1. HOME
  2. コラム
  3. 記事作成代行で必要な助詞へのこだわり

記事作成代行で必要な助詞へのこだわり

文章を作るとき「が」と「は」のどちらを使ったらいいのか分からなくなったり、「に」と「へ」の違いに悩んだりした経験はありませんか?

文章を構成するとき、前後の単語を補助する「助詞」は大きな役割を持ちます。助詞一つで意味が異なったり相手に与える印象も変わったりするため、助詞を意識して文章を作る必要があるのです。

今回は助詞の重要性や助詞にこだわるポイントについて解説します。

助詞とは

日本語の文法では「名詞」「動詞」「形容詞」などの複数の単語が組み合わさって文章になります。しかし名詞と動詞だけでは適切な文章になりません。

名詞のあとに「は」「が」「に」「を」「の」などの「助詞」と言われる付属語がつくことで、意味の通る文章になるのです。これらの文字に由来し、助詞を「てにをは」と呼ぶこともあります。

さらに助詞にもさまざまな種類があり、「格助詞」や「接続助詞」などの多様な助詞が文章を構成する役割を担っています。私たちは知らず知らずのうちに助詞を使っていますが、実は助詞がなければ文章が成立しません。

まさに助詞は文字通り、名詞や動詞に付属して文章として成り立たせることをサポートする要素と言える言葉です。

助詞の重要性

文章は、助詞が欠けていても間違っていても意味が成り立たなくなってしまうため、助詞は文章構成で非常に大きな役割を果たしています。

たとえば「私、コーヒー好き」という文章は、話し言葉では意味が通じるかもしれませんが書き言葉としては適切ではありません。助詞を配置して「私はコーヒーが好き」と表記することで、初めて文章として成立します。また「私がコーヒーを好き」という文章では、なんとなく意味が伝わっても文章として不自然だと感じますよね。

別の例で言うと「私はコーヒーがいい」と「私はコーヒーでいい」では「が」と「で」の違いだけでも、相手に与える印象は大きく異なります。

このように助詞は文章を構成するだけでなく、伝えたい内容やニュアンスにも影響を及ぼすのです。

助詞にこだわった文章を作るポイント

助詞一つで意味やニュアンスが変わってしまうため、文章を作るときには助詞の使い分けを意識してみましょう。先述のような「は」「が」や「が」「で」以外にも、使い分けにこだわれる助詞があります。

たとえば、移動する文章を作るときによく使われる「に」「へ」「まで」の3つの助詞。「家から駅に行く」は目的地点の駅に到着することに重きを置いていますが、「家から駅へ行く」ではこれから駅の方向に向かって進んでいくイメージになります。さらに「家から駅まで行く」では移動の範囲を限定して表現されており、移動の過程がイメージされるでしょう。

また、助詞の多用も避けましょう。「が」や「の」は一文のなかに多用されやすい助詞ですが、連続して使うと文章のリズムが悪くなります。たとえば「私の家の犬の体重は5キロだ」はくどい文章になっているので「私の家で飼っている犬は5キロだ」と修正するとスマートになります。

まとめ

普段は何気なく使っている助詞ですが、助詞一つで意味やニュアンスが大きく変わることもあり、文章を構成する際には助詞へのこだわりがポイントになります。助詞にこだわることで文章がスマートになったり相手の理解を深めたりする効果もあるので、これからは助詞を意識して文章を書いてみましょう。

助詞一つひとつにこだわった文章で読み手の理解を深め、最終的には読み手のコンバージョンにつなげるよう記事を設計することが重要なのです。

DALI編集部

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。