1. HOME
  2. コラム
  3. 記事作成代行における表現力の磨き方

記事作成代行における表現力の磨き方

記事作成代行サービス

記事作成代行において、ライターに求められるスキルの中でも重要になってくるのが「表現力」です。どうしても文章が単調になってしまう、誰でも書けそうな文章になってしまう、分かりやすい文章が書けない、と悩んでいる人はいませんか?

今回は、表現力を磨くためのポイントについて解説します。さまざまな観点から自分の表現力を見直してみましょう。

語彙を増やす

ライターの表現の基本ともなってくるのが語彙の広さです。たとえば世の中には類語というものが存在します。一言で言えば、似たような意味を持った言葉です。一つ例を挙げると「意外」と「案外」で、これらはほとんど同じような意味で使われます。

このようにたくさんの類語を自分の中にストックしておくと、単語の繰り返し使用を防ぐことができます。こうした語彙が多ければ多いほど、文章に一定のリズムが生まれ、読者にとって読みやすい記事になっていくのです。

語彙を増やすためには、本を読む習慣をつけたり、分からない単語を辞書で調べるクセをつけたりする必要があります。なるべくジャンルにこだわらず、さまざまな書籍を読んでみるのが大切です。自分の表現力に自信がない方は、まず語彙を増やすことを意識してみましょう。

打ち合わせイメージ

分かりやすさを追求する

表現力という言葉からはピンと来ないかもしれませんが、いかに分かりやすい文章を書けるか、も重要な要素です。そもそもウェブメディアなどの記事は、読者の悩みを解決することを主な目標としています。要するに、読者に対して分かりやすく伝達することも、ライターに求められる表現力なのです。

たとえば良くない文章の書き方として、結論を明示せずにだらだらと説明を始めるというものがあります。読者は事実や結論を知りたがるので、「事実→根拠」「結論→根拠」という展開にした方が、記事として分かりやすいものになります。

シンプルな文章が読者の理解を助ける。これは覚えておいて損はないでしょう。語彙力が重要だということは先述の通りですが、何も難しい言葉をたくさん使いこなせというわけではありません。シンプルな文章、シンプルな論理展開を心がけましょう。

「譲歩」を上手く使いこなす

慣れないうちは難しいかもしれませんが、譲歩などのテクニックを使えると、より文章の説得力が上がります。譲歩とは、対立する意見に対して一旦理解を示しつつ、自分の意見を述べるというテクニックです。

たとえば、いきなり「私はこう思う!」と声高に主張すると、相手も身構えてしまいます。そこで譲歩を使うと、「確かにあなたの意見はもっともだ、しかし私はこう思う」という流れになります。要するに譲歩とは、主張に入るまでのクッションとしての役割を果たしてくれるのです。

まず、「確かに〜」「もちろん〜」という言葉を使って、譲歩の意思を表します。その後「しかし私は〜」とつなぐことによって、スムーズに自分の主張に持っていくことが可能になります。

まとめ

ここまで表現力の磨き方について見ていきました。表現力はライティングの核となる重要な要素です。今回の記事では表現力を磨くための方法を、多方面から考察していきました。

まずは語彙についてです。語彙力が低ければ、同じ単語を繰り返して使用してしまい、散漫な記事になってしまいます。書籍を読んだり、単語を辞書で調べたりして、語彙力の改善に取り組んでいきましょう。

また、表現力とは相手に分かりやすく伝える力でもあります。そのためには余計な修飾を取り払い、シンプルな文章、シンプルな結論で書いていく必要があります。「結論→根拠」の流れをしっかりと意識しましょう。

それから譲歩などのテクニックを利用すると、より記事の説得力が上がります。色々なものを詰め込みすぎると散漫な印象になってしまいますので、シチュエーションを選んで使うようにしましょう。

 

DALI編集部

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。