1. HOME
  2. コラム
  3. 記事作成代行で、知識があるから記事を書くという誤解

記事作成代行で、知識があるから記事を書くという誤解

現在のビジネス界では、1つの企業内でも多種多様な業務が存在します。さらに、仕事の内容が高度に専門化すると、自分の専門分野以外はまったく手が出せないという場合もあるでしょう。

しかし記事を書く仕事をしていると、これまでに経験もなく知識も乏しい分野について、依頼主に代わり文章として仕上げなければなりません。では知識のないことを記事にする時、ライターはどうすればよいのか、そのノウハウの一部をここで紹介しましょう。

まずは検索&リサーチ

 自分が知らないことは、学校の勉強と同じく学習しなければなりません。現代はインターネットという便利な道具があるので、最初は検索することから始めるのが一般的でしょう。

記事を作成する場合、通常は決められた構成に従ってライティングを行います。この時にはメインキーワードやサブキーワードなどが指定されるので、それらをもとに検索して情報を集めます。

例えば一般にはなじみの薄い精密機器について、その概要を紹介する記事を書くとしましょう。まずは、その製品に関する情報を集めることから始めますが、専門的な内容が多すぎて理解できないことが考えられます。そこで次のステップに進みます。

情報を消化~吸収~再構築

専門的な精密機器のように、ライターが知識のないことを記事にする場合、キーワードで検索する以外にも、その製品の概要を学ぶ必要があります。製品のホームページから得た情報を、そのまま理解もせずに書くことは、ライティングではなく単なるリライトです。

具体的にはその製品の仕組みや原理、特徴などをリサーチしてから、今度は情報を整理した上で消化~吸収を行います。つまり専門的な知識の概略をつかみ、それを一般的なレベルの言葉で説明できるように練り直すわけです。

この時に重要なポイントが、読者のターゲット層をどこに設定するかであり、そのターゲットの立場で考えることにより、記事の読者を増やせる可能性が出てきます。このようにライターに求められるのは、知識のない情報について詳細まで理解することではなく、その情報を読者が理解できる言葉で再構築してから表現することなのです。

専門家による解説とは別なアプローチ

 専門的な知識を要する表現を、一般読者にも伝わるレベルで解説するためには、知識のない立場でその製品について調べた時に、どこが分からなかったのかをチェックして、それをライター自身の言葉でまとめ直すというステップを踏みます。

この時に理解した知識を使って、専門家と同じ視点で解説してしまうと、読者は自分が知りたいことを手に入れることができません。ライターとしてするべきことは、読者の視点から記事を作成して、読者をサポートすることだと言えるでしょう。

まとめ

ここまでで見てきたように、ライティングに求められることは、知識があることを記事にするだけではありません。幅広い分野の記事作成を手がける上で、ライターは専門外のことでも記事にして仕上げなければなりません。

もちろん普段からさまざまな時事や話題に興味を持ち、常に情報を仕入れることも大切です。しかし、それでも対応が難しいテーマについては、多くの情報の中から必要な知識を見つけ出し、理解してから自分の言葉で表現する必要があります。

この時、事前に知識を持っているかどうかは、それほど重要な要素ではありません。それよりも読者に理解できる表現で、正確な情報を分かりやすく伝えることのほうがはるかに重要です。知らないことについては書けない、というのはプロの仕事ではありません。自分の専門外の記事こそ、ライターの腕の見せ所と言えるかもしれません。

 

DALI編集部

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。