1. HOME
  2. コラム
  3. 記事作成代行のライティング力を磨くために

記事作成代行のライティング力を磨くために

webメディアが発達した現在、ライティングの需要はますます高まっています。副業でもライティングは代表的なものの一つとして挙げられるでしょう。しかし、自分にはライティングの自信がないと諦めている人も多いのではないでしょうか。

実は、コツさえ掴めれば、ライティング力を磨くことは可能です。今回の記事では、ライティング力を磨くためにどのようなことをすれば良いのか、ということについて解説します。

想定読者やテーマを明確にする

執筆前の準備で一番重要になってくるのが、想定読者やテーマを明確にするということです。特にweb記事は、悩みを抱えた読者に対して回答を提示するという性格が強く、ターゲットを明確に絞っているかどうかが非常に大切になってきます。

想定読者が明確になっていれば、読者に合わせた情報をリサーチできますし、内容もわかりやすくカスタマイズできます。逆に想定読者が明確になっていなければ、断片的な情報収集にとどまり、良い記事を書くことができません。

そのためにも、テーマをなるべく絞っておく必要があります。あの話も、この話もとさまざまなものを詰め込んでしまうと、全体的に散漫な印象になってしまいます。「伝えたい読者」「伝えたいテーマ」をしっかりと最初に決めておきましょう。

「簡潔さ」の重要性

簡潔さを考えながら記事を書いてみましょう。ライティング初心者にありがちなのが、簡潔さを見失ってしまうことです。まず結論から先に書き、その根拠を書く。この単純な動きを意識するだけで、記事の印象は大きく変わっていきます。

一番良くないのが、もったいぶって結論を後回しにすることです。たとえば「睡眠の質を上げるためにはどうすれば良いのか?」と悩んでいる読者に対して、睡眠の専門家たちの研究内容を始めにダラダラと書いてはいけません。読者が欲しい情報はあくまで睡眠の質を上げる方法であって、専門家たちの研究は、その結論を補強する存在であるべきなのです。

また文章についても、なるべく簡潔に書いた方が読者に伝わりやすいです。長い文を多用すると、全体的に読みにくい記事になってしまいます。記事全体の「リズム」を気にしつつ、簡潔な文章を適度に挟んでいきましょう。

より具体的な内容へ

web記事は読者の悩みを解決するものでなければなりません。そのためにもより具体的な内容の記事を書くことを心がけましょう。

たとえば何の具体例もない抽象的な記事は、読者を満足させることはできません。具体的なケースを提示することによって、読者の想像を掻き立て、スムーズな理解を助けることができます。

また、具体的な数字を使うことも非常に有効です。もちろん情報は信頼できるかどうかが重要なので、官公庁の資料や調査機関の統計などを使って記事を補強しましょう。

まとめ

ここまでライティング力を磨くためにはどうすれば良いかについて解説してきました。ライティングと言えば執筆のノウハウばかりが注目されがちですが、記事の構成を考えている段階から勝負は始まっています。

まずは「想定読者」と「テーマ」をしっかりと絞っておきましょう。想定読者が絞れていなければ、どのような情報を収集すれば良いかがわかりません。またテーマが絞れていなければ、あれもこれもと詰め込んでしまい、まとまりのない記事になってしまいます。

次に簡潔性を見直してみましょう。結論を先に書かなかったり、長すぎる文章を多用したりするのはNGです。必ず「結論→根拠」「結論→掘り下げ」という流れを意識しましょう。

そして記事により具体性を与えることも、ライティングの重要なテクニックです。具体例を挙げてみたり、具体的な数字を用いてみたりしてみましょう。そのためにも、リサーチの段階では信頼できる情報のみ収集するようにしましょう。

DALI編集部

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。