1. HOME
  2. コラム
  3. 記事作成代行で、蛇足を削り文章をすっきりとまとめるには?

記事作成代行で、蛇足を削り文章をすっきりとまとめるには?

Webライティングをする場合、主旨に合わない不必要な内容、あるいは文を無駄に長くする冗長表現などを盛り込みがちです。こうした蛇足ともいえる部分が多いと文章のまとまりがなくなり、読者も途中で読むのをやめてしまいます。

そこで今回は、記事の文章における蛇足を削り、すっきりとまとめる方法について解説しましょう。

蛇足が多い記事の問題点

記事作成代行では、「余談ではありますが」など、本来の主旨とは関係の薄い情報を文章に盛り込むことは、普段の会話や私的な手紙を書く場合にはまったく問題ないでしょう。しかし、Webサイトに掲載する記事には、サイト運営の目的に直結する内容であることが求められます。

例えば、高齢者介護に関わる商品を扱うサイトで、まったく関係のない幼児教育や子育ての秘訣などの情報を記事に盛り込んでも、サイトの目的達成には貢献しないでしょう。

高齢者介護と幼児教育・子育てには、家にいる主婦や主夫が直面しやすいという点で緩やかな共通点があります。しかし、そのサイトを訪れる人は高齢者介護に関心を持っているのであり、検索サイトでも幼児教育や子育てに関わるキーワードは打ち込みません。そのため、運営サイトがターゲット層と定めている在宅介護をしている人・受けている人などをサイトに引き込むことは難しいでしょう。

また、サイトの目的達成につながるテーマで記事を書いても、冗長表現が多い文だと読者は読むのに疲れてしまいます。余計な表現や回りくどい言い方が多用されている文章は、誰しも最後まで読みたいとは思わないでしょう。見てほしい内容・伝えたい情報にたどり着く前に、サイト訪問者の離脱を招いてしまいます。

構成案に沿って主旨に合った内容に

 記事内容の無駄な部分を減らすには、構成案の内容にしっかりと従うことが大切です。構成案は大見出し、中見出し、小見出しに分けられ、文章の内容は見出しのテーマから外れないように書きましょう。見出しに沿った文章を書くことで、同じ内容を繰り返す、無駄話を盛り込むといったことを防げます。

もちろん、構成案を作る段階で、サイトの目的・主旨に合わない見出しを盛り込まないようにすることも大事です。文章の執筆に入る前に、タイトルの内容と関連性の高い見出しになっているかどうかを確認しましょう。

文章中の冗長表現を無くす

冗長表現とは不必要に文が長くなっている文のことです。例えば、「出ないわけではありません」「速くないこともありません」といった二重否定の文は読みづらく、手っ取り早く情報を得たいWeb記事では冗長表現とされます。この場合、「出るかもしれません」や「速めです」など短くはっきりとした言い回しにすると読みやすいです。

また、「走ることができるだろう」「確実にあるものである」「学ぶことができます」といった言い回しも、文末表現が回りくどく感じます。「走れるだろう」「確実にある」「学べます」と端的に書くのが望ましいでしょう。

さらに意外と気づきにくいのが、同じ意味を持つ言葉の重複です。「まず最初に」や「その姿勢を一貫して貫いた」などがその代表例で、同義語・類義語が繰り返されていて冗長表現となっています。この場合は、「まず」か「最初に」のどちらかを使う、「その姿勢を貫いた」「その姿勢を一貫して保った」と書くと読みやすいでしょう。

まとめ

記事作成代行では、記事中の蛇足はサイトの目的達成に貢献しない、読者を疲れさせて離脱させるなどのデメリットがあるので、極力減らす必要があります。構成案に沿った執筆を心がけること、冗長表現を無くすことが、蛇足のない記事作成を目指す上で大切です。

Web上の記事を見る読者は、少しでも早く自分が望む情報を得たいと考えています。情報を素早く得られる記事を多く掲載しているサイトは、自然とアクセス数が伸び、サイト運営の目的も達成しやすいでしょう。

DALI編集部

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。