1. HOME
  2. コラム
  3. 記事作成代行に必要なライターに必須のリサーチ力

記事作成代行に必要なライターに必須のリサーチ力

打ち合わせ

記事作成において、ライターに求められるスキルの一つに「リサーチ力」があります。ライターとして活動をしていると、専門外の記事を書く機会に出くわすことが多々あります。そこでしっかりとリサーチができるかどうかによって、ライターとしての評価が変わってきます。

現代は「複雑性」の時代であり、ひとりの人間では到底カバーできない沢山の情報で溢れかえっています。情報が沢山あり、そして情報へのアクセスが容易になっているからこそ、リサーチ力が重要になってくるのです。そこで今回の記事では、ライターに必須のリサーチ力について解説します。

1、2冊の本を読み込んで全体像を把握する

リサーチをする場合は、必ず1冊か2冊ほどの本を読み込んでおきましょう。書籍の優れている点は、そのテーマに関する内容が体系的にまとめられているという点です。テーマに関する体系的な知識を獲得することによって、全体像を把握できます。

現代はwebメディアが発達しており、ネット上でも有益な情報を得ることができます。しかしそこで得られるのは断片的な知識のみであり、テーマ全体を理解することにはつながりません。

どうしてweb記事ではなく書籍を読み込んだ方が良いかと言うと、コンテンツとしての質が違うからです。web記事が読者の悩みにピンポイントに応えるコンテンツである一方、書籍はその分野に精通した専門家が体系的にまとめたコンテンツという性格が強いです。

情報源の重要さ

記事は大まかに言えば、事実とその事実に至る根拠で構成されています。そこで重要になってくるのは、しっかりとした情報がリサーチされているか?もっと言えば、この記事の情報源はしっかりしたものか?ということです。

たとえばあなたが読者だった場合、知らない人間のブログから情報が引用されている記事を読んだらどう思うでしょうか。おそらく信憑性が足りないと考えるはずです。情報は何よりも「信頼できるかどうか」が求められるものであり、そのためにもリサーチの段階で「信頼できる情報」を集めておく必要があります。

もちろん信頼できる情報かどうかは、人によって基準が違います。ただ公的機関の統計資料や、大手調査機関などの統計データ、企業の製品ページなどは信頼に足る情報として扱うことができるでしょう。

想定読者を考えながらリサーチをする

記事は「誰のために書くか」を明確にしておく必要があります。そのためにも、想定読者を考えながら情報を集めるというのはとても重要な作業です。読者を考えずに漫然と情報を集めていると、それらをうまくまとめられずに執筆が難航することになります。

書籍を読み込むことは確かに大事なのですが、それは書籍に書いてある情報をすべて習得するという意味ではありません。あくまでも想定読者にとって役立ちそうなものをピックアップし、それらの情報を記事に落とし込むことになります。

特にweb記事は読者の疑問にピンポイントで応えるという性格が強く、いかに無駄な情報を削ぎ落とせるかが重要になってきます。

まとめ

ここまでライターに必須のリサーチ力を見ていきました。まず求められるのは、そのテーマに関する全体像を把握しておくということです。一番手っ取り早いのは、権威ある著者が執筆した書籍を、1、2冊読み込んでおくことです。

断片的な知識を得た状態では、まとまりのある記事を書くことができません。「テーマの全体像」というキーワードを強く意識してリサーチに当たりましょう。

また信頼できる情報を入手しておくというのも重要なことです。信頼できる情報と、信頼に足らない情報をしっかりと区別し、前者を中心に記事の構成を考えておきましょう。

そしてこれらの情報をリサーチする際に、想定読者をしっかりと意識しておくこともライターに求められます。漫然とリサーチするのではなく、記事の完成形をイメージしながら情報を集めていきましょう。

DALI編集部

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。