1. HOME
  2. コラム
  3. 記事作成代行で豊かな表現力を身につけるには

記事作成代行で豊かな表現力を身につけるには

メモを取る

「人は見た目が9割」などとも言われますが、いくらコンテンツがよくても、立ち止まって記事を読んでもらわないと情報は届きません。記事作成代行では、読者を惹きつけ、読まれる文章を書くためには、表現力が必要なのです。

より印象に残る書き方や魅せ方など、豊かな表現力はインプットとアウトプットを繰り返しながら、自分なりの文章を作り上げていく中で体得していきます。これは一朝一夕で身につくものではありません。

そこで今回は、表現力を磨く方法について紹介したいと思います。

多くの文章を読むこと

 学ぶことは「まねること」から始まると言います。私たちはこれまでも知らない間に、偉大な作家や先輩たちが書いたものを読んで、自分なりに解釈し、自分の想いをブレンドさせてアウトプットしています。学生時代に作文などを書いた時の経験を振り返ってみてください。それらが積み重なり今のライティング力の土台になっているはずです。もとになるインプットを増やすことは、ブレンドの材料を増やすことになりますので、数多くの書籍や記事などに目を通すようにしてください。

その際に、漫然と読むのではなく、読者目線を意識して読んでいくとより効果的です。ときには、「このライティングは最後まで読む気がしない」「どうしてだろう」「自分ならばこのような書き方にする」と批判的な目で見ていくのもいいかもしれません。

多くの言葉に触れることで、語彙力が高まり表現の幅が広がります。印象的な表現や上質な文章、わかりやすい構成などに触れると、自分の表現力が磨かれていくでしょう。自分自身が惹きつけられる表現に多く出会い、刺激を受けることが大切なのです。

媒体によって効果的な書き方を意識する

 紙媒体とスマホやPCとでは、読者の目の動きや読み方が違うことも意識してください。些細なことと思われがちですが、紙の書籍ならば手元にその書籍や雑誌しかありませんので、理解できないと何度もページをめくって前後させたりします。

Web媒体では、まず画面に映る第一印象で惹きつけられなければ、読者はすぐに別のサイトに移ってしまいます。したがって、最初に目に入る画面が非常に重要になります。さらに、1行の文字数も意識的に少な目にして、必要な情報、伝えたいことがすぐ目に入るようにしましょう。

キャッチ―な単語や言い回しを効果的に盛り込むことも大切。1パラグラフの行数も少な目にするほうが印象に残りやすいでしょう。視覚的にわかりやすい記事は、読者の心をつかむのです。

動画の文字おこしをやってみる

 時間があれば、ブランディング動画の文字おこしをやってみるのもいいでしょう。ブランディング動画とは、企業が商品やサービスなどの認知度向上を目指して作成する映像のことです。企業が消費者に対してメッセージを伝えることを目的としており、音声や映像などライティングでは決して補うことができない演出が施されていますが、そこを取り除いても学ぶところは多いです。

ライティングと共通しているのは、限られた中に伝えたい情報が効果的に盛り込まれているということです。人を惹きつけるキャッチコピー、共感や感動を得やすい言葉、リズム感のある文章など、さまざまな表現が用いられていますので、文字おこしをすることでそれらを学ぶことができます。

まとめ

表現力を磨くための方法として、読者目線で多くの文章を読む、媒体を意識して効果的な書き方を習得する、ブランディング動画の文字おこしをやってみるという3つを紹介しました。

他にもさまざまな方法があると思います。まずは自分なりに情報収集して取り組んでみましょう。手ごたえがないと感じたら別の方法を試す、というトライ&エラーを繰り返していけば、自分にとって一番効果が見込まれる方法が見つかるはずです。

スキルアップのためには、ある程度の時間は必要です。これは将来の自分への投資だと思って、即効性のあるコツは積極的に取り入れながら取り組んでいきましょう。

 

DALI編集部

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。