しい」より「やさしい」、「柔らかい」より「やわらかい」というように、あえてひらがなで表記することで、より読者のイメージをふくらませることができます。

まとめ

プロのライターも人間ですので、執筆段階で誤字脱字、表記や表現、文法のミスをすることもあります。文章を読み返すことでミスを防ぎ、記事の完成度が上がり、クライアントや読者からの信頼がより高まるかもしれません。まずは自分の記事を客観的な視点で見直してみてください。

また、語尾続きや表記の揺れに気をつける、一文を短くするといった心がけで読みやすい文章になります。記事を執筆する際にはこれらのことを意識するよう癖をつけてみましょう。

冒頭でもお伝えしたように、文章を書くことはものづくりの仕事であり、ライターは職人です。いろんな表現や表記のバリエーションを身につけ、細かいことにもこだわってみましょう。ワンランクレベルアップでき、ライターという仕事がより楽しいものになるはずです。

DALI編集部

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。