1. HOME
  2. コラム
  3. 記事作成代行に必要な好奇心

記事作成代行に必要な好奇心

翻訳サービス

webライティングでは、必要な資格があるわけではありません。しかしライターとして「好奇心」は必要な要素です。自分の得意とする分野以外にも、さまざまな業種や分野について執筆することもあり、ライターの好奇心が記事の質に大きく関わります。

なぜライターに好奇心が必要なのか、必要な好奇心はどのようなことなのかについてお話しします。

記事の良し悪しは、ライターの好奇心で決まる

読者にとって「読みたくなる記事」とは、知らなかった情報が書かれている、ワクワク感がつまったものです。インパクトはもちろん大事ですが、中身がなければ途中で読むのをやめてしまうでしょう。

読みたくなる記事を作り上げるには、読者のニーズに沿った情報提供をする必要があります。そしてどのジャンルの記事においても、いかに読者が分かりやすく、興味を持ってくれるかという点を意識しなければなりません。読者の知りたい情報を提供したりや疑問を解決したりするためには、ライター自身も日頃からさまざまなことに目を向け、「見たい」「知りたい」といった好奇心を持つことが大切です。

好奇心と情報収集

記事作成代行では、ライターに自分の経験とは無関係な異業種や異分野のテーマでの執筆依頼が来ます。好奇心が旺盛なライターであれば、たとえ専門的な知識がなくても必要な情報を積極的に収集するでしょう。興味の幅が広ければ、リサーチしたデータも豊富になり文章に膨らみが出ます。また、ライター自身が「知りたい」という欲求をもって深く追求することは、読者が求めている、伝わりやすい表現につながります。精通していない分野にも興味をもち、その情報収集ができる人は、あらゆる分野に対応できる、読者に寄り添えるライターになれるでしょう。

キーワード

Opened book with flying letters on concrete background

webライティングで役立つポイント

 たとえば物やサービスを紹介する記事を執筆する場合、読者が手に取ってみたい、試してみたいと思うような文章を意識しなければなりません。そのためには、日頃から身の回りの商品やサービスに対して、「どんな商品なのか」「どんな効果あるのか」などと興味や関心を持つことが大切です。ときには自分で試してみるのもいいでしょう。そうすることで、読者の視点に立った、共感を得やすい記事につながります。

次に、インタビュー記事を書く場合を考えます。「これについて知りたい」と読者が考える視点で記事を展開する必要があります。世間が注目している話題はもちろんのこと、取材相手やその業界についても関心を寄せ、その魅力や情報を読者目線で書かなければなりません。対象となる人物やテーマに対しての好奇心が強ければ強いほど綿密な取材になり、読者を惹きつける内容の濃い記事が出来上がります。

また、疑問解決記事の場合、読者は検索キーワードを入力して情報を探します。検索上位に表示されるような記事にするためには、多くの人が関心をもつキーワードを意識して調査、執筆することが重要になります。どんな目的で検索しているのか、どんな情報を求めているのか、まずは読者のニーズを知ることから始めましょう。

まとめ

ライティングをするためのポイントをお話ししましたが、すべてに共通するのはやはり「好奇心」です。

 ライターがどのジャンルにもいかに好奇心旺盛で、相手に伝えたい気持ちをもって臨めるかで、その記事が魅力ある内容になるかが決まります。記事の良し悪しはライターの好奇心次第で決まるといっても過言ではありません。

ライターには文章力や構成力も大事ですが、読者が興味を持って読み進めてもらえるような視点が大切です。そのためにもいつもアンテナを張り、いろいろな角度から新しい切り口を見つけるとよいでしょう。

 

 

 

DALI編集部

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。