1. HOME
  2. コラム
  3. 記事作成代行で必要な力・・雑誌でライティング力を磨く

記事作成代行で必要な力・・雑誌でライティング力を磨く

ライターや編集者、オウンドメディア運営者などライティングに関わる仕事をしている人にとって、質の高い記事執筆をするためにはライティング力のスキルアップは欠かせないもの。

ライティング力の磨き方は、セミナーやライティング講座を受講したりライティングに関する本を読んだりするだけでなく、雑誌を読むことでもライティング力を磨くことができるのです。

今回は、雑誌を読んでライティング力をスキルアップする方法やメリットについて解説します。

雑誌でライティング力を磨くメリット

「雑誌を読むだけでライティング力を磨けるの?」と思う人もいるかもしれませんが、雑誌は書籍のプロたちがライティングや編集に携わっているため、高いレベルのライティングテクニックが盛り込まれています。誰が読んでも理解しやすい文章で書かれ、目を引くキャッチーなコピーが多用されており、ライティングテクニックを学ぶには最適のツール。

好きなジャンルの雑誌であれば、雑誌の内容を楽しみながらライティング力を学ぶことができ、モチベーションを保つ効果もあります。

さらに最近では電子書籍で配信されている雑誌も多いので、移動中や外出中でも気軽に読むことができ、自分のライフスタイルに合わせて学びの時間を確保できる点もメリットです。

本

 

雑誌ではどんなライティング力を学べるの?

雑誌では、どのようなライティングスキルを磨くことができるのでしょうか。

読みやすい文章

雑誌の特徴のひとつとして、読みやすく分かりやすい文章が挙げられます。ライティング力の土台ともなるポイントなので、言い回しや表現方法などが参考になるでしょう。

キャッチーなフレーズ

雑誌には目を引くキャッチーなコピーが多用されており、読み手の興味をそそる工夫が盛り込まれています。コピーライティングやセールスライティングなどの参考になるキャッチーな表現は、雑誌で学びましょう。

タイトルや見出し作り

雑誌は、読み手の心に響くような効果的なタイトルや見出しを使っています。一目でどんなことが書かれているのかが分かるようなタイトルや見出しは、WEBライティングでも活用できるテクニックです。

雑誌にはライティング力以外にも学びの要素がたくさん!

雑誌ではライティングスキル以外にも、コンテンツマーケティングやWEBライティングに活用できる技術が盛り込まれています。

取材力

雑誌のインタビュー記事では取材力を学ぶことができます。雑誌のインタビュー記事で質問の流れや会話の引き出し方を学び、取材の現場で役立てましょう。

映える写真の撮り方

自社商材やオウンドメディアのテーマによっては、社内で撮影した写真を使う機会も多くなります。雑誌ではプロのカメラマンが撮影を担当しており、被写体が映えるテクニックで撮影されています。写真撮影について経験が浅くても、雑誌の写真を参考にして撮影してみましょう。

デザイン力

WEBコンテンツでは見出しや写真を適切に使用して、読みやすい記事を構成するスキルが求められます。雑誌はデザイン的にも優れており、読みやすい構図で設計されています。記事の構成やデザインを学びたい場合は、雑誌を読みましょう。

まとめ

雑誌は、ライター・編集者・カメラマン・デザイナーなど複数のプロが携わって作られています。そのためコンテンツマーケティングやWEBライティングにも関連するさまざまなスキルを学べて、感覚を磨くことができるのです。

雑誌でライティング力を磨く際には、好きなジャンルの雑誌から始めて徐々にジャンルの幅を広げていきましょう。自分の専門分野と親和性の高い専門誌では、ライティング力だけでなく業界の知識も学ぶことができるのでおすすめです。

忙しくてなかなかセミナーやレッスンを受講する時間がない人でも、雑誌であればスキマ時間に読むことができますし、電子書籍にすれば移動時間も有効活用できます。

DALI編集部

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。