1. HOME
  2. コラム
  3. 記事作成代行で必要な流れるように読める文章とは?

記事作成代行で必要な流れるように読める文章とは?

取材イメージ

文章を読んでいて、流れるように読める文章だな、と思った経験はありませんか?文章が短いわけでもないのに、内容がスッと頭に入ってくる不思議な感覚。それは書き手が、流れるような文章を書くための極意を心得ているからです。

美しい文章を書くためのスキルは、ライターに求められる能力の中でも重要なものの一つです。そこで今回の記事では、流れるように読める文章を書くためのポイントを解説します。

文章の音楽性

「文章はリズムが大事だ」とよく言われます。たとえば小説家の村上春樹や石田衣良は、文章の音楽性を重視し、優れた作家の文章はその人独特のリズムを持っているとあらゆるメディアで主張しています。

さて、それでは具体的にどうすれば良いのでしょうか?もちろん音楽的な文章を作るにはさまざまな方法があるのですが、ライティング初心者が実践しやすいものとして、句読点を使ってリズム感を出す、短文を挿入して段落を引き締める、という手法があります。

句読点というのは「、」や「。」のことであり、これらを使って文章を区切ることによって、一定のリズムが生まれてきます。たとえば、以下の二つの文章、「美しい文章を書くためのスキルはライターに求められる能力の中でも重要なものの一つです」と「美しい文章を書くためのスキルは、ライターに求められる能力の中でも重要なものの一つです」。後者の方が、読点が挿入されている分、リズム良く読める文章になっています。

音楽

「流れるように読める文章」の功罪

こうした文章を書く上で知っておきたいのが、流れるような文章・美しい文章は必ずしも分かりやすいものではないということです。たとえば以下の文章をご覧ください。

「わたしは床の中でまたも日の光の下によみがえったわが手足を撫でながら、ああまだこのからだは生きているのかと、あたかも自分ではない微生物を指先につまみ上げて見るごとく、いましがた浮き出たばかりの仮睡の世界、夢と現のあわいの帷を愛惜しつつ、数本の煙草を茫漠とくゆらすのであるが……」

これは石川淳の「普賢」という小説からの引用です。流れるような文章による迫力はあるものの、小説を読み慣れていない人にとっては、情景が伝わりづらい文章になっています。このように、流れるような文章を書くことによって、厳密さを捨てなければならない時があるというのは注意しておきましょう。

音読の重要さ

あなたが書いた文章が手元にあれば、まずはそれを音読してみてください。流れるように読める文章であれば、つかえることなくスラスラと音読することができます。逆に、噛んでしまうポイントがいくつかある場合は、流れるように読める文章になっていないということになります。

音読がなぜ重要かというと、まず一つは今のように、自分の書いた文章のリズム感を確認できるという点。そしてもう一つは、音読によって文章のリズム感を体得し、それをライティングに活かすことができるという点です。

文章を書き、その都度音読をして修正することによって、自然に読める記事を作っていくことができます。事あるごとに音読をする癖をつけ、リズム感を身につけていきましょう。

まとめ

ここまで流れるように読める文章について見ていきました。流れるように読める文章は、とにかくリズム感が重要になってきます。効果的な短文を挟んだり、句読点をうまく使ったりして、文章にリズム感を生み出していきましょう。

ただ流れるように読める文章は、文章が長くなりがちなため、厳密性に欠けるというきらいがあります。美しい文章が書きたいという気持ちは分かりますが、なるべく過剰にならないように心がけましょう。

そして流れるように読める文章を書くための一つの方法として、音読がおすすめです。音読をすることによって、自分の書いた文章のリズム感を確認したり、文章にまつわる音楽的なセンスを身につけたりすることができます。

 

DALI編集部

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。