1. HOME
  2. コラム
  3. 記事作成代行で、クライアントから記事修正を依頼されたときの心構え

記事作成代行で、クライアントから記事修正を依頼されたときの心構え

カフェイメージ

ライターとして記事を作成していると、クライアントから修正を依頼されることがあります。「自分の記事にダメ出しをされた」そう思ってしまう人もいるかもしれません。しかし、必ずしも自分の記事の質が悪いというわけではないのです。ショックを受けずに、泰然自若とした態度で、柔軟に修正に応じる姿勢が大切になります。

今回はクライアントから記事の修正依頼を受けたときの心構えについて解説します。

 記事の内容以外の部分で修正依頼を受けることも

ライターがクライアントから修正依頼を受けるのは、記事の内容に問題がある場合だけではありません。以下のようなケースもあります。

クライアント運営メディアのレギュレーションに合わない

同じテーマで同じ文章を書いても、クライアントのレギュレーションやポリシーに合わないと修正依頼が来ることがあります。

たとえば、最初に結論を箇条書きにしてくださいというレギュレーションもあれば、最後にまとめとして文章で要約してくださいというクライアントもあるはずです。ライターとしては、そのルールに従うしかありません。

画像の未添付、サイズ間違いなど技術的な問題

フリー素材の画像をワードプレスに貼り付けてください、画像ファイルはjpgにしてくださいなど、技術的な問題がある場合に修正依頼がくることがあります。クライアントによっては、画像のサイズについて要望を出すところもあります。

技術的な瑕疵であり、そこは大きな減点にはならないことが多いです。

必ずしも修正依頼はマイナスではない

 修正の依頼を受けると「自分のライティングスキルが低い」と精神的ダメージを受けてしまうことがあるかもしれません。しかし、自分の足りない部分や欠点を見つけることができるいい機会です。そして、指示内容によってクライアントが何を求めているのかを知ることができ、次回に対策を立てやすくなります。これをチャンスと捉えると、ライターとしてより成長できるでしょう。

また、クライアントが希望するもの以上に仕上げれば、むしろ加点評価になります。本当に箸にも棒にもかからないライティングをした場合、フィードバックもなくクライアントの方で勝手に修正して案件終了ということも多いのです。修正依頼は期待の裏返しでもあります。

修正依頼を受けたときの望ましい対応

修正依頼をクライアントから受けた場合、どのような対応をすればよいのでしょうか?

よほど自信がある場合以外は指示に従う

内容についての修正で、自分の方がその内容に詳しく明らかに修正指示の方が間違っている場合以外は、基本的に修正依頼に従ってください。特に、署名ライティングではない記事作成の場合、「下請け」であることは否定できません。

自分のライティングにこだわりたい気持ちもあるでしょうが、信頼されるくらい付き合いが続けばこの立場は逆転します。

修正納品は他の依頼よりも優先

修正依頼に対しては迅速に対応し、出来る限り早めの納品ができるようにしましょう。他の案件との兼ね合いもありますが、優先度を上げて取り組むとクライアントからの印象が良くなります。

修正が不十分だった場合は、クライアントの心証が悪くなりますので十分注意が必要です。指示に沿った修正になっているかをしっかりと確認してから納品しましょう。

まとめ

クライアントからの修正依頼が来るというのは、ある意味ライターへ期待していることの表れでもあります。また、修正依頼への対応はクライアントとコミュニケーションをとるチャンスでもあります。自分の記事が評価されないとネガティブに考えがちですが、大きなショックを受ける必要はなく、むしろクライアントから評価される好機だとポジティブに考えてください。ただし、修正依頼にいい加減な対応をしてしまうと評価を大きく落としてしまいます。同じミスを繰り返さないよう、迅速かつ丁寧、誠実な対応がクライアントの評価を高めることにつながります。

何事も悲観的に考えず、ご自身のスキルや対応を見直す契機にしてください。

 

DALI編集部

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。