1. HOME
  2. コラム
  3. 記事作成代行における画像選びのセンス

記事作成代行における画像選びのセンス

記事作成代行サービス

Webに限らずどんなメディアでも、文章の羅列だけでは読者に敬遠されてしまいます。しかし、文章に画像が添えられていると読みやすくなり、読者は読んでみようかという気持ちにさせられます。人気のコンテンツを作成するためには、文章力も大切ですが、画像を選ぶセンスも重要になってきます。センスと言っても、あまり尖ったセンスは必要ありません。多くの読者に受け入れられるセンスが大事なのです。ここでは、読者に好かれるための画像選びのセンスについてご紹介していきます。

絵解きかフックか

文章とともに掲載する画像の目的には、「絵解き」と「フック」の二種類があります。

絵解きとは、文章を説明し補足するための画像のことです。つまり、文章の内容をひと目で分かりやすくするための画像です。例えば文章で暑い夏のことを書いていた場合、それを想い起させるような、だらだらと汗を流している人物の写真などが絵解きの画像となります。

フックとは、俗な言葉で言えば「引っかける」こと。読者に「おやっ?」と思わせて、興味を引き付けるための画像です。文章の内容とは一見関係なく見えて、それでいてどこかで文章とも関連している、読者の興味を引くような画像のことです。

Webコラムなどの場合は、読者がすぐに理解できる絵解きの画像を用いることが多くなっています。ただそこでも、フックの要素がある絵解きの画像を意識して選ぶとアピール力も増してきます。

記事制作代行では、ターゲット読者を考える

コンテンツには、「誰に」伝えたいのか、ターゲット読者が必ず設定されています。画像選びでは、このターゲット読者を意識することが大切です。

単純な話ですが、男性が読者の中心であれば、女性の笑顔などの画像が喜ばれます。また、ペット好きが読んでいるメディアであれば、可愛い犬や猫の写真が読者の目を引きます。グルメサイトでは、やはり美味しそうに盛りつけられた料理の写真に視線が集まります。

そのメディアが、B to CなのかB to Bなのかでも、画像選びの基準は違ってきます。B to Cであれば、理屈抜きに心地よい画像が好まれます。B to Bでは、ロジカルな文章が多く、画像選びは少し難しくなります。その業界の人に共感を持っていただけそうな画像を探し出すことが重要です。

明るくポジティブな画像

文章は、センテンスをすべて読まなければ意味が伝わりません。しかし、画像は見た瞬間に言いたいことが伝わります。それだけに、第一印象が大切です。ひと目見て、好感を持たれる画像でなくてはなりません。見た人の気持ちを楽しくさせてくれる画像、明るいトーンの画像を選んでいくことが肝心です。

かつて頭痛薬の広告で、頭痛に悩まされている時の顔と、薬を飲んでスッキリした時の顔を並べたものがありました。BeforeとAfterです。ところが、頭痛に悩まされている顔が不快だと消費者からクレームが入ってしまいました。意味は伝わっていたとしても、見た目が不快だったのです。見た人を不快にさせない、暗い気持ちにさせない。楽しい、ポジティブな画像を選ぶことも大事です。

まとめ

画像は、人の感情を刺激します。人の感情には、「喜怒哀楽」がありますが、この中で「怒」や「哀」の感情を刺激する画像はコンテンツとして使うには適していません。基本的には、「喜び」や「楽しさ」を象徴する表現が大事です。読者に好まれる画像を選ぶ時には、まずはこの点を考慮する必要があります。

人の笑顔や子供の可愛いしぐさ、ペットや料理の写真であれば、ストレートに「喜び」や「楽しさ」が伝わります。人を楽しくさせるためには、時としてユーモラスな画像も効果があります。

日頃から自分が心地よい、気持ちよい、楽しくなる写真をチェックしておくと、画像選びのセンスも磨かれてきます。サムネイル画像で良いので、自分なりのフォトストックを作っておけば、きっと画像選びに役立つでしょう。

難しく考えずに、ご自分の感情に素直に従うことが読者に好まれる画像選びの第一歩です。

DALI編集部

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。