1. HOME
  2. コラム
  3. 記事作成代行で専門性を磨くために必要な習慣とは?

記事作成代行で専門性を磨くために必要な習慣とは?

記事作成代行では、専門性があることは大きな武器となります。専門的な記事は執筆できる人が限られるため、それだけ希少価値が高まるからです。

しかし、その道の専門家や有資格者であれば別ですが、ごく一般的な知識しか持ち合わせていないライターの場合、どうやって専門性を磨いていけばいいのでしょうか。

ここでは、ライターとしての専門性を磨くために日頃から心がけておきたいことをご紹介します。

自分の得意分野を見極めることから始めよう

専門性を磨くためには、まず自分の専門分野、得意とするジャンルを見極めることが大切です。これまで培ってきた経験やスキルを整理して、自分の強みを把握しましょう。キャリアの棚卸しをすることで、どのジャンルの専門性を高めるべきか、おのずと見えてきます。

これからライターとして活躍したい人や、まだライターになって経験が浅い人でも、好きなこと、趣味、関心のあることはあるはずです。その中に得意分野を見つけるためのヒントが隠れています。他業種で働いた経験をライティングに活かすのもいいでしょう。

「好きこそものの上手なれ」ということわざがありますが、苦手なジャンルを掘り下げて追求するのは苦痛なものです。少しでも興味が持てる分野を伸ばしていきましょう。

情報を積極的に取り入れる

専門記事を執筆するためには、情報収集が欠かせません。特定のジャンルに強くなる手っ取り早い方法は、ずばり本を読むことです。その分野に関する書籍を最低でも5〜10冊は読みましょう。たくさん読むことで偏りなく知識をインプットできます。

また、普段からアンテナを張って、情報をアップデートすることも大事です。雑誌や新聞、専門家のブログやSNSなどをチェックして、知見を広めましょう。ただし、インターネットの情報はその正確性や信憑性が玉石混交なので、常に「本当にそうなのか」と疑いの視点を持つことを忘れないでください。

その道のプロに実際に会って話を聞くこともおすすめです。現場の様子や空気感をより深く理解できるようになり、文章にも厚みが出てくるでしょう。可能であれば、その業界でアルバイトなどをしてみるのも一つの手です。

とりあえず書いてみる

インプットした知識を自分のものにするためには、アウトプットが重要です。未経験のジャンルで自信がなくても、とにかく記事を書いてみましょう。「わかったつもり」になっていたことも、実際に言葉にしようとすると、意外と理解していないことに気づくはずです。

仕事として引き受ければ、いやが応でも勉強せざるを得ません。だからこそ、そこに専門性を高めるチャンスがあるのです。最初は大変かもしれませんが、記事を書いていくうちに、知識の幅がどんどん広がります。

今はまだよく知らないことでも興味があるジャンルであれば、依頼が来たらぜひ挑戦してみてください。

まとめ

ライターとしてより活躍の場を広げたいと考えているのなら、専門性を磨いていく努力が必要でしょう。

特に、医療や金融、経済など、間違った情報を与えると読者に大きなダメージを与えかねない領域については、高い専門性や信頼性が求められます。

専門性を磨く方法としては、書籍などでインプットする、実際に記事を執筆することでアウトプットする。これを繰り返すことに尽きます。

知識や経験がないジャンルの仕事でも、とりあえず「できます」と公言して自分を追い込む状況にすることも時には必要です。アウトプットを前提としてインプットすれば、確実に知識を吸収できるでしょう。

専門性を磨くために何よりも大切なのは、さまざまなことに興味を持つ好奇心です。最初から「自分の専門性はこれで、それ以外のジャンルはやらない」と決めつけてしまうと、知識や情報が限定的なものになり、仕事の幅が狭まってしまいます。

好奇心の翼を広げて、楽しみながら専門性を磨き、自らの可能性を追求していきましょう。

DALI編集部

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。