1. HOME
  2. コラム
  3. 記事作成代行では、読み手を意識して文章を書く

記事作成代行では、読み手を意識して文章を書く

女性

今まで対面でビジネスをしていた人が初めてライティングという仕事に携わると、読者の顔が見えないことに戸惑うかもしれません。相手の反応がわからず、伝わる文章を書くことに難しさを感じる人もいるのではないでしょうか。

原稿の向こう側にいる読者に語り掛け、納得して読み進めてもらえるように意識して書くことは、出来上がった記事の読みやすさ、伝わりやすさに大きくかかわります。

今回は、読み手を意識して文章を書くことの意義と方法について解説していきます。

テーマに応じた読者のプロフィールを想定

不特定多数の人に向けたライティングは、読者の心に響く文章には仕上がりません。そういうと、決まって「そもそも読み手のイメージがわかない」「対象を絞り込みすぎるのはいかがなものか」といった反論の声が聞かれます。しかし、ライティングにおいて対象(ターゲット)を設定することは欠かせません。相手が見えないからといってこのプロセスを省くと、独りよがりなお仕着せのライティングに仕上がってしまい、読者の心をつかむのが難しくなるのです。

例えば健康に関する記事の場合、身近でダイエットがうまくいかずに困っている人を想定してみるのもいいでしょう。具体的なターゲットを設定すると、その人に合った言葉や表現で書くことができ、説得力のある文章になります。反対に、ターゲットを設定せず漠然と書き進めると、抽象的な文章や一般論に終始してしまい、読者の心には届きません。

ターゲットを明確に設定すると読者の目線で考えることができ、求めていることがわかるようになります。また、わかりやすい言葉選びや表現方法ができるようにもなるでしょう。それが記事を読んだ後の共感や問題解決につながり、読者の心を動かすのです。

ターゲットと議論するように書き進める

 自分が主張したいことを効果的に読者の心に印象付けるには、ターゲットと議論するような展開で進めると書きやすいです。具体的には、悩みや主張、受け入れ、伝えたい主張を書いていきます。

先ほどの健康に関する記事の場合であれば、下記のようになります。

・ターゲットの悩みや主張

健康でありたいという気持ちは強いけれど、誘惑に負けて糖や油の多い食生活に偏ってしまう。運動をすることがいいことだとわかっているけれど、仕事に忙殺されてTVやネット漬けになってしまう。

・主張の受け入れ

誰でもおいしいものや楽なことをしてリラックスしたい、というターゲットの気持ちについて寄り添う。

・記事で伝えたい主張

目先の甘い誘惑に流されてしまう前に数年後の自分を想像しよう。

という感じで常に、ライティングの向こう側に読者がいるように書いていくことが大切です。

作業イメージ

イメージしやすい具体的なエピソードを交える

 もう一つ重要なこととしては、できるだけ読者がイメージしやすい、共感を呼びそうな具体的エピソードを交えることです。日常の会話の場でも、身に覚えのあるような失敗談を披露されると、初対面の人とも一気に距離が縮まったという経験があると思います。これは自分の体験や思い出と重なり親近感を覚えるためです。ライティングでも同じことで、「そういわれればそうだ」と共感を覚えてもらうようなこと、イメージできるような具体例を盛り込むと効果的です。

先ほどの健康に関する記事の例でいえば、「取引先からダメ出しをされて、ついついビールと唐揚げで1人うっぷんをはらした。テレビを見ながらだったのでどれだけの量を飲み食いしたかわからず、医者にきつく注意された。」といったエピソードを交えると、大いに読者の共感を呼んで、その後の話も読んでもらいやすくなります。

まとめ

人は何かを発信する際に、無意識のうちに相手を想定しているものです。ライティングは対面のプレゼンテーションと違って相手が目に見えないだけに、最初はやり辛さを感じるかもしれません。しかし「架空だけれど自分がイメージできる読者」を想定するというプロセスを入れるだけで、具体性のある記事が書けるようになります。読者の心を惹きつける文章を書くためには、そうしたプロセスが重要なのです。

最近のインフルエンサーと呼ばれる人達は、「見てくれる人がどういうものを欲しているか、どうすれば振り向いてくれるか?」を意識しています。ライティングにおいても、意図するところは同じです。読んでもらえる記事を書くためには、読者を意識することからはじめてみましょう。

DALI編集部

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。