1. HOME
  2. コラム
  3. 記事作成代行で、読者が思わず読みたくなるリード文の作り方

記事作成代行で、読者が思わず読みたくなるリード文の作り方

いつも最初のリード文でつまずいてしまう、リード文で何を書いていいかわからない……こんなお悩みありませんか?何事も初めが肝心。リード文の良しあしで読者が記事を読みたいか、読みたくないかが左右されます。記事に反響がない、サイトの離脱率が高いのは、リード文に問題があるのかもしれません。

今回は良いリード文の作り方や意識したいポイントについてご紹介します。以下のことを意識すれば、より魅力的なリード文が作れるようになりますので、ぜひ参考にしてください。

そもそもリード文って何?

リード文とは記事の一番初めの、導入部分の文章のことです。本文にはどんなことが書かれているのか、どのような情報を得られるのか、といったことが簡潔に言い表されています。書籍の「まえがき」のようなものだとイメージするとわかりやすいです。この記事にも冒頭にリード文があります。

読者はリード文を見て、記事中に自分が必要としている情報が盛り込まれているか、自分の悩みが解決できるか、読んで面白いか、を判断します。リード文の内容が貧弱だと、いくら本文の内容が良いものであったとしても、読者はこの記事は役に立たない、つまらないと判断して離れていってしまいます。

リード文は記事の顔であり、読者を本文に誘導する重要な役割を果たしているのです。

リード文を作るポイント

リード文を作成する際には「共感」「問題提起」「記事の説明」の3つの要素を盛り込みましょう。この記事のリード文にもこれらが含まれていますので、一つずつ例にとって見ていきます。

共感

まずは読者が「あるある」と共感できる要素を盛り込みます。この記事のリード文では“いつも最初のリード文でつまずいてしまう、リード文で何を書いていいかわからない……こんなお悩みありませんか?”という部分がこれにあたります。初めに「リード文がうまく書けない」という悩みに寄り添い、読者の共感を集めるのです。

そして、この記事の読者層は「リード文の作成に苦手意識があるライター初心者」です。こうした人たちが抱くことが多い悩みを具体化して冒頭に配置することで、共感を得られるようにしました。

問題提起

次に問題提起をします。悩みをそのままにしておくとどのようなことが起こるのか、悩みを解決することで読者にとってどんなデメリットがあるのかを提示することで、読者が抱えている悩みから問題を顕在化させます。“リード文の良しあしで~”の部分がこれにあたります。今回はリード文がうまく書けないことで、読者が離脱するという問題が起こり得ることを提示しました。“リード文に問題があるのかもしれません”というように、少し危機感をあおるような表現も採用して興味を惹きつけています。

記事の説明

最後に記事に書かれている内容を説明します。本文まで読み進めてもらうためには、読者が納得し、読みたいという期待感を持ってもらうことが大切です。記事の内容を簡潔に述べて、読者が抱えている悩みが解決できることを示唆し本文に誘導するのです。“今回は良いリード文の作り方や~”の部分が該当します。

まとめ

慣れていないとリード文を作るのも難しいと感じられます。しかし、「共感」「問題提起」「記事の説明」という3つの要素が明確になっていれば、あとはパターンに当てはめるだけ。自ずとリード文はできあがりますので、まずは3つの要素を意識してみてください。

そのためには今一度記事の内容や目的を踏まえ、「何が言いたいのか?」「どんな読者に読んでほしいか?」「読者にどうなってほしいのか?」を考えてみましょう。これができるようになれば、より多くの読者を惹きつけられるリード文をスムーズに書けるようになるでしょう。

DALI編集部

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。