1. HOME
  2. コラム
  3. 記事作成代行における取材のテクニック

記事作成代行における取材のテクニック

男性ライター

記事を書く時、コンテンツの質をより確かなものにするために、取材をすることがあります。たとえばある飲食店についての記事を書く時、公式サイトなどからの情報を転載するだけでは不十分です。店長・従業員のインタビューなど、取材をしっかりとすることによって、より温度感の伝わる記事を書くことができます。

「取材をすることになったが、具体的にどうすればいいのかわからない」という人も多いでしょう。そこで今回の記事では、取材のテクニックについて見ていきます。

取材先の情報についてあらかじめ調べておく

これは取材を行う上での基本事項になるのですが、取材を行う場合は、取材先の情報をあらかじめまとめておくことが重要です。お店であればお店の情報を、人にインタビューをするのであれば、大まかに、どのような人物か、どのような活動を行っているのかを調べておく必要があります。

お店や会社の情報を調べる時は、公式サイトはもちろん、そこに載っているブログやSNSの投稿など、細かいところのチェックまでしっかりと済ませておきましょう。まったく調べていなければ相手もそれを感じ取りますし、話も思うように広がっていきません。

そしてインタビューをする場合、事前に質問を考えておくことも必須事項です。一問一答形式にするのではなく、どのように掘り下げるかを意識しましょう。そのためにもまずはインタビューの全体像をはっきりさせておく必要があるでしょう。

雰囲気作りも忘れずに

取材の全体像などを事前に考えておくことも重要ですが、取材当日の一挙手一投足も相手に見られています。相手が快く取材に応じられるよう、できる限り良い雰囲気を作ることを忘れないようにしましょう。

たとえば最低限の身だしなみ。取材をする人が髪の毛はボサボサ、だらしない服装という有様だったら、相手側も気持ち良くインタビューに応じることができません。相手を不快にさせない、清潔感のある身だしなみを意識しましょう。

また、取材の時は、ほとんどの場合がお互い「初めまして」の状態です。最初の挨拶は丁寧に、ハキハキとした口調を心掛けましょう。相手に感じが良いと思われれば、当初想定していなかった面白い話を引き出せるかもしれません。

相手の面白い話を引き出すテクニック

取材をする目的は、コンテンツの質をより高いものにすることです。そのためには、取材をしなければ得られない情報を、相手から引き出す必要があります。そして「質問力」が重要になってくるのです。

先述のように、質問は単なる一問一答になってはいけません。なぜならそれぞれのトピックについて広く浅い情報しか得られないからです。より深い話を引き出すためには、「オープン型質問」と「クローズ型質問」を上手く使い分ける必要があります。

オープン型質問は、回答に制限があまりない質問であり、逆にクローズ型質問は回答に一定の制限を設ける質問です。相手の回答に対してオープン型質問をぶつけて会話を広げてみたり、クローズ型質問でより精度の高い情報を得たりと、質問者によって様々な工夫を施すことができます。

まとめ

ここまで取材のテクニックについて解説していきました。まず取材は、綿密な事前準備が重要になってきます。企業であれば公式サイトだけでなく、ブログやSNSなど細かいところまでしっかりと読み込んでおきましょう。

また、取材当日も気を抜くことはできません。身だしなみや挨拶、口調など心配りが必要です。相手が気持ち良く取材に応じられる雰囲気を作ることができれば、取材もスムーズに進んでいくでしょう。

そして取材によって何を得るかというのも大切です。相手の回答をさらに深く掘り下げていくことを意識し、「オープン型質問」と「クローズ型質問」を上手く使い分けていきましょう。

DALI編集部

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。